×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DDMM.

Top!

過去日記(2008.10,11,12 2009.1)


ぽけぽけぷぅ日乗  ──亀井絵里さんが愛おしくてたまらない日々

2009.01.26(月)
ガキさんのDVD『アロハロ!2 新垣里沙DVD』の宣伝に乱入して、主役の座を奪ってしまうばかりか、そこでもって鼻の穴からお米が飛び出したというアイドルにあるまじき姿を重ね重ね強調する亀井絵里ってやっぱり天災的な批判的アイドルだね!

 鼻の穴からお米が飛び出した、というエピソードは去年、れいながラジオで暴露していたネタですけれども、それを本人みずから強力にアピールしちゃう、しかも、こともあろうにひと様の作品の宣伝動画という場で……
 もう、なんと言いましょうか……
 確実に言えること。
 かめちゃんチャイコー!
 そして、ガキカメ最高! ガキカメよ永久に!

 これはあれだね、もう、名実ともにアイドル界の鳥居みゆきと言っても過言ではない、危険な面白さ!
 これをさ、地上波テレビでやってくれ、と言いたいのさ。
 それが無理なら、ドアップで、ガキカメのアドリブ漫談を、週一回でもいいから放送してほしいのさ。
 「絵里は大人になります、……なんて言いましたっけ?」的な勢いでバカばっかりやりつづけてほしいのですよっ!
 と、息が荒くなったところで。
 えー、↓が、ガキサンの作品のまともな紹介動画。

 そしてそして、一身上の都合により、まだ入手できていない(←完全にヲタ失格)、かめちゃんのDVD、亀井絵里 DVD『20 DREAMS』の宣伝動画。

 ……これの冒頭と終わりに、鼻の穴からお米を出す衝撃映像が! ←ない
 ……あれだね、『アロハロ!亀井絵里』をもし出すのなら、ディレクターかカメラをガキさんにやらせてほしいよね! それが見たいわ激しく見たいわ!

2009.01.19(月)
Perfumeというか中田ヤスタカの音楽いいね

从VvV从 <イタさん最近Perfumeの『GAME』にハマってるらしいよ
||c| ・e・)| <ふーん
从*・ 。.・从 <しかも「アイドルとしては興味ないし」とか自分に言い訳してるらしいよw
ノノ*^ー^) <パ、パフュームw
从VvV从 <なぁんて、実はかめちゃん知らないんじゃね?
ノノ*^ー^) <知ってますよ、パフュームっつったら香水ですよ
||c| ・e・)| <これだもん
ノノ*^ー^) <うそうそ。ちゃんと知ってるからw 加護さん市井さん&りしゃこのユニットでしょ?
||c| ・e・)| <……あー……まー、そんな感じかな
从VvV从 <全っ然違うし
ノノ*^ー^) <え、違うんですか
从*・ 。.・从 <違うよ絵里
ノノ*^ー^) <でも、これは知ってますよ
从VvV从 <何?
ノノ*^ー^) <あの3人、イベントでは生歌ですけどぉー
||c| ・e・)| <なーに、クチパクだとか言っちゃう訳ぇ?
ノノ*^ー^) <レコーディングのときは初音ミクが歌ってるんですよ
从*・ 。.・从 <……
从VvV从 <……
||c| ・e・)| <これはアレだね、まさかの「底辺」発言越えだね
从*・ 。.・从 <マジで訴えられるよ名誉毀損でw

 ↑はあくまでネタですが、でも、実際、あのユニットの楽曲のコーラスパートって、実際に歌って収録したんじゃなくて、サンプリングした声を操作して作っているような感じがする……よく分かんないけれどさー
 「Perfume×中田ヤスタカ」を仕掛けたディレクターが遂にPerfumeを語る!@販促会議No.127 - Aerodynamik - 航空力学というエントリが興味深かったっす。
 やはりアイドルというものは、大の大人が寄ってたかって作り上げる商品以外の何モノもないと考えさせられますね。
 しかし、その「商品」に対して愛を注ぐところに、ヲタのヲタたる所以があるわけで。

2009.01.17(土)
モーニング娘。の鳥居みゆきといえば……

ノノ*^ー^) <単独! かめこの! 妄想夢芝居!
ノノ*^ー^) <趣味は! おひるね! か・め・こ!
ノノ*^ー^) <特技は! いねむり! か・め・こ!
ノノ*^ー^) <寝不足! なんて! 都市伝説!
ノノ*^ー^) <そ〜〜れヒットエンドラーン!
ノノ*^ー^) <ヒットエンドラーン!
ノノ*^ー^) <バッティングセンターで 寝・落・ち!

ノノ*^ー^) <もうひとつ行きます
ノノ*^ー^) <単独! かめこの! 妄想夢芝居!
ノノ*^ー^) <趣味は! ラクガキ! か・め・こ!
ノノ*^ー^) <特技は! お絵かき! か・め・こ!
ノノ*^ー^) <だって! わたし! が・は・く!
ノノ*^ー^) <そ〜〜れキックアンドターン!
ノノ*^ー^) <キックアンドターン!
ノノ*^ー^) <うっかりケメコとごっちゃまぜ!
ノノ*^ー^) <……
ノノ*^ー^) <DVD入手できてないからって、こんなやけっぱちの更新w

2008.12.23(火)
亀井絵里様二十歳の誕生日&新写真集「20」発売おめでとうございます!

 かめちゃん、お誕生日おめでとう!
 お誕生日企画サイトさんに言付けしたメッセージを、ここにも掲載しておきますね。
 2008年12月23日、えりりん20歳のお誕生日に
 さて、写真集は、いつゲットできるかな?
 あー、早く見たいわー。

2008.12.16(火)
かめちゃん不足・雑記

 うーむ、いかんともし難いかめちゃん不足が続いております。
 誕生日メッセージを考えながら、写真集「20」を待ちます。

 狼のファンスレにも足が遠のき・・・・

 (雑記)
 いろいろと環境が変わりました。移行作業が面倒(笑)
 とりあえず一台のPCで更新作業が出来るようになりました。
 ついでに辞書ファイルのお世話を焼いてみたり。
 亀井絵里論序説は書けるのだろうか。
 アイドル批判序説の続きはいつ再開できるのだろうか。

2008.12.06(土)
痛井ッ亭。は亀井絵里ちゃん誕生日企画に賛同しますっ

 さー、年の瀬も迫り、今年も、かめちゃんのお誕生日が近づいて来ました。
 しかも、今年はかめちゃんが二十歳になるという節目の年でございます。
 ということで、亀井絵里ちゃん誕生日企画主催者:ランドさん(Ray a girl)に、痛井ッ亭。も賛同しまして、リンクさせていただきました。もちろん、メッセージもお送りする予定です。
 みなさんも、ぜひ、二十歳になるかめちゃんにお祝いのメッセージを送ってあげてくださいませ。

 誕生日には新写真集が出て、年明けにはDVDも出るということで、嬉しい予定を抱えて年を越すのは気分がいいですね。モーニング娘。のアロハロ3DVDも出ますし、まったく、搾り取れるだけ搾り取る気でいますね素晴らしい贈り物の数々に、嬉しい悲鳴が出ちゃいます!

 大晦日に、紅白歌合戦でモーニング娘。の姿を見ないのは、やはり寂しい気がしますし、メンバーはショックを受けているようですが(つんく♂さんも、事務所もきっとそうでしょう)、何も某国営放送の一番組がすべての尺度ではないのですから。紅白に出たことのない音楽家の中にも素晴らしい方はたくさんいますし、くよくよしないで、元気に年を越して、新春のハロコンで明るい笑顔をみせてほしいと思います。
 以前に、れいながラジオで「この9人でまたゼロからはいあがる!」と宣言していたのは、このことの予言だったのかな、なんて気もする訳ですが、メンバー全員に、まだまだ自分たちはこれからだ、と思ってほしいです。
 戦え、われらがモーニング娘。!

2008.11.18(火)
かめちゃん系ブログ

 えりりんファンのみなさんは、とっくにご存じで、既に愛読されているとは思うのですが、かめちゃん系のステキなブログにリンクさせていただきます。
 ♪かめいろえりりん♪(りさりんさん)
 http://elisa091223.blog119.fc2.com/
 スイス在住のえりりんファンの方で、かめちゃんへの愛情がふんわりと伝わってくるような雰囲気のブログです。
 えー、殺伐とした寒風吹き荒れる当サイトとは大違いでございます(笑)
 痛井ッ亭。も、こういう心が温かくなるような更新を、ひいてはこういう人間を目指そうかとひそかに無理ですかそうですかすいません

ノノ*^ー^) <人間そう変れませんしね、ってイタさん変わる気なさそうw

 (20日追記、りさりんさん、相互リンク感謝します。大学生活&えりりん推しごと、頑張ってくださいませー。)

 (雑記)
 ・狼で「亀井絵里ちゃんが最高に可愛い倶楽部」という、狼とは思えない奇跡的に雰囲気のいい新しいファンスレが密かに進行中です。当サイトをチェックしている非常識なアンチに荒らされたくないのでリンクは貼りません、って、ググったらアウトか(笑)
 ・まとまった文章は、どうもまだ手がつけられず。
 ・「アイドル批判序説」は、とても中途半端なところで中断中だし、
 ・「亀井絵里論序説」も手つかずだし。
 ・ということで、「恋ING」 恋愛小説まだ読んでないという諸兄は、この機会に是非、お読みくださいませ。

2008.11.11(火)
田中れいなさんお誕生日おめでとうございます

 れいにゃー、19歳おめー!
 れいなさんは、いい意味でいつまでも大人にならない純粋なところが魅力だと思ってます。
 ラジオでの、まるでタブーなどないかのような自由な発言にも、いつもシビレてます(笑)
 れいなさんは、女の子のピークは15、6で、自分はピークはすぎた、とか弱気なことを言ってましたが、それは違うと思うんです。女のピークは、自分がピークだと思ってるかぎり、いつまでも続くと思ってほしいです。
 本物のこどもが見せるこどもらしさよりも、大人の女性がふとした瞬間に見せるこどもらしさのほうがよほど可愛らしく、萌え萌えで、破壊力がある、ってこともある。中澤裕子や藤本美貴をみれば分かるはず。この二人と共通点がある、ヤンキー扱いされる、と、かつてハロモニで発言していたれいなさんにはそれが分かるはず。なので、弱気にならず、これからも真っ直ぐに、キラキラと、れいならしく輝いてくださいませ。

从 ´ ヮ`) <けど、アイドル産業は、基本ロリコン商売やけん
从*・ 。.・从 <それは言っちゃダメだよいくらなんでもw

2008.10.30(木)
緒形拳さんの死  亀井絵里の未来

 10月5日、名優緒形拳さんが亡くなった。享年71歳。数年前から肝臓ガンを患っていたとのこと。
 緒形拳さんは、最後まで立派に、仕事をしつづけた。晩年は、仕事から生きる気力を得ていたものらしい。
 緒形拳さんのように生きて、死にたいと思う、けれど、自分にはそんな力はない。何もかもが絶対的に不足している。仰ぎ見るしかない存在。
 緒形拳さんは孤独な人だったようだ。親友と呼べる人は俳優の津川雅彦さんただ一人だったらしい。
 緒形拳さんは常に挑戦し続ける人だった。晩年になってからベケットの『ゴドーを待ちながら』を演じた。僕はその舞台を忘れない。
 テレビで放映された追悼ドラマをいくつか見ることができた。『帽子』『破獄』『ディア・フレンド』『ダンプかあちゃん』。遺作となった『風のガーデン』も放送中。
 その中で印象に残る人物像。捨てられた老人、不器用で、かたくなで、自分の小さな真実を手放すことが出来ずに、子や孫娘から忘れ去られている、孤独な老残の姿。しかし、その姿はどこか凛として晴れ晴れとしている。
 おそらく緒形拳さんは、演技の上手な俳優ではなかった。しかし、役を深く理解し、役の人物を生きることで、虚構のなかに真実の人間を表現できた希有な俳優だったと思う。

 かめちゃんにも、もし機会があれば、緒形拳さんの出演した映画やドラマをみてほしい。その演技をみてほしいと思う。そこには、今時のテレビドラマにはびこっているチャラチャラしたお芝居ごっことは格の違う演技がある。そのことは、かめちゃんも女優経験があり、賢い人でもあるから、真剣に見れば分かると思う。
 かめちゃんは、「10年後にはこの世界にいないと思う」と、淋しいことを言ったこともあるけれど、もし出来るなら芸能活動を続けてほしい。できれば、モーニング娘。卒業後は(って鬼が笑うけど)、舞台、映画、ドラマやバラエティで、幅広く活動できる女優さんを目指してほしいと思う。そして、アイドル扱いされること、ちやほやされることに甘んじず、周囲の関係者から実力で評価される存在を目指してほしい。僕は、亀井絵里にはその力があると確信しているから。
 ファンとしては、かめちゃんを永遠のアイドルとして、ちやほやしつづけたいと思います。

2008.10.28(火)
祈りは聞き届けられる(という妄想)

从*・ 。.・从 <ねえ絵里?
ノノ*^ー^) <ん? なに?
从*・ 。.・从 <イタさんが死にそうな顔してるよ?
ノノ*^ー^) <それが何か?
从*・ 。.・从 <慰めてあげなよ
ノノ*^ー^) <wwなんで絵里がww
从*・ 。.・从 <飼主じゃん
ノノ*^ー^) <違うから(笑)
从*・ 。.・从 <つれないよね絵里
ノノ*^ー^) <さゆが慰めてやればいいじゃん
从*・ 。.・从 <それはご遠慮したいですね
ノノ*^ー^) <なんで?
从*・ 。.・从 <さゆみが優しくしてイタさんがさゆみになびいちゃったら、ってか、100%なびくと思うけど、そしたら……
ノノ*^ー^) <そしたら?
从*・ 。.・从 <あとから絵里に「この泥棒猫がー!」とか言われ……
ノノ*^ー^) <なぁい、ないない!絶対ないから安心してw
从VvV从 < (イタさん痛いなー)
从*・ 。.・从 <でもさー、こういう時こそ飼主が人徳を、
ノノ*^ー^) <だって身から出た錆じゃん!
从*・ 。.・从 <そうだけどさ
ノノ*^ー^) <自業自得だよね
从*・ 。.・从 <でも、それって淋しいよ、さゆみ的には
从VvV从 < (イタさん痛すぎw 名は体を表わしまくりだからw)
ノノ*^ー^) <さゆは甘やかしすぎだよー。ですよねえガキさん?
||c| ・e・)| <かめ、慰めてやんなよ
从*・ 。.・从 <そうだよー
ノノ*^ー^) <ええええ? マジっすか? 勘弁プリーズぅ!
||c| ・e・)| <まったくかめはこれだから。しょうがないなー。じゃあ、この新垣里沙さんが、一肌脱ぐよ。一升瓶を挟んで差し向かいで朝まで飲んじゃうか、イタさんの涙を肴に
从*・ 。.・从 <ガキさん美味しすぎますよ、その役どころ。じゃあ、さゆみがこの包容力あふれる毒舌でイタさんを包み込んであげますよ
||c| ・e・)| <いいや、ここはわたしが面倒見るから
从*・ 。.・从 <いやいやさゆみに任せてくださいよ
||c| ・e・)| <わたしが!
从*・ 。.・从 <さゆみが!
||c| ・e・)| <わたし!
从*・ 。.・从 <さゆみ!
ノノ*^ー^) <えっ? じゃ、じゃあ絵里が! 飼主だし!
||c| ・e・)|从*・ 。.・从 <ドゾドゾドゾドゾ!
从VvV从 <(ダチョウさんのネタだしそれ)
从VvV从 <(あれ? で、結局は放置かよ)
从VvV从 <(しょうがねーなー、みきがメールでも送っとくか)
从VvV从 <(「イタさん、なに一丁前に凹んじゃってるのw」)
从VvV从 <(「アンタ馬鹿? ってか面白すぎるよーw 腹痛てーw」)
从VvV从 <(「なにが『美貴ちゃんガンバレ!』だ」)
从VvV从 <(「お前がガンバレ! ばーかw」)
从VvV从 <(……送信っと。 ピッ!)
ノノ*^ー^) <美貴様ぁ♪
从VvV从 <なぁにかめちゃん?
ノノ*^ー^) <絵里様に、イタさんのメルアドを教え……って誰にメールしてるの?
从VvV从 <イタちゃんに
ノノ*^ー^) <この泥棒猫がー!
||c| ・e・)|从*・ 。.・从 <イタさん痛すぎるからーw
从VvV从 <ってか、智クンのほうが面白い、ぐらいな
ノノ*^ー^) <まったくですよ、それに、……アレ?
从VvV从 <ん? どったの?
ノノ*^ー^) <オチを忘れたw
从VvV从 <かめちゃんらしいね
ノノ*^ー^) <うへへへ

 「振りコピでモーニング娘。になりきるのはいいけどさ、四面楚歌状態を真似るって危険なヲタ芸を素でやるのは、無謀だからやめたほうがいいよ」的なオチを考えていましたが、イマイチなので没。ってか、本気で痛い(テーマソング)。

 ノノ*^ー^) <いずれはこの更新を読み返しても意味が分かんないときが来ますよ
 从*・ 。.・从 <忘却は偉大な能力ですよ

2008.10.26(日)
祈り──無神論的な

わたしの女神よ
愛くるしい 生身の 女神たちよ
わたしの震える魂を 鎮めてください
心の傷口から吹き出す血を 拭ってください
わたしに生き続ける力を 授けてください
打ち倒され 荒野に臥している 泥と汚辱に塗れたわたしに
立ち上がる力を与えてください
わたしの女神よ
かつてわたしに力ある言葉を与えてくれた 女神たちよ
もういちど わたしに言葉を与えてください
あなた方を力の限り賛美する言葉を
もういちど与えてください
わたしの女神よ
わたしに あなたたちの美を見つめる瞳を与えてください
もう醜いものはみません
もう愚かなものはみません
ただ ひたすらに あなたたちの美しさを
愛くるしさを 微笑ましさを そして 輝く生命力を
ただそれだけを 見つめ続けることを お許しください
わたしの女神よ
愛くるしい 生身の 女神たちよ
わたしに時間を与えてください
あなた方を力の限り賛美する言葉を産み出す時間を
いましばらくモーヲタでいられる時間を
与えてください

 ||c| ・e・)| <大の大人が人に甘えないことー(笑)
 ノノ*^ー^) <甘えてんじゃ…ねー…よー(笑)
 ||c| ・e・)| <わたしたちイタさんの半分しか生きてないんだからね
 从*・ 。.・从 <いやいや大事なのは人生の密度ですよ
 ノノ*^ー^) <あーイタさん、スカスカ、ってゆー? さゆ手厳しいね(笑)
 ||c| ・e・)| <あのねー、それ言っちゃうとシャレんなんないからね、たとえ事実でもね
 从*・ 。.・从 <いや「事実」とか、ガキさんが一番手厳しいですよ

 (メモ)
 何も書ける心境ではなく。
 復帰のために……
 ・ガキカメ未更新分……
 ・前倒しで、脳内妄想……?

2008.10.21(火)
がんばれ!戦え!負けるな!道重さゆみ!

 こんうさPで真情を吐露してしまい、涙に声をつまらせたさゆみん。
 先日のヤンタンではそれを指摘するメールが読み上げられ、さんま師匠は「道重、お前、頭おかしいわ」とまで言ってさゆみんを叱りつけ、そうして、見事に火消し役を演じた。
 さゆみんはひたすら発言を反省し、謝罪し、自己批判を繰り返した。
 その会話を聞きながら、横で愛ちゃんは「へえ、そうなんだー」とびっくりしたように、まるでさゆみんの気持ちを今初めて知った、という風に(実際、想像してもみなかったのかもしれない!)一言発言しただけだった。それは、いかにも愛ちゃんらしい反応だった。
 さゆみんが、そこで、自己批判に徹した態度は正しいし、それしかない選択だっただろう。
 しかし、さゆみんのファンなら、みんな知っていることだ。さゆみんが泣いてしまったことは、何も悪いことではないのだ、と。
 さゆみんは間違ってなんかいない。
 だから、必要以上に自分を責めないでほしいと思う。
 ふだんは飄々として、強くて黒いキャラを保っているさゆみんが、ふと見せてしまった弱い部分に、むしろ共感して、ファンは増えこそすれ、決して減りはしなかったはず。ネットでの批判など気にやむことはまったくないです。
 ま、事務所からはお小言のひとつも言われたかな?
 さゆみんは、自分を信じて、これからも自分の魅力に磨きを掛けていってほしい、そう切に願います。

 「狼」の「さゆはあけぼの」というひどいタイトルのネタスレに僕が挙げたネタを、ここにも掲示しておきます。

 これは田村隆一という詩人の『帰途』という詩の一節のパロディです。

言葉なんかおぼえるんじゃなかった
山口弁とほんのすこしの標準語をおぼえたおかげで
さゆみはあなたの涙のなかに立ちどまるの
さゆみはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくるの

2008.10.20(月)
新垣里沙さん20歳の誕生日おめでとうございます

 ガキさん、20歳の誕生日おめでとう〜〜〜〜〜〜〜!!
 いやー、成人ですか〜〜〜〜〜〜〜。
 あの幼かったお豆ちゃんがねえ(しみじみ)
 そりゃあ、こっちも歳取るはずだわorz
 いまさら、ガキさんのモーニング娘。での頑張り、七面六臂の大活躍(何かが足りないのよー)については多くを語りますまい。
 これからも、かめちゃんや、さゆみんや、小春や、他可愛い後輩達を、そして愛ちゃんを、しっかり支えてあげてください。もちろん、自分が一番輝くことも忘れずに。
 そうかー、ガキさんもお酒が飲めるお年頃かー(萌え)
 ガキさん、出来れば、偉大なる飲酒アイドルの系譜(中澤裕子!保田圭!矢口真里!)に連なるべく、飲酒カミングアウトしちゃってくださいな!(いや、飲めればの話だけど)
 それが出来るかどうかに、ガキさんの未来がかかっている! ←言いすぎ
 あと二ヶ月もすれば、かめちゃんも成人して、一緒にお酒が楽しめるようになるので、そうしたら、二人で仲良く飲めるよね。それまでは、愛ちゃんの愚痴でも聞いてあげてくださいな、って、ガキさんが一方的に説教しまくってたりして(笑)

 ||c| ・e・)| <愛ちゃん酔うとタカラヅカの話が止まんないからなー
 从*・ 。.・从 <絡み酒ならぬヅカ酒ですね
 ノノ*^ー^) <これでようやくおおっぴらに飲めますよね♪
 ||c| ・e・)| <あのねえ!そうやってね、今までは隠れて飲んでたみたいな言い方をしないこと!(笑)

 (メモ)
 ★道重さゆみの『シンデレラ』をファイル化。

2008.10.19(日)
ハロプロ・エルダークラブから大量卒業のお知らせ(公式)

 ハロー!プロジェクトに関するお知らせ
 ──という発表がありました。2009.3.31にハロプロから「卒業」する方々は、以下の通り。
 モーニング娘。OG(中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、保田圭、矢口真里、石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、紺野あさ美、小川麻琴、藤本美貴)
 ・ 稲葉貴子・里田まい(カントリー娘。)・メロン記念日・前田有紀・松浦亜弥・三好絵梨香・岡田唯・音楽ガッタス

 総合プロデューサー、つんく♂さんのコメントから、以下、一部引用。
 エルダークラブ卒業について
 彼女たちの多くはモーニング娘。などの卒業生でもあります。
 ほとんどが10代より活躍してまいりました。
 結成より10周年を過ぎ、この先新たな活躍をしていくためにも、今までの自らの既成概念を蹴破って旅立つ勇気が必要だと考えました。
 大人としての新たな活躍を僕としても大いに期待し、応援していくことを宣言させていただきます。


 そして、ながらくハロプロのこわーい番長頼れるリーダーとしてご活躍された中澤裕子さんのコメントを全文引用します。
 ハロー!プロジェクトを応援してくださっている皆様
 この度、ハロー!プロジェクト・エルダークラブ所属のメンバーは2009年3月31日をもちまして、ハロー!プロジェクトを卒業することになりました。
 2001年のモーニング娘。卒業からハロー!プロジェクトのリーダーを任され現在まで活動してきました。毎回沢山の仲間と全力で作品を作り上げ表現する場所がハロー!プロジェクトでした。今回、そんな場所を離れ、それぞれのメンバーが次のステップに歩み出し、これからも全力で多くの皆様に夢や感動を伝えてまいります。
 今後のハロー!プロジェクトは、私達の後輩が魂を受け継いで前に進んでくれると思います。今後も、これよりも増して応援よろしくお願いいたします。

                      中澤裕子


 ──ファンクラブの制度の変更などの動きから、いろいろと推測されていたことではありますが、実際に発表されてみると、やはり感慨深いものがあります。
 これは、多くのメンバーは、「つんくプロデュース」という庇護の下から離脱するということなのでしょう(つんく嫌いのファンからみたら、呪縛から解放される、と言うことでしょうか)(中には、残念なことに、ハロプロ「卒業」=実質タレント廃業、となるメンバーもいるのかもしれませんが……)。
 裕ちゃんが語ってくれた、力強い言葉、今後のハロー!プロジェクトは、私達の後輩が魂を受け継いで前に進んでくれると思います。を、私たちも確信しています。
 ハロプロを「卒業」される方々も、自分の魅力を遺憾なく発揮して、今後の道をそれぞれに切り拓いてほしいと願います。

 モーニング娘。に関しては、これで、ハロプロの「マザーシップ」「旗艦」としての重責がいよいよ明確になると言えるでしょう。
 地方のファンにとっては、その姿を見ることもなかなか叶わない厳しい状況が続くかもしれませんが、あらゆる手段を通じて、モーニング娘。がその魅力を、全世界に伝えて続けてくれることを願っています。
 愛ちゃん!
 ガキさん!
 絵里!
 さゆ!
 れいな!
 小春!
 みっつぃ!
 ジュンジュン!
 リンリン!
 頑張れ!

2008.10.17(金)
亀井絵里の涙──ハロモニ@最終回 (北海道10月16日、東京9月28日)

 ついに『ハロモニ@』が最終回を迎え、前身の『ハロー!モーニング。』から数えて8年半の歴史に終止符を打った。
 『ハロモニ@』については、最初期だけを除いて、このサイトで取り上げることはなかった。「moutube」企画がようやくメンバーの魅力を表現できる企画になり、俄然面白くなってきてからも、放置してきたことが今では悔やまれる。
 最終回は、ガキカメ芸術劇場SPというか「投げ入れSP」。僕は正直言うと、投げ入れ企画は、かめちゃんのNG集を放送した時点でその使命を終えたと思っていた。ガキカメ芸術劇場では、練りに練って構成された逆回転企画のほうが好きだった。なので、シゲさんの「裏側はあまり見せるものじゃない」という発言にも一理あると思っていた。しかし、投げ入れ企画は成功までの苦労を見せることを主眼とする企画へと性格をかえて、ついには番組の最終回を飾った。かめちゃんファンとしては嬉しいことこのうえない。かめちゃんが確立したといっても過言ではない「投げ入れ企画」が最終回を飾り、かめちゃんの涙が最終回の見せ場となったのだから。

 メンバー9人が協力して達成を目指す投げ入れは、3チームに別れて行われた。リーダー高橋愛チーム(高橋愛、光井愛佳、リンリン)、サブちゃん新垣里沙チーム(新垣里沙、田中れいな、ジュンジュン)、そして投げ入れクイーンこと亀井絵里チーム(亀井絵里、道重さゆみ、久住小春)。リーダー、サブリーダー、No3が、それぞれのチームの頭となり、実際に一番責任の重い投げ入れ役を担当する。
 サブちゃん新垣里沙チームでは、ただ飛んできた麺を避けるだけというジュンジュンが不遇な役回りだったし、本人も「わたしがここにいる原因が分からない」と言ったけれども、ガキさんとれいながちゃんと気を遣って、ジュンジュンにも日が当たる(「オケツ」に麺が当たる)という構成になっていた。
 リーダー高橋愛チームでは、テーブルクロスを上手く引くことが出来ない光井に対して、愛ちゃんが「ちょっとわたしやってみてもいい?」と言って、さりげなくお手本を示していた。そこに高橋愛流のリーダー作法が伺われた。黙って手本を示すこと。高橋愛の寡黙な背中を見て後輩は育つのだ。そして即座にコツを掴んだ光井は、テーブルクロスをきっちりと丸めて渡すという優秀さ、気配りの細やかさを示して感動的だった。愛ちゃんの投げたテーブルクロスがリンリンの押すカゴに入ったとき、ポーカーフェイスを保つべきなのに、思わず叫んでしまったリンリンが可愛らしかった。
 そして、亀井絵里チームは、もっとも過酷な投げ入れに挑戦し、もっとも感動的な姿を見せてくれた。
 帽子をかめちゃんに投げ渡す小春が溜め息をつく。階段を何百回も登り降りする道重さゆみが「足がガクガクする。足のガク関節症だ」と馬鹿なことを言い、そうして二人揃って、投げ入れ役のかめちゃんにプレッシャーを掛けてしまう。なんとKYな二人!
 しかし、プレッシャーに弱いヘタレなかめちゃんは、その重圧に負けず、リーダーとして二人を励ます。「入る気がする。イッパイイッパイにならなければ、意外と入るもんだよ」そして、「集中力! イライラしない! イッパイイッパイにならない!」と気合い入れをし、二人がそれに唱和する。周到に演出された場面だとしても、自ら重圧に耐えながら二人を励まそうとするかめちゃんの姿には感動を禁じえない。
 そして、ついに頭に帽子が乗ったとき、ポーカーフェイスを保ちきれず、ついつい頬をニヤけさせてしまうシゲさんの可愛らしさ。投げ入れを成功させたかめちゃんを小春が手招きし、かめちゃんが駆け寄って隣に座り、二人は満面の笑みで頬をすり寄せる。そうしてディレクターが感極まったような声で「OK!」と叫び、3人は心からの歓声を挙げて、手を取り合って喜ぶ。泣き出してしまったかめちゃんの頭を撫でるシゲさん。「絵里、頑張ったね!」そして、かめちゃんは泣きながら「絶対入らないと思った」と自らの弱気をさらけ出す、全てが終わったその後で。あの気合い入れは、かめちゃんが自分自身に必死に言い聞かせていたのだった。目を赤く泣き腫らしたかめちゃんの安堵に満ちた微笑みを、僕は忘れない。

 いずれ、近い将来、亀井絵里がリーダーになる日が来るだろう。高橋愛、新垣里沙が同時に卒業してしまうか、それとも新垣リーダーの後を継ぐことになるか、それは分からないけれど。
 ともあれ、かめちゃんは立派にリーダーの大役を果たせることを確信した。普段は、ヘラヘラしてアホばっかり言ってメンバーから「亀井さん大丈夫ですか?」「リーダーしっかりしてくださいよ?」と、つっこまれていても、要所要所では、ちゃんとみんなをまとめられるリーダーにきっとなれるだろう。メンバーに支えられ、ちゃっかり寄りかかりながらも、メンバーを柔らかな春風のようにそっと包み込む、そんな魅力にあふれた、今までの誰にも似ていないリーダーに、かめちゃんならきっとなれる。最終回を飾った、かめちゃんの清らかな涙を見ながら、そんなことを思った。
 そこには、二十歳の誕生日を間近に控え、大人の女性を目指して、亀のようにゆっくりと着実に成長しつづける、かめちゃんの頼もしい姿があった。

2008.10.16(木)
道重さゆみの『シンデレラ』

 『シンデレラ』に関しては、現場に縁のない痛井ッ亭。が言うべきことはないので、かめちゃんがポーシャ役で頑張ったことについても何も触れていませんでした。
 なのに、このタイミングで『シンデレラ』に触れるのは、ネット徘徊系廃人ヲタとして、道重さゆみに、道重さゆみの思いに心から共感して胸が震えたからです。
 あー、このままシゲさんヲタになってしまいそう。
 ま、そうはいっても、かめちゃん溺愛なんで、絶対的な一推しの地位はいささかも揺るがないので、かめちゃんは安心すること!

 しかし、ここでは道重さゆみの話をするのだ。
 『シンデレラ』では、リーダー高橋愛が主役のシンデレラ、これは実力からみてそれしかない配役であって、決して事務所のえこひいきとか言う話ではない。相手役の王子様は新垣里沙、この役はどの程度重みがあるのか正直よく分からない。そして、亀井絵里と田中れいながポーシャとジョイというイジワルな義姉の役、これはかなりセリフも多く、劇の雰囲気を盛り立てる重要な役だった様子。
 劇のストーリーにおいて欠かせない意味を持つ重要な役どころはここまで。そして、現モーニング娘。の中核である56期メンバーで、ここまでで名前が出ていないのは唯一人、道重さゆみ。
 78期も比較的不遇な役を当てられている様子だが、6期なのに、8期の後輩とワンセットで「妖精」の役、しかもセリフのない役を当てられれば、さすがにショックを受けるなというほうが無理だろう。
 その昔、小学校の学芸会などでは「立ち木の役」なんてものがあったらしい。都市伝説かもしれないけれど。今そんなことをすればモンスターペアレンツが学校に来襲すること請け合いだ。道重さゆみは、ヤンタンでさんま師匠に、お前はどんな役やワカメか、と、おちょくられて、「まあどちらかといえばワカメに近いです」と答えていた。立ち木の役みたいなものだ、と。
 もちろん、道重さゆみはその役を受け入れ、自分を納得させようと努めたはずだ。運動音痴でダンスも下手だし、歌唱力に到っては、さすがに6期オーディションの驚愕こそ昔の話とはいえ、まだまだ、歌唱力?なにそれ?食えるの?ってか、歌の良し悪しは歌唱力とは関係ないよ、という呪文を唱えるぐらいしかできない自分であることは、もちろん自覚している。歌と踊りが重要なミュージカルの舞台で自分に大役が来るなんて甘い夢は見ていない。でも。

 先日(10.11)のヤンタンで、高橋愛の代役として出演した亀井絵里を交えて『シンデレラ』の話になったとき、かめちゃんにはセリフがたくさんあったので、さんま師匠は「道重は負けたんか」と茶化し(勝ち負けで物事を判断するこの茶化し方はいかにも下衆だが、あえて下衆に徹するのがさんま師匠の芸風でもあり体質でもあるのでしかたがない)、それに対して道重さゆみは「惨敗です」と答えている。亀井絵里は、さゆはフライング(空中飛行)をやったのでそれは羨ましかった、と優しくフォローしていたのだが、それすらさんま師匠にネタにされてしまった。上から目線で哀れまれるのもイヤやな。

 道重さゆみは、自らのソロラジオ番組こんうさP(9.23)で、すでに、セリフがないことにショックを受けたという報告をしていた。

 シンデレラの台本を初めて見た瞬間の天使さゆみと小悪魔さゆみです。
 天使「セリフは少ないけどその分踊りでがんばるわ」
 小悪魔「助かった」
 いやこれ結構ねぇ、両方あるんですよね。あのホントに初め、台本をもらって見た時、ホントにあの、ビックリっていうか、あの、なんかショックで、ホント、セリフが無い事に関して、初めホントに、あの、本番は作ってくださって、あの、何回か口を開いて言葉を発したんですけど、初め台本読みとかは何もセリフを発してなかったんですね。だから、『その分踊りで頑張るわ』っていう前向きにすらなれなくて、『さゆみはこの一ヶ月何をして過ごすんだろう?』と思って。『えっ、何をするの?』って、本当に『どうしよう』って思ってたんですけど、こうなんか、先生とかもやっぱちゃんと考えてくれてて、振り付けでちゃんと、あの、ちゃんと妖精は、ここでこういう役目をするからね、って説明を受けて、ちゃんと自分の中では納得して、あの、ステージに立ったんですけど、こうセリフをもらった時、『まぁ、お妃様探しですって?』って言われた時に、すごいそのセリフを説明してくれる方が『道重さんにすごく難しいセリフがきました』って言い方で言われたんですよ。で、そのセリフ、だからさゆみすごく長いのかなと思って、すごい緊張してたんです。したら『お妃様探しですって?』だったんですね。『あっ、難しいですね〜』って言って(笑)でも、でもその中ではやっぱり、あの〜難しいって言ってくださったけど、あの多分、そう言ってハードルを上げといて、『簡単だから安心してね』っていう優しさだと思うんですけど、さゆみにとっては、すごい逆にそれがもうなんか傷ついちゃって、すごいショックだったんですけど、でも結果、すごい『シンデレラ the ミュージカル』は、ハイ、すごい楽しかったし、すごい大成功に終わったと思うので、ハイ、ホントに良かったなと思います。

 そして今週のこんうさP(10.14)の『今週のお姉ちゃん』のコーナーで、問題の核心に触れる発言があった。この発言は「お姉ちゃんは人を苦しめようとか、醜い部分はない」という流れで、お姉ちゃんがいかに優しい人かを説明するためになされた発言である。そして、道重さゆみが最近一番お姉ちゃんの優しさを身に染みて感じたのは、『シンデレラ』の時期だったのだ。

 さゆみ、ぶっちゃけで言いますと、あの、シンデレラの時期、すごい、おうちで態度悪かったんですよ(笑)ふふふ。あのねホントにね、毎日毎日、同じ場所に行って、あのー、なんか多分性にあってないっていうか、毎日毎日同じ場所に行って、毎日2回公演で、こう毎日毎日同じことして着替えもたくさんあって、着替えたくさんあるのにセリフはまったくないし、もうなんかもう、なんかちょっと、ちょっとおかしくなってたんですよさゆみ、ちょっとまあぶっちゃけ今、今だから言えるんですけどちょっとおかしくなって。だからおうち帰っても、誰が悪いわけじゃなくて、喋らなかったんですよ、てか喋れなかったんです。なんか、舞台の上で喋ってないからかわかんないんですけどうちでも喋れなくて。もうホントに喋らなくなっちゃって。もうとりあえず、なにを言われても「うん」とか、お母さんに、お母さんもすごい、なんかその時期さゆみに気を遣ってくれてて、「お風呂入る?」とか言っても、あーちょっと喋ったら泣きそうなんですけどそのこと考えたら、「うん」とかなんか「うん今いいや」とかそういうことしか喋れなくなっちゃって。ホントに(聞き取り不能)のことを考えたらなんかホントにおかしくなってたんですよ。で、そういう時もやっぱり、あの、お姉ちゃんは……こう……(笑)泣きそうなんですけど(笑)……お姉ちゃんも、なんか……すごい……なんか……支えてくれて……すごい良かったなあ、と。もうイヤ(笑)……もうイヤだ恥ずかしい、もうイヤだ、ちょっともうホントすいませんねもうこんなね、すごいね、お姉ちゃんに支えてもらったなあと思って、良かったなあと思います。じゃあ続いていきますね、気を取り直して行きます。

 この発言がネット上(とはいえ「狼」界隈にすぎないが)で大騒ぎになったのは何故だろう。道重さゆみが貰った役に不満を言っている、ということが問題なのであれば、9月23日の時点でそうなってもよかったはず。しかし、そうではなく、今このタイミングで問題視されるに到ったのは、その時期彼女がおかしくなるほど落ち込んで、不貞腐れていたことを自ら告白し、ラジオであわや泣きそうになったからなのだろう。
 この件に関して、私が言いたいことは唯ひとつしかない。
 道重さゆみの涙は、役への不満、セリフがなかったことへの抗議でもないし、断じて「事務所の高橋愛ゴリ推し」への批判でなどあるはずもない、ましてやそれを「造反」と捉えることなどまったく不当だということだ。それは単に発言の解釈として不当なだけではない。道重さゆみの発言の真実性の持つ美しさを捉えそこねている点においても、彼女の魅力を正当に評価できないことにおいても、何重にも不当なのである。
 もちろん道重さゆみには、もらえた役柄への不満やショックは当然あった。しかし、ラジオで喋りながら泣きそうになったのは、そのためではない。
 あの涙は、そんなことで落ち込んでしまい、不貞腐れて、何の罪もない家族に対してさえ態度が悪くなってしまった自分自身の弱さ、不甲斐なさに対する悔し泣きなのだ。わたしはそう思う。だからこそ、お姉ちゃんの優しさが身に染みるだけではなく、そうやって慰められている自分を、今また思い出しながら泣きそうになっている自分を、彼女は「恥ずかしい」と言ったのだ。この「恥ずかしい」という言葉には、彼女の誇りが、自尊心が、意地が込められている。
 ラジオで本音を曝け出せることは、道重さゆみの強さだ。
 本当の感情で溢れてしまい、あられもなく取り乱してしまった道重さゆみは、途方もなく美しい。あたりさわりのないタテマエの羅列、毒にも薬にもならない安全な笑顔を振りまく「アイドル」を、彼女は超越する。その美しさは、彼女自身が表現する高度なアイドル性や、写真集やDVDで見せる極上のエロス表現にも増して、尊く、真に感動的な、人間性そのものの美しさなのだ。

2008.10.10(金)
「恋ING」 恋愛小説 一部追加、修正

 10.03に公開した、「恋ING」 恋愛小説 に、一部追加、修正いたしました。
 追加箇所は、b11.の末尾。修正箇所は、b13.です。他は初出のままです。
 公開から、この一週間で、狼、mixi、掲示板にて、たくさんの温かい感想を頂きました。ありがとうございます。おおむね好評のようで嬉しいです。
 御感想、御指摘、御叱責などなど、まだまだお待ちしておりますので、ぜひ、掲示板の専用スレッド『「恋ING 恋愛小説」の感想』までお寄せください。もちろんメールでもお待ちしております。

2008.10.03(金)
「恋ING」 恋愛小説 を公開します

 「恋ING」 恋愛小説 をアップいたしました。
 2006年の秋頃に構想を開始、2007年の春に執筆を開始して、途中で美貴様の事件があって長く中断してしまい、ほとんど完成を諦めかけたこともありましたが、ようやくこうして完成・公開に辿りつくことができました。
 この小説には、愛しのかめちゃんへの(そして愛しの推しメンたちへの)痛井ッ亭。の愛を目一杯注ぎ込みました。(ただし、あくまでフィクションなので、実在する人物・団体、亀井さん、モーニング娘。さん、つんく♂さん、所属事務所などには一切関係ありません。ということで)
 みなさんに、是非この小説を読んでいただき、そして楽しんでいただけると嬉しいです。
 かめちゃんの持つ無限の魅力のうちの、ごく一部でも表現できていれば嬉しいです。そして、かめちゃんを愛することができる幸福、恋するということの喜び、苦しみ、尊さを、みなさんと共有できれば嬉しいです。

2008.10.02(木)
アイドル批判序説(追加)

 『アイドル批判序説』に、『ASAYAN』(1) ──虚構と現実の境界の曖昧化を追加しました。






2008.10.01(水)
道重さゆみさん、4th写真集『LOVE LETTER』そしてDVD『LOVE STORY』発売おめでとうございます。(Dohhh UP!の宣伝)

 モーニング娘。無料動画配信サイト Dohhh UP!(ドアップ)に、宣伝ということで、DVDのダイジェストがUPされましたので、またまた貼ってしまいます。とにかく可愛い。そしてセクシー。
道重さゆみ DVD『LOVE STORY』
2008年10月1日(水)発売
EPBE−5304 3,990円(税込)
発売元:アップフロントワークス/ゼティマ

 Dohhh UP!に、過去の動画のEmbedタグも載せてくれたら『ラブハロ!亀井絵里DVD』とか、貼りたい。自己満足ですけれども。

 (業務連絡)
 ★ゴイサギさん、ほんとうにありがとうございます。
 ・『アイドル批判序説』、待ってくれている人がいるかどうか不安ですが、裏でせっせと書いています。
 ・『えりめも』『亀井絵里論序説』ともに準備中です。

事実誤認の指摘、ご意見、ご感想などなど、ぜひBBSに書込んで下さいませ。