×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DDMM.

Top!

Message for Eri's 20th birthday.

 2008年12月23日亀井絵里20歳のお誕生日を祝うメッセージ。

 亀井絵里ちゃん誕生日企画様に言づけたメッセージです。

Message for Eririn's 20th birthday. 2008.12.23



 かめちゃん、20歳のお誕生日おめでとうございます。
 そして、新写真集『20』の発売おめでとうございます。
 1月には、DVDの発売も控えていますし、絵里ちゃんの今を記録した作品に出会えるのが、とても待ち遠しいです。
 2008年は、ガキさんとのレギュラーラジオ番組も終わり、『ハロモニ@』も終わり、ライブなどのステージでの活躍が中心となった年だったので、北海道在住のファンとしては、ちょっと淋しい年でした。
 それでも、ゲスト出演したラジオでのトークや、『よろセン!』の亀井絵里先生役では、かめちゃんが、独自のぽけぽけぷぅキャラをさらに進化させている様子が伺えて、とても心強く、嬉しく思いました。
 『亀井絵里写真集全集 ERI』では、若々しさの中に、ちょっと大人びた落ち着きを感じさせる、一皮むけた絵里ちゃんの勇姿を見せてもらいました。
 特に、箱根で撮影した写真では、ふだん本を読まないという絵里ちゃんが文庫本を小道具に使い、知的な美少女を見事に表現していて、その写真が特に気に入っています。やわらかな空気感と、爽やかなセクシーさが同居していて、世界中で亀井絵里にしか表現できない可愛らしさと美しさがあって、その魅力に打ちのめされました。そして、絵里ちゃんのファンでいられることの幸福をしみじみ感じました。
 新しい写真集では、こんどはどんな新しい魅力を表現してくれるのか、今からワクワクしています。

 十代を卒業した絵里ちゃん。今まで以上に、大人になる、ということを意識することが多いでしょう。
 モーニング娘。でも、ますます責任のあるポジションに立つことになります。しかも、モーニング娘。の状況も、ハロプロの状況も、大きく変化していく激動の時期に。それはとても大変なことなんだと思います。
 今まで以上に、歌やダンスなど、ステージパフォーマーとしての力や魅力を高めていくことも求められるでしょう。しかし、それにも増して、かめちゃんを筆頭に6期のメンバーが中心となって、自分たちの個性、他の誰にも真似の出来ない人間としての魅力を、自信を持って表現していくことが、結局はモーニング娘。の明るい未来を切り拓いていく一番の原動力になると、僕は信じています。
 だからこそ、責任感をもって、まじめに頑張りながらも、テキトーでポケポケなキャラクターもますます磨いていって、常識はずれな魅力を発揮し続けてほしい、今まで以上に積極的に表現してほしい、と思います。
 どうか、亀井絵里の「ぽけぽけぷぅ魂」を、いつまでも持ち続けてください。
 実はこれは、そんな自由なかめちゃんをいつまでも見ていたいという、ファンとしてのわがままです(笑)
 でも、そういう利己的な動機ばかりではないんです。
 そういう独自の魅力を伸ばしていくことが、モーニング娘。としての亀井絵里だけではなく、モーニング娘。以後の亀井絵里の活躍にも繋がっていくと思うんです。
 かめちゃんは、いずれはソロで芸能人として活躍していくことになると思います。
 そのときのためにも、自分の魅力を、自力でアピールできる力を今から蓄えていってほしいと思うのです。
 ずいぶん、先のことを書いてしまいました(笑)
 ともあれ、2009年の、20歳を迎えた絵里ちゃんが、アーティストとしても、ひとりの大人の女性としても、充実した体験をして、幸せいっぱいで、明るく楽しく、元気に過ごせますように。
 北海道から応援し続けています。
 これからも、かめちゃんらしく、しなやかに頑張ってください。

 絵里ちゃん、お誕生日、ほんとうにおめでとう!
 20歳の亀井絵里も、もちろん、がぜん強めで行きましょう!


 p.s.
 絵里ちゃん主演の恋愛小説を、10月に書き上げて、サイトで公開しました。
 「恋ING」 恋愛小説
 http://kameieri.koiwazurai.com/novel/koiING.html
 この小説には、僕の、かめちゃんへの愛情を、とことん注ぎ込みました。
 そして、嬉しいことに、たくさんの亀井絵里ファンの方々に、読んでもらうことが出来ました。
 ありがたいことに、みなさん楽しんでくれたようです。
 この小説は本当に長い時間を掛けて、懸命に、全力で頑張って書きました。
 かめちゃんの魅力のほんの一部でも、小説として表現出来ていたら、そう心から願っています。
 絵里ちゃん、毎日とても忙しいとは思いますが、もし機会がありましたら、読んでみてもらえると、ファンとてとても嬉しいです。

 website『DIALEKTIK DER MORNING MUSUME.』
 http://kameieri.koiwazurai.com/
 管理人:痛井ッ亭。






Top!