×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

La deconstruction des idoles ──アイドルの脱紺築 chapitre deux

Top!






亀井絵里 on RADIO!

 ラジオ番組での、えりりんの可愛らしさ、おとぼけぶりに萌えちゃおう、という文章です。
 えりりんの個性が出た発言をなるべく書き起こします。
 えりりんとラジオはほんと相性がいい。ぜひ、亀井絵里のANNSを実現してほしいです。
 随時更新中です。
 こんな番組があったよ、という情報をお寄せください。

 (07.04.03追記)えりりんのラジオに密かに注目していたら…実現してしまいました!
 FM-FUJIでのレギュラー番組。Hello! Project Night 【GAKI・KAME】です! 最高に相性のいいガキさんと二人でラジオです!
 Hello! Project Night 【GAKI・KAME】についてはこちら

目次−出演ラジオ番組list(仮)

 (注:とりあえず音源のあるもののリスト。重要度、萌え度を★の数で表現(笑)。他の番組をご存じの方は御一報を)


20080415 今夜も☆うさちゃんピース(道重・亀井・光井)
20080408 今夜も☆うさちゃんピース(道重・亀井・光井)
20071027 ヤングタウン土曜日(道重・亀井・田中)
20071024 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071023 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071022 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071019 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071018 GROOVE FROM K・WEST (亀井絵里・田中れいな)
20071018 TOKYO UPSIDE STATION (新垣・亀井・ジュンジュン)
20071018 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071017 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071016 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)
20071015 TBC FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ(村田亀井光井)

20070802 東貴博のヤンピース(新垣・亀井)★★★亀井イリュージョンとは何か?
20070801 レコメン!(高橋・亀井)
20070514 ドキ☆みきNight★美貴様が、亀井絵里のお尻を触るワケ
20070426 東貴博のヤンピース(吉澤・新垣・亀井)いじられ役に徹するえりりん
20070425 吉田尚記 ミュ〜コミ(新垣・亀井)
20070423 ドキ☆みきNight★美貴様は、亀井絵里の不可解な行動が理解できない
20070420 ハロプロやねん!(吉澤・田中・光井)★出演してないけど話題の中心。一緒に住みたくない人No.1。
20070418 ワカサギ(道重・亀井・光井)★★ライブでカチューシャを飛ばす絵里。衣装を脱ぎ忘れる絵里
20070414 FMA SaturdaySP(亀井・道重・光井)
20070329 今夜も☆うさちゃんピース公録SP (ゲスト亀井・光井)★★さゆみんが、絵里の楽屋ネタを大暴露。さゆ→絵里の第一印象
20070321 FM AICHI「パワー・ミックス」(亀井 道重 光井)☆特技は「物をなくすこと」、さゆの鋭いツッコミ
20070213 ON8 吉澤・亀井・道重・メッセージ中澤★さゆえりは癒し系、穴空きジャージ、バレンタイン告白大作戦
20070212 ON8 亀井(一言のみ)
20070208 Choppaya! 高橋・亀井
20061217 朝までハロプロやねん!4 新垣・亀井・道重★★★ガキさんとお揃いのネックレス
20061215 ハロプロやねん! 新垣・亀井・道重★★★自分からは謝らないえりりん
20061214 ON8 吉澤・亀井★話を聞いてない人。脅える、びびりん。
20061125 Date fm SHAKE BEATS 高橋・新垣・亀井
20061118 FM岩手「MUSIC PUNCH」 高橋・新垣・亀井
20061109 TOKYO UPSIDE STATION 新垣・亀井
20061108 TBSラジオ「あべこうじのポッドキャスト番長」高橋・新垣・亀井
20061107 レコメン! 新垣・亀井・久住
20061105 Mail-reqbox M-SUN 高橋・亀井
20060710 りりあん萌えっちゃお 吉澤・高橋・小川・亀井
20060703 りりあん萌えっちゃお 吉澤・高橋・小川・亀井
20060628 レコメン! 吉澤・高橋・小川・亀井
20060624 ヤングタウン土曜日 藤本・高橋・亀井
20060621「MAGICAL DASH!」 吉澤・高橋・小川・亀井
20060620 TOKYO UPSIDE STATION 新垣・亀井
20060617 ヤングタウン土曜日 藤本・高橋・亀井
20060614 ON8 吉澤・紺野・小川・亀井
20060611 朝までハロプロやねん!3 吉澤・紺野・亀井・田中
20060609 ハロプロやねん! 吉澤・紺野・亀井・田中
20060326 MBSラジオドラマ 「身代わり家業」 高橋・小川・新垣・亀井
20060310 Paraiso Omelette 吉澤・紺野・亀井
20060309 Paraiso Omelette 吉澤・紺野・亀井
20051218 朝までハロプロやねん!2 高橋・亀井・道重・田中
20051216 ハロプロやねん! 高橋・亀井・道重・田中
20051113 BBL(美勇伝)亀井・道重
20051101 FM-FUJI - J-HITS POWER STATION - 高橋・亀井・道重
20050730 MBSヤングタウン 藤本・高橋・亀井
20050730 COUNTDOWN CONNECTIONS 小川・亀井・道重・久住
20050626 朝までハロプロやねん! 小川・紺野・亀井・田中
20041007 pop up inc. - 矢口・高橋・亀井
20041006 pop up inc. - 矢口・高橋・亀井
20041005 pop up inc. - 矢口・高橋・亀井
20041004 pop up inc. - 矢口・高橋・亀井
20040501 SATURDAY STORM 矢口・新垣・亀井

 おまけ:えりりんにANNSをやってほしいな



2007.08.04(土)
■20070802 東貴博のヤンピース(新垣・亀井)

 絵里ちゃんファンからメール。ガキさんから見て、最近の絵里ちゃんはどうですか。
 ガキさん「相変わらずテキトーです」。
 それに反論する絵里「最近、知的、知的キャラを目指してるんですよ」(フリ幅が大きい!)
 ガキさん「でも、自分で目指してるだけですね」
 東「勉強してんじゃないの?」
 絵里「してます!してます!してます!」
 ガキさん「いや違う! へんな四文字熟語とかばっか言うんですよ」
 絵里「四字熟語が今大好きでー」
 ガキさん、あと横文字も使う、と。
 絵里「アグレッシブルとか」相変わらず「ル」が余計。というか、ガキカメとネタがモロかぶり。
 その意味を訊かれて「野性的」と答るえりりん。「それはワイルド」とツッ込まれます。使うくせに意味が分かっていない、と。そして、好きな四字熟語はもちろん「四面楚歌」。
 ガキさん「使いたい病って言うんだよね」
 絵里「はい。使いたい盛りです」
 東MAX「完璧に天然ですね」と断言。それはどうかな、と思うけれども、戦略的にはそういうことにしておいてOKです。

 ・新曲『女に幸あれ』にちなんだ質問コーナー。
 幸が薄い亀井さん、という話題で。
 絵里「一ついいですか。幸が薄いんじゃなくて、『幸が薄いと言われてる』んですよ!」そして、まったく同意してもらえない亀ちゃん。

 Q、最近見た夢は?
 ガキさん「メンバーの夢しかみない」さすがモーヲタサブリーダー!
 絵里「扇風機を消しても消せない夢」ホラーですか。恐がりだなー。
 Q、幸せを感じる時は?
 ガキさん「コンサートですね」
 絵里「冷麺を食べている時です」
 Q、今の悩みは?
 ガキさん「他局なんですけども、亀と二人でラジオをやってるんですけども、いっつもフニャフニャしてる亀に、どうツッ込めばいいのか、悩んでます」ガキさん、頑張れガキさん!
 絵里「はい。『幸が薄い』って言われることです」テキトーですね。というか、まさに「今」の悩みをそのまま言う、とか。
 Q、これだけは食べられない、というものは?
 ガキさん「お肉の脂身です」それはさゆに横流しすれば大丈夫です。その分、さゆの脂身がすごいことになっちゃうけど。
 絵里「グリーンピースです」
 Q、メンバーの誰かに直してほしいことを言って。
 ガキさん「はい。亀のテキトーなところです」なんなんですか、ガキカメにくらべて、この味つけのあっさり加減は。
 絵里「はい。ガキさんが、同じことを3回は必ず言うところです」老化? でも、絵里ちゃんだって、同じ話を得意げに何度もするんじゃなかったかい?
 Q、女の幸せとは?
 ガキさん「モーニング娘。であることです!」
 絵里「亀井は、女性であることです」
 東「どういうことなの亀井さん!?」ここから、ツッコミの嵐。しかも、絵里の応戦がグズグズ。
 モーニング娘。にもなれましたしー(ガキさん:それわたしの答じゃん)、オシャレも出来ますしー(男だってできるよ)、髪が長くてもへんじゃないしー(ヘビメタなんてみんな長いよ)、と、言うこと言うこと、ことごとく否定されちゃいます。
 しかも、ガキさんに「女のくせに部屋がゴッタゴタ」と暴露され、「片付けられない女なんだね」と言われ。
 絵里「最近、お母さんに干物女って言われてて」旬のネタまで。でもそれはちょっと意味が違うと思う。
 さらにガキさんから、「廊下に(脱ぎ捨てた)服が、足跡のように、ポン、ポン、ポン、ポン、って落ちてる」と言われ、「そんなの今時アニメでしか見ない」と呆れられ。
 絵里「そうなんです。だから、なんかスゴイ怒られるんですよ」当たり前です、と言われます。
 ……亀ちゃん、美味しすぎるよ。
 ・「幸せを感じる時は?」の答が両極端だった、という話に。ガキさんはコンサート。ファンの人が一緒に踊ってくれているときに「あ、幸せ」と思う、と。ここで、絵里が、必死に「私もです! 私も一番です!」と言い張ります。
 ガキさん「そんな横で言ってんのは?」
 東「亀井さん、何つった? さっき?」
 絵里「冷麺って言ったんですけど」「やっぱりわたしもコンサートが一番です、決まってますよ!」とか言うのかと思えば…
 絵里盛岡冷麺のほうが
 東「だから同じだよ!」
 ガキさん「どっちだって一緒だー!」これがいわゆる「フルボッコ」ってヤツですか?
 東「ブランドにこだわるとか、そういうことじゃないでしょ?」
 絵里いや! 盛岡冷麺が1推しなんですよこれぞ「KY」(空気読めない)の神髄。

 ・ガキさんは宿題を先に済ませるタイプ、絵里ちゃんは何故か最後まで残ってしまうタイプという十八番ネタを喋っているとき。
 東「今なんにもしてないのに、ここになんか付いてるもん」絵里の顔に一体なんの異変が?
 ガキさん「(爆笑)今、言いたかったけど、うううう……」
 絵里「(爆笑)わたしぃ! わたしぃ! わたし女性ですよオ!
 東「女性だけどさー」
 絵里「恥ずかしいじゃないですかー!」
 東「喋ってて、さっき何も付いてなかったのに」
 ガキさん「あの、なんでも、チョコのワッフルとか、食べると、絶対顔に付けるんですよー」その究極の萌え映像は「美貴様の趣味探しSP」によって永久に語り継がれることでしょう。
 東「そりゃね、なんか食べたらご飯粒が付くとか分かるけどー、今、喋ってるだけでさー。今なんか急に付いてたんだよな、カスみたいなの。食べカスみたい」もう、恥ずかしさのあまり、ガキカメ大騒ぎ。キャーキャー言ってます。
 ガキさん「今わたしもすっごい思ったー!」
 絵里「やーだ! やーだ! やだやだやだ!」
 ガキさん「いつ付けたの?」
 東「いつ付けたの今?」
 絵里「えー、分かんないですよー(笑)」考えうる可能性は、収録前に何かを食べた後、口の中に残っていたカスが、喋った拍子に飛び出てきて顔に付いた、……そりゃあ恥ずかしいわ。女性として、無理だわ。
 東イリュージョンだよイリュージョン。亀井イリュージョンプリンセス天功も思わずびっくりして大失敗、全治一ヶ月の重体ですよ?
 ガキさん「触れられないかと思ったー。よかったー、びっくりした」ガキさんも、気付いてて黙っているのが気まずかった様子で。
 絵里「いやいやいやいや、もう今日、今日わたし大丈夫かなー」
 ガキさん「ダメだよー(笑)」
 東「いやダメだと思いますよ。」
 絵里「(笑)そんな」
 東「ダメですよ完璧に」
 絵里「二人して…………ウケる…
 このエピソードはすごい破壊力だなー。裕ちゃんのロケ先のコンビニのトイレで、しゃがんでる時にドアを開けられたというエピソードを越えたね、ある意味。

 ・ジュンジュンリンリンとは仲良くなりましたか? カメさんは、変なギャグとか教えてないでしょうね?
 もちろん亀は、寒いギャグを連発。ガキさんが、マネしないように注意している、と。
 東「夏だから、いいじゃないですか」寒いギャグで涼める、ってギャグも相当寒い。
 ガキさん「ちょうどいいですけどねー」
 絵里「今一瞬勘違いして喜びそうになったけど、違いますよね?えりりん。知性派じゃないとこうはいかない。素晴らしい。問題は、その「知性派」な面を意図的に出そうとしているのか、それとも、隠しきれなくてつい出てしまうのか、そこが知りたいです。
 絵里「寒いからー、ってことですよね。よくない系の話ですよね」「なになに系」って表現、好きだねー。

 今回のラジオは、とにかく、絵里の顔に食べカス、これが全部持っていきましたね。なんという捨て身のネタでしょう。

ノノ*^ー^)<ネタじゃないから! あくまで事故ですよ。

 事故だとしても、そういうとんでもないしどけなさを、意図せず表現できてしまうところが、天才的です。
 なおかつ、まったく下品じゃないという、えりりんの奇跡

2007.05.19(土)
■ドキ☆みきNight(2007.05.14) 亀ちゃんの話題『尻タッチ』

 亀ちゃん大好きな美貴様のラジオで、またまた、亀ちゃんの話題が出ていたのです。
 みきちゃん「北海道の浮かれネーム『サユミキティ』さんからです。『ミキティこんばんは。4月15日の札幌でのコンサート見に行きました。以前この番組でも話題になっていた、お尻を触る行為を、生で見れて嬉しかったです。亀井ちゃんのお尻を触っていましたね。そのあと絵里ちゃんも負けずに触り返していて楽しそうにしているのが印象的でした。見ていた限り、亀井ちゃんしか、ちょっかいを出していないようでしたが、亀井ちゃんのお尻が一番触り心地がいいのですか?』…くっくっ(笑)…これねえ、違うのよ。亀ちゃんはー、嫌がるのね。それがぁ、すごい美貴は楽しいの。ふふ(笑) ちょっと、その、なんか、そこらへんにいるおじさんの気持ち?(←そこらへんのおじさんを変態あつかい) なんかその、ちょっとぉ『ヤメテクダサーイ』←可愛い裏声で亀ちゃんのモノマネっていう(笑)分かる? 『やめて、藤本さーん。やめてくださいよー』っていう亀ちゃんを触るのが、すごい楽しい。でもぉ、亀ちゃんは一応、わたしが触ってようが、こう、一生懸命パンツを食い込ませようが、一生懸命前を見て、笑ってるのね。なんか、そんなことも感じさせないように笑ってんだけど、わたしはずっとニヤニヤしながらずっと、こって引っ張って(笑) でも最近は亀ちゃんも、すごいそのあと追っかけて来て、あの、わたしのお尻を触ってこようとするんですがぁ、ま、別にわたし触られても何とも思わないし、ひゃっはっはっはっは(大爆笑) くっくっくっ。『どうぞぉ♪』って感じだけどぉ、そう、なんだろうね、亀ちゃんとたまたま止まるタイミングが一緒のときが多かったりするので、ま、触りやすいんですね。いる場所が触りやすいし、キャラ的にも触ってて楽しいんですよね。なんか分かる?梨華ちゃんを触る気持ちと一緒かな、亀ちゃんを触るのは。ま、『やめてよー』←裏声で石川さんのモノマネって言う、でも、やめてよ、って真剣に思ってるかっていうと、思ってないように聞こえる?(笑)感じですね。シゲさん触るとさー、なんか喜んでさー、『藤本さーん♪』って来そうじゃーん。だから、ちょっとワザと触んないんだな、うっへっへっへっへ(爆笑)
 まったく、美貴様の変態ちゃんぶりが素晴らしすぎます。
 4月15日の夜公演で、僕も実際その現場を見ていた訳ですけど、その時の感想では、「演出になってしまっている」という、やや手厳しい感想を書いたのでした。
 ところがどっこい、「ミキティタッチは尻タッチ」は、まだまだ人々に愛と勇気(?)を与え続けている訳で、そんな変態行為まで楽しいパフォーマンスへと昇華させる美貴様は、ほんとうにモーニング娘。の本質を体現する存在だと思います。日々、力づくでアイドルを脱構築しつづける美貴様を、心からリスペクト。

2007.04.30(月)
■2007.04.26 東貴博のヤンピース(吉澤・新垣・亀井)

 亀井ちゃんは初めて出演。新垣さんと同い年と聞いて意外そうな東MAX。「若く見える」とか言いつつ、でも、すぐお気に入りの後藤真希さんの話題に戻る東MAX。亀井さんには特に興味なし、って感じがアリアリ(笑)
 こっちはムッとするやら、ホッとするやら。

 【メール:目の前にいる東貴博は、どういう存在にみえるか?】
 絵里「お父さんというよりはぁ、友達の、友達の、お兄ちゃん、って感じです、なんか」
 東「だいぶ遠くに置いておきたい感じ。接点ない感じじゃん。友達にもなりたくないみたいな。自分の部屋から出てこないで、みたいな。ちょっと、亀井さん」
 絵里「すいません、いきなし」←いきなり、じゃなくて、いきなし(笑)
 紹介された時に気のない感じだったので、その仕返し……なのかな? いや、きっと何も考えずに、正直な気持ちを言ったんでしょう(笑)
 新垣さんの答「やっぱり、お父さんとか、お兄さんというよりは、親戚系ですね」←駄目押し(笑)
 東「年に一回会うのもめんどくさい、みたいな」←やっぱり芸人さんは受答えが上手
 吉澤さんの答「おもしろい兄ちゃん。……お父さんの兄弟の弟ぐらい」←それ、お父さんの弟ですよ

 【リスナーの相談メール:気になっている人がいる。その人も私のことが気になっているけど、他にもいるらしい。その中で一番になる方法を教えて。】
 絵里の答「うーんと、じゃあ、自分にしか作れないクッキーとかをプレゼントするとか。お手紙付きでぇ!『食べてね』って」←可愛い。正統派だ

 【よっすぃ〜が新垣里沙、亀井絵里に伝え忘れたことは。】
 吉澤「亀ちゃん。テキトーもいいけど、少しはマジメにならなきゃダメだよ。ガキさん。未確認飛行物体とはUFOのことだよ」
 何かの番組で「味覚・ニン・飛行物体」って何だろう? と悩んでしまったガキさん。さすがガキさん。
 吉澤「亀井ちゃん、すっごいテキトーなんですよ。さっきホントに申し訳ないなーと思ったんですけど、…(相談にのった時も、)…きっと半分は、割とー、相談に乗ってるようで、親身になってるようで、結構なんかもう上の空で、スラスラーと言ってることが多いんですよね。」相談だと割とまともだけど、自分に関係ない話だと、全然テキトー。会話を聞いてない、と。
 絵里「さっきのクッキーのね、話はね、自分、いいこと言ったなー、と思って、言ったあと、ずっとそればっか考えてました
 で、「その後は聞いてないんじゃん」と全員に突っ込まれるえりりん。
 突っ込みどころを、きっちりと自分からアピールできるえりりん。まさに、つんく♂チルドレンと言えるでしょう。

 【メール:「走ってる」さんから。亀井さんに、今、一押しの新ギャグを教えてください。】
 絵里「ちょオっと待ってください。こう、こういうのはぁ、生なんですからぁ、やる前に言っとかないと」
 新垣「色々とね!」心の準備が必要ですよと
 東「いつもテキトーにやってるんじゃないんですか?」
 絵里「いやー、そーんな感じでもないですよ、でもぉ、わたし結構面白いギャグやってるんですよ」←なにせネタ帳にネタを仕込んでる頑張りやさんだもの
 東「やってるんですか」
 吉澤「いやーどうかな、たまに10回に1回ヒットする感じですよ」
 新垣「ほんとそんな感じ」
 絵里「じゃ、今までのお気に入りでもいいですか?」
 東「お気に入り、じゃあお願いしますよ。評判のよかった奴」
 絵里「じゃあ、あのー、いん、いいんですか? じゃあ……せーの。デコピーン!
 新垣「あれえ? こんな感じなんですよ」
 吉澤「ヤバイですよねえ」
 東「こんな感じですか」
 絵里「でもぉ、デコピーン! はい。…そのぉ! コンサートでの、最後の、ひといりで、挨拶するとこがあるんですね『今日はどうもありがとうございました』その時に、今の気持ちを、体で一言、表現するんですよ。はい。その時に、その時の気持ちで、指を差して、デコピーン!って言ったら、ドッカーンって」
 新垣「いや。来てないですよね。ドッカーンで来てないですよね」
 吉澤「来てないよ」
 東「捉え方の違いがね、みなさんあるようですけど」
 絵里「人それぞれらしいんですけど」
 そのあと、ガキさんが、自分で考えるとこんな感じで、たまに来たな、と思ったら、他のお笑い芸人さんのパクりだった、と暴露。東「これからもパクったほうがいいですね」。

 【メール:リーダーの男の背中から何を学びましたか?】
 絵里「なんかぁ、プラス思考にすごい考えるところが、わたしはいつも元気貰ってました。あの、すごいマイナス思考なんですよ」
 東「え?そうですか?さっきのギャグ、そうとう前向きに」
 吉澤「かなりプラスですよね」
 えりりん。マイナス思考になりがちな自分を必死に押さえて、とにかく前向きに、プラス思考で考えようと日々意識しているんですよね。
 自分は可愛い、自分のギャグは面白い、そう自分に言い聞かせつつ、日々頑張っているえりりん。そんなえりりんに萌え萌えです。

2007.04.29(日)
■2007.04.23 ドキ☆みきNight 美貴様は、亀井絵里の不可解な行動が理解できない

 美貴様「はい今晩は。藤本美貴です。
 最近ですね、珍しく亀井絵里さんからメールが来ましてー。
 あのー、『帽子を買ったんですけどぉ、ビミョーなんで見てください』って言ってたんで、『あぁ、いいですよ、ぜんぜん見まーす』って言ってて、でまぁ、『いま買い物してご飯食べてるんで、帰ったら送りますね』っつって送ってきたんですよ。で、写メール見たらぜんぜん、まぁ、女の子らしい帽子で可愛かったんですけど、あの、亀ちゃんが最近、ちょっと女性らしい女の子っぽい服装にしたから、キャップがどうもちょっと合わなくなってきたって言ってて。
 でも『買ったんで見て下さい。どう思います?』って、買ってから聞いてくるんですよ、彼女は。
 だから『けどもう買ったんでしょ?』っていうメールを送ってぇ、『もちろん買いましたー』とか、ちょっとやっぱり亀井さんとは噛み合わないみたいで(笑)
 これぇ、道重さんに、こう亀井さんとぉ、こう噛み合うぅ、コツを教えて欲しいですね。すごい『美貴さまぁ』とかってメールで来てぇ。なんかまあ可愛らしかったですけれども(笑)
 不思議な子だなー、とつくづく思って、こないだ、コンサートの時にその帽子かぶってきて、なんかすごい陽気に『これです!』って言ったんだけど、『実際あんた今ドキドキしながら来たでしょ?』って言ったら『バレましたぁ?』とか(笑)
 すごいねー、なんかー、分かりやすいですよねぇ、可愛らしいでーす。はい。ということで」

 美貴様としては「買うか買わないか決断するために意見を聞く」という合理的な行動なら分かるけど、買ってから聞いても意味がないよね、と思う訳です。同感です。だって、「買っちゃった」って言ってる人に「それ、似合わないよ」とは、たとえ美貴様であっても普通言わないですから。
 えりりんは、美貴様に、ただ「可愛いよ、似合ってるよ」と言って欲しかっただけなのかな?
 そこで、可愛いよ、とか返さずに、「けどもう買ったんでしょ?」と返す美貴様。さすがです。辛口なコミュニケーションが売りです。
 しかし、そこで、もちろん買いました」と返すえりりんは、ある意味、美貴様以上にツワモノかも。
 この「もちろん」は、強い。

从VvV从<買っちゃってからメールしても遅いよね
ノノ*^ー^)<もちろん美貴様のご意見を参考にする気はさらさらありませんよ?

 って聞こえかねないですからね(笑)
 ま、そういうことも思いつかない可愛いアホ、それが亀井絵里ということで。
 「絵里も、もう18だしぃ、中心的メンバーとして次期リーダーを支えて、補佐していかなきゃならない立場だしぃ、とりあえずぅ、美貴様と仲良くしてぇ、心のキャッチボーズを図らなきゃ、みたいな」とか思って、正直あんまり用もないけどメールしてみたら、逆に美貴様に「やっぱり亀井さんとは噛みあわない」とか思われてしまうえりりん。あー、可愛い。

2007.04.26(木)
■2007.04.20ハロプロやねん!(吉澤・田中・光井)

 えりりん出演してないのに、すっかり話題の中心。なので、その内容を記録しておきます(もちろん、えりりん関連の話題だけ。あ、もちろん、出演メンバーの近況の話も可愛らしかったですよ)。
 しっかし。えりりん、いじられ放題。可愛がられております。

 【ハロプロNo.1を勝手に決めちゃうコーナー】
 今回のお題は「一緒に住みたくない人」。
 この時点でもう、イヤな予感が(笑)
 なんですか、この、えりりんを狙い撃ちしたようなお題は(笑)
 吉澤「許せないのは、汚いヤツ←もうダメだー(笑)
 田中「今、ピン!と浮かびましたねーおいらもです(涙)っつか、笑いが止まりません〜〜〜〜!
 吉澤「食べたものとか、もう、まんまの人」
 光井「わたしも一人浮かびました」
 田中「同じ人かも。せーの、で言ってみようか。せーの、絵里」光井「亀井さん」田中「ほら」←えーえー、そうでしょうともよ。どーせ、絵里は汚いヤツですよ(笑)
 吉澤「亀ちゃんて、そんな、まんまなの?」
 田中「れいなは香港のホテルで一緒だっただけやけど、やっぱ、脱ぎっぱで、片づけて、って言っても、トランクの上にポンと置くだけ。『はい片づけた』みたいな。さゆが言うには、コンタクトレンズを、そのままポンと置いておく」←やっぱり絵里はコンタクトレンズだった。これは貴重な情報ですね。近視えりりん、萌えー。
 光井「わたしは、みんなから聞くイメージです」←えー、普段みなさんどんだけボロクソな感じで絵里の噂をしてるんでしょうか(笑)
 田中「みんな言うもんねー汚いって」
 吉澤「わたしは夜ご飯を食べて、片づける。朝食器が残ってるのがイヤ。でも夜中に食べて、まんま置いときそうだよね、亀ちゃんとか」←しょ、証拠でもあるのかー!?
 田中「明日でいいや、みたいな。お菓子とかベッドの上で食べてそう」←ぬ、濡れ衣だー!
 吉澤「絶対ダメ。ベッドのうえにジーパンで乗るのもダメ」
 だんだん絵里の話からずれてきました。
 インテリアの趣味があわないのは、重さんということでした。
 (みっつぃ〜は、なんと、豹柄とか、ゼブラとかが好き。というプチ情報)
 吉澤「朝とか、寝起きいいっけ?」
 田中「絵里ですか? れいな、まったく詳しくないんですよね」……れいにゃ……
 吉澤「ほんとだよね、同期なのに全然知らないね」
 田中「知らないんですよ」……れいにゃ……
 結論としては、「一緒に住みたくない人」No.1は亀井絵里さんに決定。堂々一位です。あちゃちゃー、って感じです(笑)

 【今週のハローちゃん】
 写真を引いて、出てきたメンバーについて勝手に喋る。で、リスナーに誰かを当ててもらうコーナー。みっつぃ〜が引きます。いまいちルールが分かってない感じが初々しい。
 田中「出ちゃった」
 吉澤「出ちゃったね」
 吉澤「勝手に喋りやすい」お。気さくな人だね
 田中「第一印象。松浦さんに似てると思った。(でも)正反対」
 吉澤「松浦? 顔が?」
 田中「顎具合? なんか似とうよね。最初は大人しくて、デビュー当時の松浦さんみたいな。すごい女の子らしかったですね」
 吉澤「かった?(過去形)」
 田中「今は、女の子っぽい、からは外れてる」
 吉澤「わたし、ショートカットが好きなのよ。この子の」
 田中「れいなもー」
 吉澤「ショートにしろ、ショートにしろ、っていっつもいってんだけど、『んーーー、んー、もうちょい伸ばそうかな』とか『このぐらいをキープしたいんですよー』とか言ってんの」←ここで分かりました。モノマネが似てました
 吉澤「ちょっと茶色のショートがいい」
 田中「一っ緒です!」
 光井「わたし今の方が好きです」←僕はショートも今も好きです。どうでもいいですね
 田中「服のジャンルが変った」
 吉澤「優柔不断だよね。最初はギャル系だった」
 田中「最初はれいなと話があう感じだったけど。今や正反対」
 吉澤「着ようと思って買うけど、着ない服とか一杯あると言ってたし」
 田中「あ、そうなんですか」……れいにゃ……
 吉澤「コーディネイトを考えず、『あ、これ可愛い』と思ったら買うから、みんなバラバラ。合わせようがないんだって。」
 田中「ダメやん」
 吉澤「で、流されやすいでしょ。これダメだなだ、ダメまでいいますか(涙)
 田中「藤本さんに、よく『キモイ』って言われようかも」
 吉澤「からかわれてるね。結構ミキティのオモチャになってる」
 光井「ふははは」
 ……
 光井「全然お世話になってました」
 吉澤「もう過去形?」
 (過去形は否定しつつ)光井「コンサートのリハのときに、すごいお世話になったんですよ。残ってまで教えてもらってたりとか」←えりりん。なんて優しい先輩なんだ! えらいよ、えりりん!
 吉澤「ってことはモーニング娘。ってことかな」
 光井「……あ」
 田中「藤本さんのオモチャって言えば分かりますよねーもう」はい。尻タッチで、さんざんオモチャにされてますし。
 吉澤「流れで言うと、今日はこの子の登場回数多いなーと」ノノ*^ー^)<ま、いなくても主役ですよね
 田中「あーたしかに、さっき出さんとけばよかった、って」

 曲を挿んで、宣伝。そしてメッセージ。「楽屋ではみんな騒がしいんですか?」
 吉澤「楽屋はうるさいよね」
 田中「結構ガヤガヤしてますね、個々に」こ、個々にですか、みんなで、じゃなくて(笑)
 吉澤「個々にね。でもね、いっつも笑ってんのが、亀井、道重だね」
 田中「そこですね」
 吉澤「あれ、うるっさいね」
 光井「お菓子の話がほとんど」
 吉澤「『あれ食べたー? 美味しかったー!』」
 田中「『このアメがさー!』 とか」
 吉澤「アメについてで30分は話せる」
 光井「熱く語ってますね」
 吉澤「箸が転がっただけで笑うみたいな、なんでも楽しい」
 田中「って年頃なんですね」
 吉澤「ってアンタもだから。同い年だから。ほんと、ちょっとしたことでケッケ、ケッケ笑ってる。」
 田中「ほんといいと思いますもん。あの楽しい感じが」←れいにゃも入っていきなさいよ
 吉澤「そこにまたミキティが『うるせー!』とか、突っ込んだりとかね、面白い楽屋になってます」
 絵里さゆ、楽屋を楽しくするのに日夜貢献している様子ですね。いい感じだ。

 えりりん、出演してないけど、えりヲタ大満足の番組でした。

 おもわず、一句。

 えりりんを いじっておけば トーク持ち

 いなくても 主役が張れる 亀井かな

ノノ*^ー^)<ってか、言われっぱなしですよー
从VvV从<愛されてるよね
ノノ*^ー^)<もうギャラが発生しちゃう感じですよね

2007.04.24(火)
■070418 ワカサギ(亀井・道重・光井)

 10分程の番組。
 亀井、道重、光井、それに若狭アナという、先日のうさちゃんピース公開録音SPの4人。
 【逆さまパニックの話】
 さゆが全然出来なかった。問題が難しかった、という話のあと。
 絵里「さゆを見てて、『あ。ここは冷静に行くべきだな』と。これ多分正しいと思うんですよ」←実はしっかり計算しているえりりん(笑)
 そして、みっつぃ〜は頭の回転がいい、と大絶賛。全然パニックじゃなかった。と。
 (私見:この、頭がよくて、落着きすぎていて、全然パニクれない、ぶーらぶーらゲームなんかでも、全然キャーキャー言えない、という性格は、光井愛佳にとって、アイドルとして不利な要素なんじゃないかと思う。頭がよくて、気が使えて、礼儀正しくて、笑顔が可愛くて、……人間としては言うことがないけれども、アイドルとしては、特にモーニング娘。としては面白みに欠けるのではないか? 今後、そこをどう打開して行くのかが、光井愛佳の、アイドルとしての課題──歌とダンスは当然として──になると思う)
 【アルバム『SEXY8BEAT』の話】
 絵里「とても前向きなんですよ。明るい曲が多くて。ポジティブな曲が多いので、わたしたちも元気を貰ってますね」
 さゆ「歌いながらもすごい幸せになれるんですよ。勝手に笑顔になっちゃうんです」
 そして、みっつぃ〜は、「わたしは、亀井さんと……ね。二人で」という話。初めてのアルバム。最初、亀井さんとの二人の声がイメージできなかった。自分なりにはあってたかな、と。
 【新曲『悲しみトワイライト』の話】 4.25リリース! 吉澤ひとみ最後の曲。案外激しいんですよ。ギャップにも注目してほしい。
 絵里「すごいあの、フリもぉ、すごいカッコよくてですねー、あのーPVも撮ったんですけど、PVのほうもとてもカッコイイことになってますから」
 さゆ「ほんとに激しくてー、ライブで絵里のカチューシャが飛んでくぐらい
 絵里「そうなんですよ。しかも、ホント一発目で『ジャジャン!』って言う時に、最初っから、もう飛んでー、『あぁぁぁ…カチューシャがぁぁ…(涙)』」
 さゆ「絵里の前髪が可哀想なことになってた」
 絵里「シーシーシー!」
 えりりんが、『ジャジャン!』とイントロの口マネをするところが、とても曲の感じが出ていて、その確かな音楽性に惚れ直し。そしてもちろん可愛い、言うまでもなく。言うまでもないけれども、何度でも言っちゃうのだー。
 【ライブ中のハプニングについて】
 絵里「みんなぁ、踊りとかに真剣になっちゃったり、楽しくなっちゃうと、自分の歌うパートを…」
 さゆ「そう! アレ? ここ自分? みたいな」
 絵里「だから急に、ポツっと空くんですよ。カメラ思いっきり来てる、みたいな」
 さゆ「もう誰ぇ?間違えたの? と思って「あー自分だぁ!」みたいな」
 はい。たしかに、けっこう穴が開いてるみたいです、ライブでの歌。
 特に、『笑顔YESヌード』の2番冒頭なんかは、バッキングが薄くなるので、つい落としちゃうことも多いような。それがまた楽しいということもあるけど。そして何故か、パッケージされたDVDでは、そういう穴はないんだけれど。
 さゆ「あと衣装間違えちゃったりとか」
 絵里「あるねえ、靴が違かったりとかぁ」←ちがかったり……(笑)
 さゆ「上に羽織るヤツを、一個前のヤツを羽織ってたりとか。あと、絵里、一回、脱ぐの忘れたりとかあったよね」
 絵里「ありましたー。なんか、あのー、こう、曲中に脱いだりするんですよ。でも忘れてえ、そのままでいちゃって、最後の最後まで気づかなくて。で、次に変える時に『あれ。なんか人より多いい』みたいな(笑) 遅いよ!みたいな」
 さゆ「気づかないのはスゴイと思いますよ。結構みんな気付いてましたから『あー絵里ー』みたいな」
 絵里「うそぉ」←可愛い
 若狭アナ「メンバーは気付いてた!」
 さゆ「絵里、普っ通ーに歌ってて、『あー、すごい羨ましいなー』って」
 絵里、あはははは、はははは、と笑いが止まらない。超楽しそう。
 若狭アナ「突き抜けちゃってるんだね、もう、気づかない全然」
 さゆ「天然ですね、ほんとに」
 素晴らしいエピソードでした。さゆの「暴露」は愛があって楽しいなー。えりりん愛されてるなー。
 みっつぃ〜の話。何をするにも緊張する、と。笑顔は大切にしている、と言って、二人に褒められる。
 そして、吉澤ひとみの思い出。
 現在進行中のツアーの話。
 「今夜もうさちゃんピース」の番組宣伝。
 さゆ「すっごい可愛いラジオなんですよ。でも、ところどころ黒い部分が見えたりとかして(笑)そういうところも注目しつつ……これを聞いて癒されて、ぐっすり眠れてくれたらいいなと思います」

 わずか10分ほどの番組なのに、萌えの絶対量がすごい。
 さゆと若狭アナの産み出すテンポ感に、絵里が煽られて、熱を帯びたトークになってます。正直、『GAKI・KAME』より、聞いていて、断然楽しい。若狭アナのプロの力は凄い。
 でも『GAKI・KAME』も、二人の会話に、ガキカメにしか出せない独特の味があって楽しいので、もっと頑張ってほしいのだー。

2007.04.04(水)
■えりりん on RADIO!  07.03.29 今夜も☆うさちゃんピース公録SP (ゲスト亀井・光井)

 素晴らしい番組でした。
 特に、さゆえりの仲良しぶりが。超ラブラブって感じ。

 番組冒頭、MCのさゆが、公開録音に来てくれたファンに、「いつも聞いてくれてますかーっ!?」と質問。で、「手が上がってない人もチラホラいますね」みたいな。
 さらに、自分に追い打ちをかけるさゆ「いつも番組は楽しいですかーっ!? …さらに寂しい感じですね」というような。
 これは自虐ネタ?
 見に来たファンも、笑っていいのやら、反省するべきなのやら、って感じで、微妙な反応でした。さゆ、全般的にテンパリ気味。空回り気味です。さすがのさゆみんも、心臓に生えてる毛が円形脱毛症、みたいな。

 でも、えりりんが登場すれば、もう大丈夫。絵里が助けてくれますよー♪
 登場早々、絵里さゆぅ? ナニその頭? (客席に向かって)ずっと気になりませんでした? なりましたよね。ちょっと。可愛いよ、可愛いんだけど…」(可愛いんだけど、オカシイよ? 笑えるよ? と言いたいようです)
 さゆ「可愛いでしょー?」…あくまでも自慢気なさゆです、さすがです(笑)
 頭に何か着けているらしいさゆ、「これは、公開録音に来た人だけの楽しみ」と、もったいぶります。(でも、CBCアナウンサーの若狭敬一アナが、あとで説明してくれました。カチューシャにうさぎが付いてて、頭の上でうさぎが揺れている、という感じで、笑える、と)

さゆ「もう一人、今日の助っ人、ハイパーナイト水曜日ワカサギどうさん幼なじみ、違う、おなじみの、もうやだもうほんとに!←テンパリすぎ
 絵里がすかさずツッコミ!「さゆ落ち着いて! 面白いよ!←フォローというより追い打ちかけてます
 さゆおなじみの! 若狭敬一アナウンサーさんです」
 若狭「どうもみなさん今晩は。ハイパーナイトで幼なじみの若狭敬一です。年齢倍ぐらい違うのに、幼なじみって無理あります」…若狭さん、律義に拾ってくれました。いい人だ(笑)

 若狭アナが3人に、初公開録音の感想を聞く、ということで。まず、さゆに向かって「道重さん」
 さゆの返事は「おー、ハイ」……自分に振られるとは思わず、驚いて「おー」、そして、落着いて「はい」だそうです。この返事を、さゆ、3回繰り返します。「3回目はさすがにあれですよね」みたいな感じ(笑)
 そして、えりりんの初出演の感想は?
 絵里「いやー、もー、すっごい、嬉しかったんですけど、あの、さゆが登場する前はすごい、こぅビクビクビクビク、こぅ緊張してたんですけど、絵里と愛佳ちゃんは、『楽勝だよねー♪』くらいの感じだったんですよー。すごいノンキでー。『さゆ頑張ってねえ♪』ぐらいの勢いだったんですよ。」
 さゆ「で、さゆが、2人も出るんだよー、みたいな」
 絵里「さゆが回してくれるじゃないですかぁ。だから、絵里は答えられたら、あの、質問されたら答えよう、と思ってたんですけど、入ってきたら、すごい、いやもう、緊張、今して、ます」
 さゆ「だって絵里はぁ、『さゆが一杯一杯になったら、絵里助けてあげるから』、じゃなくて、『さゆが一杯一杯になったら、絵里横目で笑ってるから』って。ひどくないですか、これって? いやいや助けてよ!? って感じですよね?」
 絵里「ちょっと待って(笑)ちょっと待って(笑)」←楽屋ネタを大暴露されて狼狽えまくり
 さゆ「しかも横目で笑う練習までしてたから。『こうやって笑おう』とか言ってましたからね!」
 絵里「(笑)……してました(笑)」
 さゆ「うん。しかもね、上手でしたよ」
 若狭「あらら」
 ……いやー、このくだりだけでも、最高に楽しい。
 でも、この素晴らしさは、ツウ好みというか、二人の関係や、えりりんのすっとぼけた性格などを分かってないと、単に、へー亀井絵里さんって性格悪い人なんだー?という感想で終わってしまいそうで、そこがとてもちょっとだけ心配です。

 3人がそれぞれ、お互いの第一印象を語る、ということで。
 光井→さゆ:最初会った時、袴を着ていたので、「和服が似合う人だなあ」と。ま、さゆは何でも似合いますけどね。フリフリドレスだろうが、ビキニだろうが、イモジャージだろうが、シャネルの5番だろうが。←イエローカード
 亀ちゃん→光井:「犬。ワンちゃんみたい」
 そして、オチはもちろん、さゆ→亀ちゃん:
 さゆ「絵里ですかぁ? 絵里はぁ、存在薄くてあんま覚えてない(笑)」
 若狭「この質問やめましょうか?」
 絵里「違う! ぜっ、今のはぁ……」
 若狭「透明感がある、ってこと? どういうこと?」
 絵里「これから、もっと、話が多分よくなっていくんですよ」
 若狭「お、オッケオッケ。最初の印象はぁ、薄かったけれどもぉ」
 絵里「薄かったけどもぉ」
 若狭「はい」
 絵里「はい」
 さゆ以上です
 若狭「おい!
 絵里「止めましょう、やっぱりこれ、止めましょう」
 若狭「次行こうか」
 絵里「次行きますよ(笑)」
 ここで、あははは、うふふふ、と笑い合う絵里&さゆ。
 上出来、してやったり、って感じ。
 たしかに、上質のミニコントでした。ちょっと感動。
 若狭アナも、さすがにバラエティ馴れしている感じで、奇麗なスルーパスを通してました。

 逆さま言葉を言うゲーム。
 MCなのに、一番出来ないさゆが可愛いです。
 あまりの悔しさに「収録を最初から、出てくるところからやりなおしたいぐらい」とか言い出しますから。若狭さんもこれにはビックリ。客席もこういう時こそ笑って盛り上げてくれればいいものを。ちょっとビミョーな反応。笑えないくらい、さゆの緊張ぶりが痛々しかったんでしょうか……
 さらに、絵里が回答する番になり、お題「エリザベスキャメイ」が、惜しかったとき。
 絵里「絵里、さゆよりすごくない?」
 さゆすごくない←このイジケっぷり、フテ腐れっぷりが可愛いんです
 3人が終わった時点で、さゆ:0問正解、絵里:1問正解、光井:2問正解となりまして、一人で罰ゲームをやるのがイヤなさゆ。若狭さんに、「一緒にやってくださいね」、と強要(笑)
 そして、1問目を失敗した若狭さんに、さゆ「ナイスアナウンサー!」
 でも、2問目は頑張って正解した若狭さんに、客席から「ナイスアナウンサー!」と。はい。やってきたファンは、さゆが、ひとりで恥ずかしい罰ゲームをやるところがみたいですから。さゆと若狭くんの2ショットとか、そういうのはみたくないですからね。観客の空気をちゃんと読んでる若狭アナ、プロです。
 ……という感じの萌え萌え番組でした。
 えりりんは、「いつもは見られない、緊張しているさゆが見られて、面白かった」とコメントしておりました。
 うーん、さゆみん、可愛かった。
 可愛かったし、頭を使ってトークしてるんだけど、今一つ、お客さんの反応につながっていかないのは……お客さんへの要求レベルが高すぎるのだろうか? そこらへん、今後の研究課題です。

2007.04.03(火)
■えりりん on RADIO!  07.03.21 FM AICHI「パワー・ミックス」(亀井 道重 光井)

 この日の放送では、携帯TVとかいうサービスで、ラジオ収録現場の様子を同時に映像でも配信。それなりの環境があった人は、とっても可愛い、えりりん、さゆ、みっつぃ〜が見られたことでしょう。

 番組中、何故か、『元気げんき元気ーーー!』という掛け声がスタジオ内で流行。何かというとそれを唱和する三人が可愛い。

 光井情報:お父さん41歳ぐらい…ちゃんと覚えておいてください(涙)。お姉ちゃんがいて、22歳。随分離れていますね。

 えりりん情報:最近「お料理にハマっている」で、インターネットでお料理のことを見たりしている。と。はい。とってもいいと思います。何もかもヘタすぎる亀ちゃんも可愛いですが、苦手な料理を一生懸命やる亀ちゃんも、いじらしくてステキですよ。
 (『おしゃべりクッキング』のサイトをお薦めしますよ、えりりん。あの番組の料理は、シンプルだけど、手抜きのない本格的なものですから、勉強になりますよ。)

 MCが、メンバーの家族構成を尋ね、えりりんが、お兄ちゃんと妹がいる、と言うと、さゆ、「真ん中の子って、変わってるって言いません?」と、いきなり絵里をいじる方向に。さゆみん、GJです!
 それを受けて、えりりんが、変ってるといっても「レアな変わり方」なんです、と、逆に自慢するような発言。それに対して、さゆ「言い訳も微妙ですよね」……微妙というより、えりりんは言い訳をしたつもりはなかったと思うんですけど?

 クイズライブショックというコーナーで、三人が順番に質問に答えます。
 えりりんの、最近のマイブームは「インターネットでお料理を見る」です。
 特技は、「物をなくすこと。」←一応突っ込んでおく? いや、可愛いからOKだ!
 名古屋弁でひとこと:「エビフリャー」

 さゆ、生まれ変わったらなりたいものは「ナマケモノ」。その理由は、「怠けていられるから」、動物園でじっとしていて、1ミリとか動いただけでも「きゃー♪」とか言ってもらえる、と……はい。さゆは、出来るだけラクしつつ「可愛い」と言ってほしい、と、そういうことですか(笑)
 それに対して、えりりんが、「人間的な怠け者かと思った」と素で勘違い。さすがえりりん。

 で、「亀井さんは、最近何を無くしたの?」という話題に。
 絵里「最近、あのぉ鍵なんですけどぉ。鍵が、あの、玄関に普通にいて、妹が私に鍵をこう『お姉ちゃん、このね、鍵についてるキーホルダー、友達から貰ったんだー』て言うから、『え、見せて見せてー』っつって貰ったんです」
 MC「長くなるの、ここの話?」
 絵里「いやっ、もう、あの、わたし結構そういうの分かってるんで←さすがベテラン(笑)打ち合わせで居眠りするくらいだもん(笑)
 絵里「それでそれで、聞いてください。で、見て、可愛いなあと思って、返したんです、妹に。そしたら、鍵が、返そうと思ったら無いんです手から。だから無くなったんですそれで」
 さゆひどくないですか?この話
 MC「これマジック?」
 絵里「マジックなん…だからほんとびっくりマジックなんです」
 MC「ほんと、これ俺今の会話どう拾えばいいの」
 さゆ「いや、も、もう見捨てていいですよ
 絵里「だからだから、『あ、特技ぃ? 無くすこと? あ、なるほどねぇ』みたいな」
 さゆ「これは特技にしてほしくないんですけど」
 MC「すいませんファミレスで喋ってるんじゃないですから、もうちょっとこう…まーいい、OK!」
 で、恒例となった「元気げんき元気ーーー!」へと。

 さゆの、「ひどくないですか?この話」というのは、二つ意味が込められていますよね。まず、@話の内容自体がひどい。妹がせっかく友達から貰ったキーホルダーをあっさりなくすとか、ひどすぎる。信じられない。もうひとつは、Aこんな、特に可愛くもなく、しみじみしている訳でもなく、オチすらない話を、ラジオでわざわざすることが、ひどい。ラジオのプロとして一言苦言を呈しておきたい、と。
 さゆ、ごもっとも。
 でも、さゆは、分かってるんです。
 絵里のこういうワケ分かんない話は、超絶的に可愛いんだ、ということを。
 だから、さゆのツッコミには、ちょっとだけ嫉妬も込められているんだ、ということにしてください。

 番組の最後、曲(『元気+』)の前に、モーニング娘。の近況。中国からの留学生メンバーに会ったか、という話。会ったけど、日本語を喋れないので、通訳さんを通しての会話だった、と。ま、深い話はなかったです。

2007/03/07(水)
■2007.02.13 ON8 吉澤・亀井・道重・(メッセージ:中澤)★さゆえりは癒し系、穴空きジャージ、バレンタイン告白大作戦

 MCによれば「永遠にハロプロ贔屓」の bayfm ON8 に、この強力な三人衆が登場。新曲『笑顔YESヌード』のプロモーションです。
 本来は光井愛佳出演の予定が、インフルエンザでドクターストップ。ということで、急遽ピンチバッターに我らがえりりん登板です!
 しかし代打のくせに、大活躍のキャメイさん。あなた、あぶさんですか?

 ■新メンバー光井の印象は?
 ということで、よっすが「こんこんに並ぶ頭のよさ」だというと、えりりんが「こないだ古墳を教えてもらった」と言い出す。さゆによれば、みんなで「あのカギの形のお墓なんだっけ」と喋っていて、さゆえりが「サコツじゃない?」とか言ってると、横から光井ちゃんが「古墳ですよ」と教えてくれた、と。(関西は身近なところに古墳があるからね。山口県や荒川区には古墳ないもんね)
 それより、どこをどう押したら「サコツ」という言葉が出てくるのか、おじさんはそれが不思議です(笑)
 ・よっすぃーから、光井はコントやれる、とお墨付きが(笑)

 ■そして、今日の三人は加入当時どんなだった? という話題に。
 @ 吉澤さんは、加入当時「天才的に可愛いと言われてた」と。
 そこで、えりりん「言われてたー!」思い切り過去形で。つい吉澤さんが不機嫌に「いわれてた?(笑)
 そこで、えりりんが改めて「リーダーは天才的に可愛いんです」と現在形でフォロー。そのわざとらしい言い繕いが、えりりん流で、可愛い。
 A さゆは「可愛い担当。新人には負けていられない」と、可愛い担当を死守する構え。
 B では、亀井ちゃんの役割は?
 「えーとぉ、そうですね、あの、元わたしキモキャラだったんですよ、意外と、こう見えても。」(「意外と」に、普通にみればそうは見えないはずですよ、という気概が感じられます)「こう見えても。なんで、今は現キモキャワキャラに変ったかな、と」
 「キャワ(=可愛い)」が増えましたよ、と自信を見せます。ということは、さゆみんの領域を侵害する、ということで、さゆみんが警戒心を見せますが…いや…アイドル集団で一人だけが「可愛い担当」とか、それがそもそもオカシイっつうんですよ(笑)。
 ここで、リーダーが、「亀井ちゃんはテキトー担当です」と言い出す。MC「それはよっしーの後を継ぐような?」と言うと、「いや、あたしのテキトーとはちょっと違います。ほんとにテキトーなんです。高田純次さんかっ? っていうぐらいテキトーなんです」
 スタジオが笑いに包まれる中、えりりんが「ひどいですよー」と、か弱く抗議。でも、憎めない、愛されるテキトーさ、と、まとめてもらって、「よかった♪」と、一安心。

 ■吉澤さんは二人を見ていて心細いか? という話題。
 よっす「心細いですけど、ちょっと癒されます」
 えりりん「やったぁ♪」←超可愛い妹キャラ
 さゆみん「癒し系なんですよ、わたしたち」←自慢気(笑)
 よっす「ってゆーと調子に乗るんで、あんまり言いたくないんですけど」
 えりりん「でも吉澤さんは、ほんとに、も、顔で分かるんですよ。あ、いま、絵里とさゆに癒されたな、っていうのが」
 さゆみん「分かる分かる分かる!」
 よっす「うわっ。ムカツクー。もう絶対出さないわ。ムカツクー!」
 …楽屋なんかでも、さゆえりが延々とアホアホトークを繰り広げてて、それを見て、よっすが癒されている図。いいよなあ。

 新曲『笑顔YESヌード』を挿み。
 よっすが最近鍋にハマッてて、朝からお鍋をする、という話を挿み。
 ■三人の新人時代の失敗談。
 @ 吉澤さんは、遅刻。何度も遅刻した、あの恐い諸先輩がいるなかで。で、まず言い訳を考えた。でもバレて怒られた。18時を午後8時のことだと思ってて、2時間とか遅刻していた(笑)
 A さゆは、『シャボン玉』の歌収録本番で、「マイクをぶっとばした」という定番の話題。ぶっ飛ばしたあと無表情になってた。後から聞いたら、実は石川さんに当たってた。でも、謝っていない。
 B そして! えりりんの失敗談とは?
 「わたしはあの、ほんとにこれは光井ちゃんに是非教えてあげたいことなんですけど、あのぉ、穴開きジャージだけは、も、絶対に使用しないほうがいい、ってことなんですけど。これを、あの、リハーサルのときに、レッスンとかのときに穴を開いているジャージを使用してったら、そこからビンボーキャラがついて、幸薄いキャラがついちゃったんですよ。」
 そこで、よっすが、わたしは別に穴開きでもいいと思うけど、とフォロー。(よっすも、頭がプリンでも気にしないで、マネージャーさんに美容院に強制連行される人だもんね。)
 「や、吉澤さんは! ……」と、ここで、ビミョーな空白が。(「だって吉澤さんは、ガサツな人だから」と言おうとして、やめて言い直したのだろうか?)「吉澤さんは、そういうふうに結構言ってくれる人なんですよ。でも、(そうなんですよ)、その他が、も、みんな、『ナニ亀井それェ!?』みたいな感じでぇ」
 さゆみん「さゆみ、だって靴下とか一杯あげてますもん」
 よっす「わたしもジャージあげたことある、亀ちゃんに。だから、亀ちゃんほらジャージだよ、みたいな」
 さゆみん「はい、靴下買ってきたよ、みたいな」
 えりりん「そーそー、それでなんか、恵んでくれるようになってぇ(笑)、なんか、嬉しいんだけど虚しい、みたいな感じで」
 MC「可哀想キャラみたいになってるね」(…シンデレラとかね(笑))
 えりりん「そうなんですよ、だから、これは光井ちゃんに、ちゃんと教えてあげないとな、と思いました」…あのー、大丈夫、普通の人は穴開きジャージとか履いてこないですから(笑)
 にしても、日本を代表するアイドルである長女が、職場に穴開きジャージやら穴開き靴下やら片びっこ靴下を履いて行っても無頓着という、大らかな? 気取らない? ズボラな?母さんは面白いと思います。この母にしてこの娘あり、って感じですよね。

 ここで、『ミスムン』を挿んで。
 ■バレンタインデーの話。
 吉澤、藤本以外のメンバーはみんなチョコを持ってきて交換している。二人が参加しないのは、めんどくさいから(笑)
 でも、一回、よっすがチョコを作ってきたことがあるという。全員分を、漬け物が入れてあるようなタッパーに入れて持ってきて、みんなに、食べてー、と。さすがよっす。男前です。
 ・ここで番組から、三人にチョコをプレゼント。チョコに「from Hitomi」とか「from Sayumi」とか書いてある。でも、えりりんは代打なので、チョコの準備なし(涙)(えりりんはちゃんと事情が分かるのでムクレたりしません。が、さゆなら大袈裟に「わたしのないんですかあ? しくしく」とか言って可愛さをアピールするところかも?)
 そして本日のメイン企画。
 ■三人に理想の告白シチュエーションで告白してもらう。
 @まずはよっす。部活終わりに「ちょ!ちょ!ちょ!ちょっ!! これっ! チョコ。あげる」ぶっきらぼうに渡してテレ隠しする感じがよっすらしくて、好印象。
 A次にさゆみん。友達にチョコを持たされて、無理矢理好きな人の前に押し出されて告白。「す……すすすすす…す、すき焼き!少女マンガかよ、と言われちゃいますが、30年ぐらい前のマンガでしょうか(笑)あるいは、初Hを前に、避妊具を買おうと、覚悟を決めて薬局に行ったものの「コ……ココココ…コン、コンタックください!」みたいな?←お下品
 B最後は、我らのえりりん!
 凝りに凝ったネタを仕込んできましたよ、えりりん。代打だというのに、いい仕事しちゃいますよ?
 告白相手の彼には、あえて夜8時くらいに学校に来てもらう。しかも、彼にお願い事をする。絵里「はい、あのー、肝だめししてきてー、って頼んで、あの教室からぁ、アレェ持ってきて、みたいな。」そうして、「わたしが先回りして、ゴールにわたしがチョコを持って待ってます」で、ゴールしてきた彼に告白。「ゴールおめでとう! でも、わたしたちの恋もスタートさせたい!」←超純情路線のえりりん節大炸裂!!
 他の二人がドン引き(笑)
 さゆ「やだぁー! やだやだやだ!」
 よっす「何ソレ!? これについて来てくれる男の人、いない!」と、ツッコまれ放題(笑)
 絵里「いるよー」
 さゆ「寒い寒い」
 絵里「いや、絶対、今、参考にされた気がする」
 さゆ「却下だよ却下」
 よっす「夢見てるねー。マンガ読みすぎだよ」
 ……ま。たしかに、これを参考にして実行する人は、よっぽどアレな人だ(笑)
 でもね、冷静に考えてみて。一番素直に、ストレートに、正統派の告白をしているのは絵里なんですよ。たしかに、よっすやさゆのように、照れたり、はぐらかしたりするほうが現代日本の若者の精神風俗を適切に反映しています。そして、正統派の告白は、古い、ださい、キモい、寒いと言われちゃうような時代です。しかし、現代の若者の精神状況と絵里とどっちが正しい、っつったら、ほんとは絵里のほうが正しいんですよ。まさに正統派美少女ですよ。でも、結果キモいと言われてしまう。生まれて来た時代を間違えたかもね、絵里。(ああ18年ぐらい前に北海道で生まれててくれれば今頃は…あ…そしたら絵里がモーニング娘。に入れないから、それも困るな)

 ★ここまで、聴いて来て、一つだけ確実に言えること。
 それは、えりりんは、@ホップ(よっす)、Aステップ(さゆ)、Bジャンプ(絵里)の、ジャンプの役、三段オチのオチ担当、ボケ担当、ツッコまれ役担当だということ。美味しいところは全部持っていきますよ、ぐらいな感じで(笑)
 ■三人による「YES」
 ここまで、番組の区切り区切りで、@よっす(三輪明宏のモノマネ)、Aさゆ(ピンクに包まれた感じ)、とメンバーが「YES」を言って来てまして。
 B最後は真打えりりんの登場。お題は、「誰よりも色っぽく」。
 えりりん、「任せて下さい。」と自信満々な感じです。さあ、やらかしちゃってください!
 絵里YES!……アレ? オチは? 純粋に萌え萌えなんですけど? ま、色っぽいというより、超キャワでしたけど。ま、お笑い担当でも萌え担当でも何でもこい、なところが絵里っぽさ、ですよね。

 ■最後に、もうすぐ卒業のよっすに中澤裕子さんからメッセージが。裕ちゃんは、よっすのことを「寡黙な美少女」と言うイメージだったと。「今でもそうです」、と。今でもって言うのは、ちょっとどうなのか、と思いますが(笑)。
 でも、裕ちゃんは、表面的にじゃなく、人の本質を見る人だからね。
 それに対して、よっす。今でも中澤さんに会うと、「あ、恐縮です」とか、言ってしまう。4期の他の三人のように、「おばちゃーん!」とか「三十路ぃ」とか言えない。絶対無理だ、と。その、人に甘えるのが苦手なところが、よっすらしくて。はい。

 ■結論:えりりんが可愛い

ノノ*^ー^)<いつも同じ結論で、新鮮味に欠けますよね。

 06.12.17『朝までハロプロやねん4!』出演:新垣里沙、亀井絵里、道重さゆみ

 06.12.17『朝までハロプロやねん4!』も最高の萌え番組でした。とりあえず前半について、簡単に記録。
 ・オープニング。『朝まで』シリーズに四回連続出演の亀井絵里はベテランだという話で。そこで、今日の回し役は誰に?
 さゆ「ベテランの絵里に任せよう」
 絵里「回し役とベテランは意味が違う」その通り。
 でも、根拠がない、と言われてしまうえりりん。亀井絵里の話には根拠がない、話が噛み合わない、というのが、定説として定着しちゃっている様子。
 ・打ち合わせ中に、飴をガサガサガサガサ!していた、とさゆに暴露されたえりりん。
 絵里「ベテランの余裕ですよ」と、俄然強めな発言をするも、スタッフの言ったことを鸚鵡返ししただけでした(笑)。

 ☆3人の服装について
 ・ガキさんのネックレスの話! 絵里とお揃い。絵里が誕生日にプレゼントしてくれた。
 事前に、亀は「ガキさん、今回は、ほんとに絵里も欲しいの買ったんですよ。まだ絵里は買ってないんですけど、ちょっと欲しいんですよねー。ほんと可愛いんですよねー、ちょっと楽しみにしててください」とか言っていた。
 そして、誕生日になりました。
 箱を渡す時に、亀、「ガキさん、これです、これ」、と自分の胸元を指差す! 先につけないで! 今言わないで!というガキさんの叫びが、ステキすぎ(笑)
 一緒に買いに行ったさゆによれば、絵里「これどうしよう、どうしよう」「絵里に買うか、新垣さんに買うか、悩んでるんです」面白すぎ。絵里はほんとにリアルで普通な女の子。モーニング娘。の理想型の一つですよね。
 さゆがネックレスについて「今日の服装に似合ってますね」とまとめにはいる。
 と、亀が突然すごい。お目が高い。とちょっとズレたコメントを。これが、ネタとして定着、番組を貫くライトモティーフとなります(笑)。
 ・絵里の服装のコンセプトは? 「下町のお嬢様みたいな」←絵里そのままってことだね。
 最近は、ギャルに憧れるのを卒業して、お嬢様風を目指しているえりりんなのでした。
 ・絵里のファッションに感想を言ったさゆ「↑ピ↓アノ」というイントネーション。山口なまりが可愛い。
 ・さゆの三つ編みについて。
 ガキさん「さゆは器用なんだよね」
 亀困りますよね器用じゃない自分の器用じゃなさが目立つから!

 ・モーニングの部屋SP。今週のハローちゃんを当てる企画。
 そこでガキさんが引くと、自分が出る。
 絵里「ここで来るのぉ、みたいな」
 里沙「(二人のリアクションが)この前と違いすぎる。(注:前回のハローちゃんはさゆみん)この前は、可愛いですよねぇ♪ から始まったのに、何よちょっと」←ここでオヤッ。
 絵里「亀も、ちょっと帰っていいですか?」←ここで判明。この甘えップリが、妹キャラの神髄

 絵里「いや、可愛いよ」←気のない口調(笑)
 里沙「また心にもないことを」←これで確定ですよね。
 ちなみに、
 里沙「氷が好きなのよ、多分この子は」 神奈川県人の特徴なのだろうか?
 途中から、さゆが暴走開始!
 さゆ「新垣さんに似てる」
 里沙「それ言われたのは初めて。似てるとかは言われないからね」
 さゆ「詳しすぎませんか、この子に対して?」
 さゆ「自分のことのようですね」
 里沙「”この子の一番可愛いところはどこですか”なんでわたしに訊くんですか?」……
 結局最後は、ガキさんが「この子は眉毛」と認めてしまいました。

・2006年総決算、わたしの10大ニュース
 亀井絵里の第3位、『17歳』発売。
 2位、ゲームにハマった。朝起きたらまずゲーム(若いなあ…)いつでも充電。みんなと話が合うようになった。
 1位「がぜん強め」が流行語大賞に選ばれなかったこと!

☆モーニング3分間クッキング
 ガキさん「亀が今、お腹鳴りました。」
 ・絵里「亀はねえ、料理は得意かといったら得意じゃないけど、いっこ得意な料理があって、ハンバーグは、もう極めるところまで極めたので得意なんですよぉ。」「ソースまで作ったの、ちょおおおおおお美味しいよ。」
 でも裏話で、作るまでに、小麦粉とパン粉を間違えた(7回目まで)と判明。
 ・新垣里沙、料理をよくする!
 特に一番お薦めなのは、山芋の料理! これは、マジで美味しそう!
 ・手作りの料理、お母さんの家庭の味、料理をしてくれるお母さんの有り難みという話でしんみりと盛り上がっている時に、突如!
 絵里「でも、亀今ねえ、おうちに帰ったらねえ、お母さんの料理じゃなくてピザが食べたい! 宅配のピザが食べたーい!」←空気読め(笑) でも、その後ピザ食べたい話で3人は大盛り上がり(笑)
 絵里「今、机広いじゃないですか、ここにピザとかこう、まん中にケーキ置いて、食べながら喋る!みたいな」
 ガキさん「そんなことしたら亀絶対喋りませんよ」面白すぎる。

 ・おでんの好きな具は?  亀井絵里は、こんぶ。さゆは、こんにゃく。ガキさん、大根。みんなおやじくさい(笑)
 ・絵里「絵里ホントね、マイクにお腹の音がはいんじゃないかってぐらい、さっきからずっと鳴ってるんですよ」 こういうちょっとハシタナイようなことを言えちゃうところがよい。靴下に穴があいている&片方づつ違う靴下を平気で履いている、とか。そういうところもモーニング娘。らしさというものを、よーく理解したうえでの発言だと思う。

 ・さゆの10大ニュースで、卵掛けご飯を初めて食べた。という話題に。
 絵里「今度は絶対もう、納豆とぉ、卵とぉ、ご飯食べてみて。ほんと美味しいから。で青海苔とか掛けちゃってみて。ほんと美味しいから。もう、小さな幸せだよこれ」 スペシャルな情報を教えてあげるよ! という、自慢気な口調が可愛い(笑)。ほんとに子供みたいだ。
 (あと、どうでもいいですが、えりりんの喋りは早口な上に滑舌が悪いので、書き起こしがしづらいです!)

 ・「赤いフリージア」の曲紹介。6期オーデの思い出話に。
 里沙「あの時の可愛かった二人が…」
 さゆ「今も可愛いんですけどね!」
 里沙「え? あぁ…うんうん」←ガキさん最高。

 ・第4回モーニング娘。選手権、次のリーダーは私だ!
 最初から絵里を勝たせようと、二人が譲る雰囲気。しかし、それに応えられないのが、全然応えられないのが ノノ*^ー^) なんですね!

 さゆ「亀井さんは4回目こそ、頑張ってくださいね!」
 絵里「これはねぇ、ほんと運だよ運。その時の問題によるんだよ」
 ……ハナっから、勝ちに行こうという気力が…あーあ。
 さゆ「問題! ナゾナゾです!」
 里沙「ナゾナゾかー」
 絵里「きらーい…ナゾナゾ超苦手」
 さゆグダグダ言わない!←さすがさゆ。ビシっとしめてます
 絵里「もう手厳しいよ」あなたは手ぬるすぎます!
 そして、出題するさゆが超楽しそう!
 さゆ「これ、答え知ってると楽しいね。それから二人がすごいバカに見える。まあ、自分が実際出されたら分かんないんだけどね」

 ガキさんの出題は、「美勇伝の部屋」からの問題。
 美勇伝がハローちゃんについて喋っている。ハローちゃんは実は絵里で、えりりんの色々な特徴が暴露される貴重な会話となっています。
 いわく、「どんくさそうに思えてて、意外と脚が速い」「結構ボケてる」「会話が成り立たない」そして、三好さんが語るのは、「いつも笑ってて、妹にしたいタイプ」そこで、すかさずさゆが! 「妹にはしたくないなーさゆみぃ! 絶対したくなぁい!」さすがです。その躊躇ないリアクション! 最高です。他に、特徴としては、「喋るのが速い」「滑舌があまりよろしくない」……ここまでヒントが出揃っていて(最大のヒントは無論さゆの反応)、それでもなお正解できないのが、我らがえりりんなんですねえ(笑)。
 ハローちゃんが自分だと知った絵里「待ってよ、美勇伝さー(不満げ)……あとでメールしとこ」
 里沙「メールするんだ(笑)」
 さゆ「あのね、批判できないぐらい当たってたよみんな」
 シゲさんのおっしゃるとおりでございます。

 ・ニンニクを巡るストーリー
  ガキさん、「ガーリックって、お口がガーリックになっちゃう。その日は亀と思いっきり食べちゃって、次の日、匂いに敏感なミキティから、クサぃ! も、早く飲んで、あの臭い消すヤツ!みたいな。すいません!みたいな。」

 ・チョウチョウと蛾は何が違うか?
 亀井絵里の答え 「キレイ系か、ちょっとアレ系

 絵里が出題者のときに、二人の得点を決める場面になって。
 絵里「ちょっと点数の紙、見してぇ」
 さゆね、絵里だけだよ、点数をね、ちゃんとね、自分でメモってない人。ちゃんとね、みんなね、メモってるんだよ点数 そりゃもう、絵里の得意技は「まかせっぱ」ですから!

お部屋の掃除をサボってて
なんとなくママにまかせっぱ
大事にしてたドライフラワー
燃えるごみになってた
「お母さんは知りません」
モーニング娘。『女子かしまし物語3』より 亀井絵里のソロパート

 この調子では、ドライフラワーだけでなく、何もかもが燃えるゴミにされてしまいそうな勢いの亀井絵里なのでした(笑)。

 ・最後、ガキさんがリードして終わりそうなので、一発逆転チャンスということで、得点を50点に。でも、それも先発のガキさんが得点してしまい……残りの二人は、得点を100点に(なんだよ、そのエコヒイキなルール変更は?)。どこまでも亀井絵里を勝たせようとするさゆ。そして、予定通り、さゆが達磨落としに失敗。あとは、えりりんが自力で得点してくれれば、目論見どおり、優勝させることが出来るのですが……………………ご存じの通り………………そこで期待に応えないのが我らがえりりんなワケで…。
 絵里の課題は「モノマネ」
 絵里「ァあんぱんまん…ふぁっはっははははは」 ジャムおじさんのモノマネ……ネタが寒い。さゆからお情けで50点もらうも、優勝はガキさんに。あーあ。

・新垣里沙の10大ニュース
 第3位、本を読んだ。太い本を。太いって?
 第2位、モーニング娘。9年連続紅白歌合戦出場。
 第1位、亀とさゆみんと絶叫マシンに一杯乗りました。
 3人の友情を大切にするガキさんの気持ちに感動。さすが、新垣里沙は5期メンバーで、お姉さんなんだよね。なんだかんだ言っても。

ノノ*^ー^)<ほら。今回も運がなかっただけだから。実力とかじゃないから。

オマケ 《キノコと山芋のマスタードソース、”新垣家風”》

■ガキさんが言っていた、山芋を丸く切り、キノコ系を炒めて、山芋はシャキっとしているのが美味しいから、最後にマスタードソースと一緒に絡める。という料理を、自分なりに再現してみました。これは、まあ、フレンチ(南仏風?)に類する料理と言えると思います。

T 材料
 (マスタードソース) 白ワイン、水 各カップ1/2。粒マスタード、大さじ4、塩、胡椒。(本来バターを使うが、省略)
 (キノコ系) シイタケ、シメジ、エリンギなど適宜(一人前100g弱) 食べやすい大きさに切る。あらかじめ、塩胡椒とオリーブオイルを振っておく。
 (山芋) 1.5cmぐらいの厚みに切り皮を剥く。直径が小さければ、一人二個で。
 (他) ニンニクのみじん切り パセリのみじん切り トースト

U 工程
1、マスタードソースを作る
 ・白ワイン(今回は白ワインビネガーで作った)を半量になるまで煮詰める。水を加え、粒マスタードを入れて軽く煮る。塩胡椒で味を調える。

2、キノコと山芋を炒める。
 ・ニンニクのみじん切りをエクストラヴァージンオリーブオイルで温め、香りを出す。
 ・その油でキノコを炒める。半分火が通った時点で、輪切りの山芋を入れて焼く。両面を焼いて、パセリのみじん切りを振り、マスタードソース大さじ3程度を絡める。
 ・皿に山芋を置き、その上にキノコを乗せる。周りにマスタードソースを流す。トーストを添えて供する。

 完成品はこうなりました。

キノコと山芋のマスタードソース、”新垣家風”
《キノコと山芋のマスタードソース、”新垣家風”》
調理担当:痛井ッ亭。

 炒める油に、アンチョビかベーコンを加える手もありますが、ニンニクだけでも十分コクが出ます。ニンニクも少なめがいい感じ。
 これは、すんごい美味しかったです。ガキさんが、言うとおり、山芋のシャッキリ感も残せて、初めてにしては上出来でした(笑)。
 これは、ヘルシーで、美味しくて、ダイエットにもぴったりの料理ですね。
 新垣さんのお母さんの、娘を思う愛情が現れている料理だと思います。
 だからといって、「お母さんの料理よりピザが食べたい」と言われちゃう、えりりんのお母さんに愛情が足りないとは言いませんよ?
 そういえば、紺野家のごちそう、家庭の味は、いも類か、あとは、ザンギか、ザンギか、ザンギか、ザンギ。って感じでしたよね。

川o・-・)<ザンギ、超やばーい♪

 06.12.15『ハロプロやねん!』出演:新垣里沙、亀井絵里、道重さゆみ

 亀井絵里の妹力とおとぼけパワーが炸裂した番組でした。その可愛らしさについて、ポイントだけ箇条書きで。

 ・出演が去年の6月以来のガキさん。軽く忘れてる、番組を(さゆは先月、亀は6月に出ている)。
 そこで、絵里「さゆがいれば大丈夫」
 里沙「亀は何もしてくれないの?」
 絵里「亀はぁ…さゆみん任せっきり、みたいな」 ←のっけから妹キャラ爆発

 ・「新垣里沙さんは6期教育係として有名ですが……」という投稿があり……。
 里沙「わたし、6期教育してないですよ?」
 さゆ「教育されたからこうなっちゃったんですよ」 ←自覚あり(笑)
 絵里「そうですよ。ガキさんが教育係だったら、多分わたしたち掛け算とかも出来なかったような感じに…」 ←それは、結局、教育はされなかったということで、話の流れがさゆと逆です。けど可愛いので問題なし(笑)

・ハロプロNo1の新しい物好きの人は? というお題で。
 8人でコンビニに行くと、すごい買ってるのは愛ちゃん。
 買物袋がパンパン。
 絵里「スーパーの買い物だよねアレ」
 さゆ「コンビニでちょっと買うっていう可愛いモンじゃない」
 さんざんな言いようです(笑)。愛ちゃんは翌朝その袋を持ってホテルから出てくる、と。買い過ぎ。ってか、新しい物好き、という話じゃなかったっけ?

 ・サンタさんが来たかという話題。
 絵里「サンタさん? 来たか、ってですか? そりゃ来ましたよ。寝てる時に来てぇ、でなんか、あのー、トナカイの脚を見た。自分でも嘘かほんとかわかんないんですけど。夢じゃないんだねえ、これは。」
 友達の話か、自分で見たか、それすら記憶が薄い。でも見た気がする。とのこと。

 ・さゆの発言「カードを繰る(くる)」について。山口の方言ということになっていたけど、これは「カードを切る」の方言ではなく、「カードをめくる」という意味の普通の日本語だと思う。ま、あまり若い人が使う表現ではないという意味では、地方性のある表現なのかも。

 そして、この日のメインディッシュが来ましたよ!
 ・お題は『喧嘩した時、自分から謝るか? 謝らないか?』
 ・ガキさん、妹の文化祭に「お姉ちゃん行くから」と言ったら、妹に「いや、ほんと無理だから無理だから」と言われ、ちょっとブスくれた。
 結局は来ていいよ、と言ってくれたので、行ったら、「え、やっぱ来たの。むこう行って、シッシッ」という扱いをされた。お年頃なので恥ずかしいのでしょう。
 絵里「切ないよー、わたしだったら、泣く。」←超、妹♪
 里沙「切なかったの。ほんとにブスくれた、久しぶりに」
 でも、ガキさんは、うち帰ってからは、行っちゃってごめんねー、と謝った。
 さゆ「お姉さんらしいですね、自分から明るく振る舞えるところが。優しいー。だってえりだったらムリでしょ? 自分から言わないでしょ?」  さー、ここから、亀井絵里劇場のはじまりはじまり。さゆナイスな振り。GJ!
 亀井絵里「ちょっと待って! 絶対、絵里ね、絵里の話でると思ったんだけど。絵里は、ここは正直に言う。相手によるんですよ。相手がどう出るか。相手が謝ってきたら、もちろん謝るし、相手がまだなんかフンっつったら、こっちもフン」
 里沙「あー、じゃ自分からは謝らないと?」
 さゆ「いかないんじゃん、結局は」
 絵里「アヤマラナイー」←この言い方可愛い
 さゆ「可愛い♪」
 絵里「だって聞いてください、なんか。例えば、クッキーとかを兄弟で食べるとするじゃないですか? で、最後一枚残るじゃないですか? もうなんかやっぱ。そういう宿命になってるじゃないですか? なんか、人生って。一枚残るじゃないですか? したら普通は、お姉ちゃんが妹に譲るじゃないですか。絵里んちは違うんですよ。妹が「お姉ちゃんいいよー!」って言って、絵里も普通だったら「いいよいいよー」じゃないですか。「お姉ちゃんいいよー!」っつって、「うそぉ!」って普通に貰うんですよ。(ガキさん:「あー逆転なんだ」)絵里ね、ほんとに、昔までは、今より昔は、ほんとに、あのーお姉ちゃんが取るもんだと思ってたんですよ、最後の一個。で、絵里も何故か知らないけど、なんか、妹がなんかこう譲るようになってきて、それで「え、そういうもんなの?」と思って、じゃ、じゃあ絵里も「いいよいいよー」みたいな感じで、最近は、こう気を遣うようになってきたんですけど」
 里沙「あそう。大人になったね」
 絵里「なったのよー、わたし。でも昔はほんとに、最後の一個は、絶対絵里が食べたかった。」
 さゆ「昔ってゆうか、でもさゆみはその現場を結構最近見た事あるからー。結構最近でしょ? そうなってきたの。譲り合うことになったの」←凄まじい破壊力の暴露
 絵里「最近よくさゆに、成長したね、とか言われるんですよ。も、ちょっとー、どうしよう」←どうしよう、の言い方が可愛い
 さゆ「成長したと思う。いっこ下のさゆみがゆうのもアレですけど」
 里沙「でもね、ほんとねー、かめとさゆみを見てると、今も見てると、どっちが年上か分かんない」
 絵里「なーんでぇぇぇ?」
 里沙「さゆみんがほんとにお姉さんなのよ」
 (……中略……)
 絵里「困ったな…どうしよ」
 (中略)
 さゆ「さゆみと新垣さんがすごく上で、絵里がすごく下な感じがする」
 絵里「え、いくつぐらい? ちょっとでしょ?」
 さゆ「三四こ。」
 絵里「うーそー! やーだー! やーだーよー!」←だだっ子みたいで可愛い。

 ……かくして、えりりんは、自分が本質的に「妹」であることを、自白してしまったのでした。
 おまけに、喧嘩をしないというさゆに対して「ダメだよしなきゃ! だめだよ、してぇ、兄弟愛が生まれるんだって」根拠もなく、兄弟げんかを強要するえりりんが、最強に可愛いのでした。

 最後に投稿者の年齢に触れて、絵里「大人じゃないですかぁ? じゃあ、絶対大丈夫ですって」と、お題と関係ない結論を出して、自分の「適当さ」を出してしまうえりりんでした。おとぼけパワー全開。あー、可愛い。

■亀井絵里 on RADIO! 06.12.15『ハロプロやねん!』の追加分
 ・モーニングの部屋のコーナー。今週のハローちゃんについて話し、誰かをリスナーに当ててもらう。
 今回、実は、ハローちゃんは、あの方。
 さゆ「いいねえー、来たねー、基本的に可愛いよね、この方」
 絵里「基本ん? たまにじゃなくて?」  さゆ「さゆみね、この子すごい好きなんですよ」←ここで、丸分かり(笑)
 絵里「ご飯とかよく食べに行くんですよ。この写真の方と。なんか、お肉の脂ばっか食べるんですよ。一緒にいて、なんかもうほんとに見ててつらい、みたいな。脂しか食べないんですよ」
 さゆ「そういうとこも可愛くないですか。なんか、この子だから許せる、みたいな」
 ……さすがさゆ。面白い。
 里沙「なんかねえ独特な、ボケでもありつつ、独特なツッコミみたいな」
 さゆ「とりあえず、最終的には、可愛い!
 みなさん、わかりましたか? というさゆに、
 絵里「大分かりですよ、もう。はい。こっちは不愉快ですよ」
 里沙「こちら側的には?(笑)」
 ……この3人、ほんとに仲がよくて、いい感じ。

2006.12.14 bayfm78「ON8スペシャル」(出演:吉澤・亀井)

 えりりんの可愛らしさについてのみ、覚書的に。
 【自己紹介】は、「モーニング娘。一可愛い亀井絵里」。吉澤さんが「キレイ」だから、自分は「可愛い」で。棲み分けしてます。その奥ゆかしさ。
 【もうすぐクリスマス、プレゼントにほしいもの】
 吉澤リーダーは、シンデレラに出てくるような「ガラスの靴」が欲しい、と。そういう特別な存在しか履けない靴を履いて、古城的なお城にいたい、と。そこで、MCが「よっしー、似合いそうだからね、亀井サンタっ?」と突然えりりんに話を振ります。
 えりりん、「…あー、もー、はい」まったく聞いてませんでした。
 MC「あー、そんなことなかった…」
 えりりん「違う違う…わたし何が欲しいかなって」
 MC「もう自分のこと考えてたから」
 吉澤「こーゆーヤツですから」
 えりりん「違うよ! 違う」
 ということで、いつものごとく亀井絵里は人の話を聞かないテキトーなヤツ、ということに。
 しかし。
 これは、MCが悪い。
 えりりんは、真面目なうえに、すぐイッパイイッパイになっちゃうクセがある人なので、自分がコメントする前には、しっかり自分の発言をまとめて、準備をしておきたいのだ。
 まさに準備中、お取り込み中だったのだ。そこで突然話をふられても困るのだ。
 テメー俺のえりりんを困らせるような、イレギュラーなフリを入れるんじゃねえ、MCのばーかばーかばーか!
 で、えりりんは何が欲しいかというと。
 「おっきいケーキ」がほしい。「一周するのに大変なくらいの」でました、夢見る乙女。
 ここで、番組からもうすぐ誕生日のえりりんにプレゼントが。ということで、目の前に大きな箱が登場。MC「開けてみてください」
 えりりん「え? 大丈夫ですか?」←脅えてます。
 えりりん「何? えええ? 待ってぇ、ホントに恐くないですか??」←脅えまくりです。
 ケーキの箱にも脅える、びびりん(笑)
 ここが、この番組最大の萌えポイント、かな?
 出てきたケーキ(金魚鉢の中に作られた、亀が泳いでいるように見えるケーキ)に喜んで、「食べる前にケータイで写真撮ります」と言うえりりん。何か記憶に残しておきたいことは、とりあえず、ケータイで撮影しておくところが現代っ子。
【どんな大人になりたいか】
 えりりんは、それをよく聞かれて、いつも「料理が出来る人」と答えてきたが、実践できていない。なので、本当に料理のできる人になりたい。お母さんから教えてもらって、ちょっとやりたい。とのこと。(その後「ハロいぱ」でも、料理を頑張っているような話をしていましたね、うん、有言実行)
 そこで、リーダーが鋭いツッコミを、「亀ちゃんは、ほんとに基本が分かってない」と。「パン粉と小麦粉の区別もついてない」と。で、メンバーから、「ありえないよ!」と言われていると暴露。そのあと、ハンバーグを作るのに、7回、パン粉と小麦粉を間違えていた、という話を披露。
 【「こたつの歌 jyuken story」の紹介】
 えりりんが、超絶的に可愛い声で、「二人の時は すっごく捗ったもん」と歌詞を朗読。こういうキャワイイ科白を照れずに言えるところが素晴らしい。さゆとは、違う方向性で、自分こそは「可愛い担当だ」という自負が絵里にはあるはず。さゆやれいながこういうセリフを言えば、嘘臭いわざとらしさに逃避するし、藤本さんなら照れて悶絶しちゃうし、石川さんなら寒くなっちゃうし、吉澤さんは三輪明宏か頑固一徹になっちゃうし……ということで、キャワイイ科白をキャワイイ声で照れも隠れもせずにやり切れるのは、実はえりりんだけなのだ。そう決めた。今決めた。
 【サンタになって可愛い声のプレゼント】
 キャメイサンタは「得意なコロ助の声」で(「得意じゃないです」と否定)、「明日もお仕事頑張るなりよー、絵里は応援してるなりよー」と言い、おまけに、同じ声で、「♪はじめてのチュー 君とチュー♪」と主題歌を披露。「後ろからどつきたい感じ」とか、「似てないけど可愛いから許す」とか言われます。
 「優しい声で」というリクエストに答えて、「おっきいケーキが食べたいの」と言います……この優しさの表現は、あまりにも高度すぎて、反応が今一つでした。放っておいても優しいえりりんが、さらに「優しく」を意識すると、人知を超越した優しさが表現されてしまうのでした。
 【今年ハッピーだったこと】
 お母さんとモツ鍋を食べに行った。カウンターに並んで食べたのが新鮮で、いろんな話をして嬉しかった、と。「語った」と。麗しき親子愛です。
 モーニング娘。としては、ミュージカルが終わったあとの達成感が印象に残っている、とのこと。
 【来年の抱負】
 えりりん「わたしも来年はついに18歳、大人の仲間入りなので、あの、人の話をちゃんと聞いて、少しづつしっかりしていきたいと思います」
 吉澤「それ18歳じゃなくてもそうしてください、亀井さん」
 えりりん「はいリーダー(笑)」
 よっすの運動神経抜群の素早いツッコミが心地よかったです。

2007/03/04(日)no.2
■亀井絵里のラジオ! 書き起こし!! ん!?

 ノノ*^ー^)<え?
 ほんとですか?
 ほんとに大丈夫だと思います?
 いやもう、マジで絵里、無理ですってぇ!
 もうイッパイイッパイ…って、アレ?
 もう流れてるんですか!?
 あ。
 どぉ〜〜〜もぉ〜〜〜〜♪
 リスナーのみなさんもそう思いますよねぇ?
 絵里が一人で2時間喋る…しかも生ですよ生!
 要冷蔵…じゃない。
 とにかく生放送とか、ありえないですって。
 え…じゃあ辞めろ?
 やめない! やめないですよぉ。
 この、絵里のイッパイイッパイぶりをですねぇ、
 全国の皆様に、お届けしちゃおっかなぁ、と。はい。
 …え? もうそろそろタイトルコール行け、と?
 いやだ。 ふにゃはは。嘘うそ。
 やりますよー……致し方ない…。
 はい。記念すべき最初のタイトルコール行きますよ!
 モーニング娘。亀井絵里のオールナイトニッポンすぅ〜〜〜ぱぁ〜〜〜〜♪ (音楽はじまる)
 ああああ、始まっちゃったよぉ!
 この音楽ですよ、この音楽、知ってます?
 あーどうしよーこれ。
 これ聴いたら、さらに緊張してきた。あはは。
 もうねぇ、緊張しすぎちゃって、お腹痛いんで…帰っていいですか?
 いやいやいや。やる気はマンマンですよ?
 冗談! 冗談だって! もう石田さんったら、シャレがきかないですねえ。
 はい。例のアレ。
 この番組は、東京お台場、ニッポン放送LFRをキーステーションに、全国12億23万飛んで49局をネットしてお送りしております…
 って、こ、ここはイジっちゃだめ?
 はい。12億23万はキャンセルで。はい。
 あのですねえ、基本、絵里はボケ倒しだと思うんで、
 リスナーの皆さんのツッコミメールだけが頼りって感じでして。はい。
 絵里は、もう、みなさんに頼りっぱなし、みたいな?
 そんな感じでお送りしていきたいと思います。
 もう、あなた任せ、って体たらくな感じ、ですか。
 リスナーさんがボケてきたら?
 そんときは頑張ってツッコみますけどぉ。
 たぶんツッコミボケになっちゃうかな、と。
 またみなさんにツッコんでもらわないとダメ、みたいな。
 二度手間な感じで。
 あれ、こういうの何て言いましたっけ?
 そうそう他力本願。絵里、仏教徒なんで。…いみふー、ですよね。
 まあ、絵里もですねえ、もう18歳、
 モーニング娘。のなかではお姉さんチームということで、
 こういう夜中のお仕事もさせてもらえるようになったんですよぉ。
 もう気合いが入りすぎちゃって、
 過呼吸になりがちな感じで(はぁはぁ)、
 お送りします。はい。
 とりあえず、曲! 曲行きましょう。
 記念すべき一曲目は、亀井絵里で『100回のキス』
 (曲)
 はい。改めまして、今晩は。モーニング娘。の亀井絵里、です。
 さあ! もう俎板の上の鯉ですから、
 煮るなり焼くなり、どうとでも…
 あああ! もうダメだー!!!

ノノ*^ー^)<……はっ。……夢かあ……。あーあ、汗びっしょりだよー。
从 ~∀~ 从<捏造やんか。
川o・-・)<ラジオ番組偽装ですか。

 聴いてみたいな、えりりんのANNS、ということで、妄想を書き起こししてみますた。需要ゼロですね。申し訳。

('06/12/21初出)