×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top!


過去のカフヱ痛井ッ亭(2004/02)

カフヱ痛井ッ亭。

ヴァーチャル空間の場末にひっそりと佇む「カフヱ痛井ッ亭」。
今日も紺野さんとその仲間たちが、おやつを食べ散らかしながら、ゆる〜い雑談に花を咲かせてます。
つまらなくいてもいいんです。娘。さんたちにくつろいでいただければ。

2004/2/1(sander) ドンキー感謝Day

さて。三回目の感想を書かないうちに四回目が放映されてしまった『ミニモニ。でブレーメンの音楽隊』です。
おいらはうかうかと観ていたので気付かなかったんですけど、
アルフレンジャーのalfredさんが鋭い指摘を。

最後に出てきたおばあちゃんはあいぼんでしょ
「アルフレンジャー」より

……! 鋭い、と思いました。これはもう間違いないですね。
(最後の出演者欄に「丹羽雛子:草村礼子」って書いてあったから間違いなく正解です。

……ネタバレじゃん!

役名は「謎のおばあちゃん」くらいにしておけよ……)

で、「住むための購入したのではない」と、そのおばあちゃん(丹羽雛子)は言ってた訳で。過去の思い出を懐かしむために購入したんでしょうか。

話を第3話に戻します。
ちよの(愛ちゅん)は、例の曲をミュージカルで使わせてもらおうと、幽霊のケンジ君に、「ブレーメンの音楽隊」のストーリーを説明します。
ケンジ君の反応は「ブレーメン行かなかったのかよ。なんだ。ダメな奴らの、ダメな話か」……もっともです。が、ちよのは俄然抗議!
「違うよ、これはつまり……えーと、……役たたずだってみんなに言われて自分たちもそうだと思っていた四匹が、自分たちはダメな奴なんかじゃない。力を合わせればすごいことができるんだって、そういう話よ……私も…このロバみたいになれるかも」 

……「ブレーメンの音楽隊」という得体の知れない民話を、そういう分かりやすい教訓話にしてしまうのは、主な視聴者層を中高生に設定している番組である以上仕方ないと思います。そこに35歳の中年がマジでけちをつけようとするほうが間違っています。だから、これ以上この点にはつっこみません。

3話の中で、ミュージカルの練習中、例のハーモニカを吹いていると、ケンジ君のおせっかいで上手に吹けてしまうちよのちゃん。あとからケンジ君に、「ずるして上手く吹けたって嬉しくもなんともないのよ……はじめて一生懸命になれたのに」と文句を言います。
ところが、3話ラストでは、ちよのは「ケンジ君、あなたの力を借りたいの。かっこいいこと言ったけど、ほんとはちょっと不安なの……まってるね」と言います。
あれ? 自分の力で頑張るんじゃなかったんかい? と思わずコケそうになりますが……そこはちゃんと4話で解決されます。

「私、あなた(注:ケンジ)も一緒に、このミュージカルを成功させたいの!」
なるほど、そうだったのか! すごいよ、ちよのちゃん。自分のことだけじゃなくて、幽霊君のことまで考えられるなんて。もし、それが実現していたらケンジ君の呪縛が解けて、成仏できたかもしれないのに。
でも、それは、亀山リンコの妨害で実現せず……。

話の流れを記述するのはやめますが(面倒くさい)、この試演会を通じていろんな確執が一挙に解決する様はすごいです。リーダー争いをしたちよのvsリンコの対立、リンコ一派vsハネミ一派の対立は当然として。ちよのの両親まで仲直り。それに北見先生vs大神先生の確執も何故か解決。棚からぼた餅? まさにご都合主義ですね……。そうやって、全てが丸く収まっていくなかで、灰谷君だけが、バナナの皮で滑って転ぶわ、ちよのにはあっさり振られるわで、人生最初の挫折を味わっているところが、なかなかステキでした(笑)。

今回の一件で、「新しい人生の扉は自分が変わったときに初めて開くんだ」との確信を得たちよの。自分の不幸な境遇を象徴する「競馬馬にちなんで名付けられた名前」に対するコンプレックスも消えて、またお気に入りの髪型に戻します。
父「おっ、ちよの、久々のポニーテールだな」
ちよの「ドンキーテールだもーん♪」
なあんて、はぐらかしてますけれども……

第1回を観たあとの感想としてこんなことを書きました。
実は父親がたまたま見かけた競馬馬から来ている、と知ったちよのは、「もう一生ポニーテールにはしない」と誓ったはずだったのです。ところが、エンディングで、ポニーテールに戻っている。
考えられる理由は、
1、父親に対して感じたわだかまりが、今後のドラマのなかでの体験を通じて、氷解したから。
2、宇宙人が名前の由来の記憶まで消して行った(洋館の中で起った出来事の記憶は全て消す訳。だから、洋館の中で聞いた名前の由来も記憶から削除される)。
3、「やっぱり私ってポニーテールが似合うし。どうせ名前の由来なんて誰も知らないから別にいいよねー」と考え直した。
……のどれかだと思います。

「アイ脱」1/13より
ま、ほぼ1番で正解だったですね……いちばんまっとうな決着だったですね。いや、2とか3とは最初から思ってませんけれども(笑)。

*       *        *

次回からはののが主人公。猫姉さんの少女時代ということで。

私信:他サイト管理人の皆様へ

みんな、ののの入浴シーンに期待しすぎ!! (笑)

愛ちゅんの役名が「ちよの」で、まあ、ロバ、ですよね。で、ののの役名は「黒田美音子」ミネコってことで、ネコが入ってます。で、残りはイヌとオンドリなんで、普通にあいぼんがイヌでミカがオンドリ? とか考えていたんですが違いました。
あいぼんの役名が「丹羽雛子」なんで、あいぼんがオンドリです。じゃあ、イヌは? 「犬塚健志」君があいぼん編で登場するので、ケンジ君、つまり例の幽霊君がイヌなんです! じゃあ、ミカは? ミカの扱いは!? ま、そんなもんですよね。いつものことです。

あと、どうでもいいことですが、井上陽水の「傘がない」は、ちよのの父ばかりではなく、ネコ姉さんにとっても重要な曲として登場するらしく……何故にフォークが……そのへんもミカ演じる花子(路上のフォークシンガー)のことと絡んで案外重要になってくるらしい……楽しみです。

2004/2/2(mander) Go Girlを推す

まっつーさんの新曲『奇跡の香りダンス。』が非常に評判がいいらしく。いろんなサイトで、いい、いい、と言われております。おいらも、いい曲だと思います。うん。まっつーは守備範囲外だが、でも、いい曲なのは間違いなし。

で、先日いろんなサイトを巡回していたら、『奇跡の香りダンス。』を褒める言葉として、「『Go Girl』を作ったのと同じ人とは思えない」という発言を見かけました。どこのサイトだったかは忘れました。今、ちょろっと探したけれど行方知れず。だから、どこのサイト様かは紹介できません。(あ。「オレだよオレ」という方が、もしいらっしゃってもご報告には及びませぬ)

……ちょっと待て。と。

同じ人が作ったとは思えない。……というのが、「つんく♂の芸風の広さを賞揚する」趣旨ならいいんですよ。だが……そこに「『Go Girl』は駄作」というニュアンスが含まれているとすると……ちょっと待てええええ!

いや。曲に対する感想や評価など、人によって違うのは当然であって、それをどうこう言うつもりもないですし、過剰反応する気もないんですが。でもね。『Go Girl』を名曲と信じて疑わないおいらとしては、一言だけ『Go Girl』を擁護しておきたくなりました。

話の流れ上、『奇跡の香りダンス。』と比較すると。この曲は、BOØ WYだか、GRAYだか、B'zだか、とにかくその手のJ-POPの王道とほぼ同じような作風といっていいと思います。よく言えば「王道」。言い方をかえれば、安全牌とも言えるし、手堅く商売を考えた、と言ったら意地悪すぎますか。悪のりして、そろばんを弾くなにわの商人つんく♂の顔が見えると言ってもいい(各方面からお叱りを頂戴しそうだなあ)。

ま、大勢のアーティストを抱えて、彼女らをちゃんと養っていかなきゃならないつんく♂さんですから。良曲を生むことが大事ですし、きっちり売上が見込まれる作品を作ることは大切です。ってか、ぜひともやってもらわないといけないわけです。(だから、おいらも『奇跡の香りダンス。』を否定するとかってことは決してなく。ちゃんと鼻唄で歌ったりもしておりますから。はい)

じゃあ、翻って『Go Girl』はどうか、と言えば。
こんな曲、今までJ-POPの世界にありましたか? こんなシンプルきわまる曲が。
『ミニモニ。ジャンケンぴょん!』ほどの革命性、破壊力はないかもしれません。でも、『バイセコー大成功』や、『Mr.Moonlight〜』のような、遊び心、冒険心に溢れた曲だと思うんですよ。平均化、均質化していく音楽シーンに異形の爆弾を投げ込むような、ね。

だってね、『Go Girl』のメロディーに誰もが驚いたはずなんですよ。Aメロ(Gメジャー)(「出会ったらすぐ恋になった」の部分)は、たった二つの音から出来ているんです! しかも、ド(主音)とソ(属音)というこれ以上単純明快な音は考えられない二つの音です。(注:話を見えやすくするために移動ドで表記。以下同じ)

サビ(Eメジャー)(「ばっちりばっちり」の部分)も、ドミドドミドドミミドミですから。それに続いてシレシシレシ……ラドララドラ……ですから。つまり「3度の跳躍」というパターンが順次下降しているだけ、というこれも単純きわまるメロディーな訳です。

もちろん、このシンプルさは意図的なものであって、決して霊感が降りてこなかったとか、スケジュールがきつくて書きなぐったとか、そういうことではないのです。この単純さが、スポーティーで軽快な疾走感を生む原動力なのです。まさしく、フットサルのテーマ曲にふさわしく作られている訳です。

で、おいらのように、思いこみの激しい人間がこれを聞くと、「二つの音符の間を行き来するメロディー」は、「二人のプレイヤー(もしくは二本の脚)の間で受け渡されるボール」に見えて(聞えて)くる訳です。そのボールが描くドリブルの軌跡が、『Go Girl』のメロディーだと感じられる訳です。

そうすると、ボールを追う吉澤ひとみの鬼神のような姿と、この曲が分かち難くつながってきて、もう、名曲以外の何ものでもない、と思えてくる訳です。

……以上の説に客観性はまったくありません。でもって、思いこみを吐き出したおいらはすっきりしたのでした。まる。

2004/2/3(tusder) ノストラダムスもびっくり 久々の純雑談

昔、矢口さんのANNへの投稿ネタで「紺野あさ美」の「あさ」の字を必死に思い出そうとしている矢口、みたいなネタがありましたよね。
で、 紺野さんの名前の由来は「朝の顔が美しくあるように」ということらしいので、仮に漢字を当てるとすると「朝美」なんですね、麻美とか亜沙美とかじゃなく。そのちょっと固い漢字の見た目もちょっと紺野さんらしく。

「朝美」という字を見ていて気づいたこと。朝=morningじゃないですか。……ということは、

朝美 = モーニング娘。人代表

って、ことだったんだ! なるほど大発見! そうか、こんこんが今の地位(モーニング娘。一の美人)にあるのは、もう、生まれた時からの宿命だったんだ! 紺野さんは、「モーニング娘。」というグループがこの世に生を受ける1997年よりも10年も前に、そういう星のもとに生まれていたんだなあ……

こんこん。 (からんころん)痛井ッ亭。さ〜ん。おじゃまー、ですぞい……
痛井ッ亭。 あっ、こんこん! 久しぶり。もう風邪はすっかりいいの?
こんこん。 はいー。もう大丈夫です(全快祈願)。
痛井ッ亭。 しっかり休養は取れたの?
こんこん。 はいー。思わぬお休みがいただけたので、布団に潜ってですねえ、こっそりマンガを読んでたら元気になりました。
痛井ッ亭。 あっはははは。
こんこん。 ところで、まこ来てません?
痛井ッ亭。 ん。見かけてないけど?
こんこん。 おっかしーなー。まこと原宿に遊びに行くって約束なのに、姿が見えないんですよね。
痛井ッ亭。 あれじゃないの。よっちゃんとお揃いのブレスレットを買いに行ったとか。
こんこん。 あーあー。
痛井ッ亭。 海に行ったとか(笑)
こんこん。 まさか。真冬ですよ今。……あ、でも、外がどんなに寒くても二人はアツアツだから関係ないですもんねぇ(笑)
痛井ッ亭。 ねー。春爛漫って感じで。
こんこん。 にしたって連絡ぐらいくれればいいと思いません?
痛井ッ亭。 う〜ん……ひょっとすると、ここに寄るかもしれないし、ちょっとお茶でも飲んで休んでいってよ。
こんこん。 いいですよ。どうせ、現実の私と違ってヴァーチャル紺野は暇ですから。
痛井ッ亭。 何がいい?
こんこん。 じゃあ、ホットココア! 甘めでお願いします。……あの……お茶受けはないんですか?
痛井ッ亭。 あ、これどうぞ。札幌市手稲区「菓夢in」の豆大福と草大福です。前にも出したけど。
こんこん。 やったー♪ いや、美味しいものは何度食べても美味しいので。じゃ、いただきまーす(ぱく、もぐもぐ)
痛井ッ亭。 ……こんこんが食べてる姿って、ほんと、何時見ても何度見ても可愛いなあ。美味しそうで、幸せそうで。
こんこん。 全く同じことを前にも言ってましたよ? 芸がないなー。
痛井ッ亭。 いいんです、別に。
こんこん。 もっと読者サービスとか考えていかないと!
痛井ッ亭。 うーん。こんこんにさえサービス出来れば、おいらはそれでいいです。
こんこん。 ダメな管理人ですねー。
痛井ッ亭。 ごめんなさい。……ところでハロモニ。は相変わらず食べ物企画が好調ですけど。
こんこん。 はいー。ありがとうございます。
痛井ッ亭。 ご褒美が食べられないこんこんの切ない表情とか、ミキティの切れそうな表情とか、ほんと最高で。
こんこん。 あれ、お腹が空いてきて、ほんと辛いんですよー。
痛井ッ亭。 たまには思う存分食べさせてあげたい! とか、いつも思うんですよ。もうゲームもクイズも何もなしで、とにかく一時間一杯美味しいものを食べまくるっていう……
こんこん。 それいいですね! でも企画通りますかねー、それ? ってか、番組として成立しないんじゃ……
痛井ッ亭。 いやいや、全然OKです。居酒屋っぽいセットでも組んで、ほら、掘りごたつかなんかで、で、さんざん食べながらひたすら雑談! そういう素の表情、作りなしの姿をファンは求めていると思うんだけど……
こんこん。 それかなりコアなヲタさんだけじゃあ? ハロモニ。は普通に子供とかも見てるんで。それに、編集が大変そうですよね。
痛井ッ亭。 いや、それくらいは頑張ってもらって。もう、四休さんも、ハロモニ劇場も一切無しで、とにかく食べる! あっ、HPWだけはいつも通りで。HPWはHPWで、ゆうちゃんを囲んでお鍋でもつついて。
こんこん。 あー。なんか、楽しそう。
痛井ッ亭。 ねー、ぜひ希望しますよこの企画。でさでさ……
まこ。 (からんころん)……ハーイ! エブリバディ、ナイスバディ! ピーマコ小川です!
こんこん。 あー、まこ! ……あっ、隣にいるのは、よ、吉澤さんじゃないですか!?
よっちゃん。 どうもー。チャンヒー吉澤です!
まこ。 へっへっへ。連れて来ちゃいましたー♪
こんこん。 あーもー、腕まで組んじゃって〜!
まこ。 へっへっへっへ。いいでしょー♪ うらやましいでしょ?
こんこん。 なんか、吉澤さんもまんざらじゃなさそうな。もう、メンバー内恋愛は禁止ってかおたんが言ってましたよ!
まこ。 へへっ。いいんだも〜ん。ねー?
よっちゃん。 え? あ、ま、まあな……(照れる)
痛井ッ亭。 ………………………………
まこ。 あれ? 痛井ッ亭。さん、妙に静かですねえ?
痛井ッ亭。 …………………………………………(赤面)
こんこん。 なんで赤面? も、もしかして、吉澤さんが来たせいで?
まこ。 あー、これはただごとじゃないな〜。もしかして、浮気?
こんこん。 あれ、でも痛井ッ亭。さん、吉澤さんは推しメンのリストにもあがってないですけど……ひょっとして隠してたとか…………そうなんですか?
痛井ッ亭。 ……………いや…その……………あの……………(赤面)
こん&まこ。 怪し〜〜〜〜〜〜〜い!!

(続く)

……しまった、つい吉澤さんを出してしまった。あー、どうしよう……
痛井ッ亭。と吉澤さんとの秘められた過去(笑)をついに曝露しなければならないのか……?
そんなこと言えるのか? こんこんが見ている前で! ←アホ
痛井ッ亭。は、このアイ脱史上最大のピンチを如何にして乗越えることが出来るのか? 乞うご期待! ←誰が?

*       *        *

「こち池」(と略すらしい)をみました。ゆうちゃん演ずるすずちゃんは、ついに話の本筋に絡んで来ました、で、ついつい全編見る羽目に(なかなかよく出来た話でした。出来すぎの感もあり)。
でもって、ゆうちゃんは相変わらずミニスカートの下からキレイなおみ足を盛大にご披露しております。しかも、今回はなんと警察署の応接室でそのような狼藉に及んでおり……素敵すぎます。ゆうちゃん、ある意味「美脚要員」? 30歳で美脚要員ってのは、名誉なことかも知れませぬ。

このようにゆうちゃんの美脚目当て(?)で「こち池」を見ているおいらには、他サイト管理人様に向かって「ののの入浴シーンに期待しすぎ!」とか言う資格はまったくない、ということに気付きました。反省。

*       *        *

おまけ(巡回日記?):あの! fkzさんとかalfredさんとかが、おいらの満たされるべくもない物欲をガンガン刺激してくれて辛すぎるんですけど! 誰か、このフザケた横文字野郎どもにきっつい制裁を! ってか、天罰を! 何だと!? DVDだぁ? 会報誌だぁ? 羨ましくなんか……羨ましくななんかないぞオオオ!!
い〜いんだもん! 泣いてない! ビエヾヾヾヾヾヾヾヾヾン!←このネタ前にも使ったなあ……

……ってか、おいら、モーニング娘。in HAWAII より、その横に写っているスポフェスのDVDが気になって気になって(涙)。こんなものがこの世にあるなんて。知らなければ平和に暮せたのに……ああ……むごいよ……fkzさん……

さ、気を取り直して(ムリ)、モー神通信。さんを読もうっと。

2004/2/4(wensder) 久々の純雑談2(承前) 駅前交番番外編

「ブレーメン」について書き落としていたことが。大神先生のしていたネックレス、あれは怪しい。ケンジ君がそのネックレスを見る目つきもなんか引っかかるし。あの二人、知合いらしいんだけど、大神先生の年齢からすると、ケンジ君が生きていたときの知り合いではなく、幽霊になってからの知合いらしい。ハーモニカ、そしてあの曲の謎は、大神先生がらみで、のの編で明らかになると予想され

こんこん。 いらいらいらいらいらいらいらいら
まこ。 いらいらいらいらいらいらいらいら

ます。それと、あの曲がこのドラマの三つの時代を貫くキーになっていて、ケンジ君はあの曲を誰かと一緒に演奏することによって、この世への未練を断ち切り成仏することが出来るらしい。それはいいのですが、問題はalfredさんも言う通り、どうやって、ちよの、ネコ姉さん、雛子の三人が時空を越えてあの屋根の上に

こんこん。 いらいらいらいらいらいらいらいら!
まこ。 いらいらいらいらいらいらいらいら! あの! まだ、その演説終わんないんですか? みんな待ってるんですけど!
痛井ッ亭。 ちょっと待ってて! 今、大事なところで。

あれ、何だっけ? そうそう、どうやって、ちよの、ネコ姉さん、雛子の三人が時空を越えて……あれ、何言おうとしてたんだっけ……えーとぉ…………

こんこん。 そうやって、時間を稼ごうとしてるんでしょ?
まこ。 なんとか誤魔化そうとしてますね、痛井ッ亭。さん!?
痛井ッ亭。 そ、そんなことないってば!
姐さん。 こんばんわー、遊びに来たでぇ。
やぐ。 どうもぉ、ヤグチです! ついて来ちゃいましたー。つーいてきーちゃいましったっ♪
痛井ッ亭。 ついちゃった♪ おぉ、二人ともいらっしゃい(あちゃあ、まずいときに来ちゃったよ……)
こんこん。 中澤さん矢口さん、聞いて下さいよ! 痛井ッ亭。さんが吉澤さんのことをかくかくしかじかで。
まこ。 そうなんですよ。かくかくしかじかで。
姐さん。 へええええ。ほおおおおお。それはそれは。何や痛井ッ亭。はん、今まで隠しとったんや〜。
痛井ッ亭。 ちちち違いますって。
よっちゃん。 しらばっくれるなあ! ワシの目は誤魔化せんぞ!
こんこん。 あれ? 吉澤さんいつの間に着替えて……ハンチングにトレンチコート……もしや、
まこ。 デカ長だぁ♪ わ、わたしも巡査の制服に着替えて来ます! (退場)
姐さん。 わたしも着替えてこよっと。(退場)
やぐ。 おいらも(退場)
デカ長。 痛井ッ亭。さんよ。今日はとっぷりと語ってもらうからな。まあ、そこに座りなさい。
痛井ッ亭。 あれ、いつの間にウチのカウンターが駅前交番の事務机に?
デカ長。 いいから早く座るんだ。
痛井ッ亭。 す、座るケドね、……よっちゃん、その命令口調は、
デカ長。 口答えをするなぁ! さあ、正直に吐いたらどうなんだ? 調べはついてるんだぞ!
痛井ッ亭。 あの、その……
小川巡査。 着替えて来ましたー。
中澤巡査。 中澤、只今参りましたっ!(敬礼)
矢口巡査。 同じくっ!(敬礼) あの、ついでに外をほっつき歩いてた高橋を連れて来ましたーっ。
高橋巡査。 ほっつき歩いてないですってえ。なんか騒がしいなと思ってえ、仕事の合間をぬってえ、駆けつけたんですけどお。
デカ長。 うむ。みんなご苦労(敬礼)。あー高橋巡査。忙しいのは自慢しなくてよろしい。それを聞くと凹むメンバーが大勢いるからな。
高橋巡査。 おっ。失敬失敬。
中澤巡査。 高橋さん!?
高橋巡査。 はい。失礼しました。
痛井ッ亭。 あ、そのネタ結構好きです。
デカ長。 余計なことは言わんでよろしい! じゃあ、早速取調べを始めるからな。

最初、モーニング娘。がデビューしたとき、「まーた、騒がしいだけの下らないグループが出て来たな、どうせTV企画モノだろ」くらいに思っていた……と。これは事実だな?
痛井ッ亭。 べ、弁護士を呼んで下さい!
デカ長。 まったく。悪知恵だけは一人前だな。
(受話器を取り上げ)……あ、来来軒さん? 弁護士一人。大至急。おう、駅前交番の吉澤だ。よろしく頼む。
中澤巡査。 へえ。来来軒って、弁護士も出前するんだ……
小川巡査。 どうなんですか痛井ッ亭。さん? 認めるんですか?
中澤巡査。 正直に白状しい。誰も怒らへんから。
痛井ッ亭。 も、黙秘権を行使します。
デカ長。 (机を叩いて)ふざけるなあ! 駅前交番に刑事訴訟法が通用するとでも思っているのか? 痛井ッ亭。、ネタは上がってるんだ。正直に吐いたらどうなんだ。楽になるぞぉ。
痛井ッ亭。 ………………(黙秘中)…………………………
小川巡査。 デカ長。黙秘するつもりらしいです!
デカ長。 痛井ッ亭。故郷(クニ)の母さんが泣いてるぞ……
高橋巡査。 ♪かーさんがーよなべーをしてー……
デカ長。 さ、素直になって認めるな?
痛井ッ亭。 わ、わたしは……わたしは…………申し訳ありませんでした(号泣)
デカ長。 勇気を出して、よく言ったな(涙)。だが、取調べは始まったばかりだからな。

次に、痛井ッ亭。は初代リーダー中澤裕子が恐くてモーニング娘。を避けていた、という目撃証言があるんだが、本当なんだね?
痛井ッ亭。 …………はい…………認めます。
矢口巡査。 ちょ、ちょっとゆうちゃん、暴力はダメ、起訴に持ち込めなくなるよ! こらえて、ここはこらえて!
中澤巡査。 何だよチクショー、人が黙ってりゃあいい気になりやがってよぉ!
デカ長。 中澤君言葉を慎みたまえ。
中澤巡査。 はっ。取り乱しまして。(敬礼)
デカ長。 次がもっとも重要なポイントだ。
痛井ッ亭。はLOVEオーディション21の時に紺野あさ美に一目惚れしたにも関わらず、メディアに出てこないので、そのうちに吉澤ひとみの天才的び、び、び……
小川巡査。 吉澤さん、な〜に照れちゃって〜。思い切って言っちゃって下さいよお。
デカ長。 吉澤ひとみの天才的美少女ぶりにすっかり持っていかれてしまった。

……事実だな?
痛井ッ亭。 はやく弁護士を! 弁護士と相談するまで一言も喋らないぞ!
中澤巡査。 ありゃりゃ。まーた態度を硬化させちゃったわねえ。
紺野さん!?
こんこん。 へ?
中澤巡査。 へ?      じゃ、ないでしょう!? 何一人だけ私服のままぼやっとしてるの!?
こんこん。 いやー、なーんか、面白いなー……と思って。
中澤巡査。 と思って……じゃないでしょ。あなた、早く中華屋の看板娘に着替えてらっしゃいよ! あなたが「出前持って来ましたあー」っつって、弁護士連れてこないと話が進まないのよっ!
こんこん。 あ、はい。今着替えて来ます。(退場)
小川巡査。 早く戻ってねー。楽屋でぼーっとしてちゃダメだよー。
中澤巡査。 …………さ。痛井ッ亭。紺野さんは追い払ったら。武士の情けってヤツ?
今のうちに吐いちゃったほうがいいんじゃない? 紺野さんの目の前で、正直に言えないでしょう?
痛井ッ亭。 そ、それは………………その……つまり……

(まだ続く)

このネタは、次回いよいよ佳境に! って、ほんとどうでもいいネタで引っ張ってごめんなさいね。
「よろ!セン」に紺野さんが出ているってのに、そのことは書かないのかよ? って話ですよねえ……

*       *        *

昨日、フザケた横文字野郎が物欲を刺激してくれて……というネタを書きました。で、別件でfkzさんにメールしたら、帰って来た返事が……………………凹。

ハイファイでハイテクで完璧すぎるAV&PC環境ならびにファンクラブ会員の特権をさんざん自慢されて、すっかり止めを刺されてしまった痛井ッ亭。なのでした……

fkzさん、心暖まる返信を本当にありがとうございました。

いいさ、いいさ。今日もおいらはローテク、ローファイ&無一文で頑張るのさ(地を這うように)……

最近、痛井ッ亭。はfkzさんのことを書きすぎですか?
なつきすぎ?
もう、それでもいいです(おいらは。fkzさんがどう思っているのかは不明)。
「馴れ合いサイトだ」「よっちゃんにまとわりつくまこっちゃんみたいだ」と世間様から後ろ指を指されるくらいまで、このスタンスで行きます!
(まだまだ序の口よん♪)

おネエ言葉があんなに憎たらしいなんて。

2004/2/5(sasder) 久々の純雑談3(承前) 駅前交番番外編

物欲の滝に打たれて耐え続ける、という荒行に挑戦中の痛井ッ亭。です。どうも。(単に貧乏なだけとも言います)
最近、
yiyeさんや、こまきまこさんが、「着ボイス」なるものの存在を教えて下さったので、滝の勢いはますます強く、水はいよいよ冷たさを増しております。

おいらも、そりゃあ「お兄ちゃん! メールだよ!」とか、呼びかけられてみたいですよ。のたうち回ること必死。ほんと、キラーコンテンツとはよく言ったもので。
こんな声が、もし奥さんの前で携帯から流れて来た日には……確実に一家離散ですわ。三行半を突きつけられてしまいます。はあ……。

現在、メール着信音は自作したものが鳴ります(クラシックの曲)。目覚まし時計がわりのアラームは今だに「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」です。
これをこれからは、
ゆうちゃん「ちょっと! メール来てるで! はよ取りや」
こんこん「朝ですよー。サイト更新の時間ですよー♪」
に、頭の中で変換しながら生きていきたいと思います(涙)。

さて、話かわって、デカ長以下、駅前交番の婦警さんが総出演という、本物のハロモニ。劇場ではありえない豪華ラインナップで、まさに婦人警官制服フェチハロモニ。ファンには堪らない状況になっている Café 痛井ッ亭。です。よってたかって糾弾される痛井ッ亭。は、この難局を乗り切ることが出来るのでしょうか?

小川巡査。 デカ長! 押収した被疑者のPCのHDDの中から、吉澤ひとみの画像が大量に出ました……みんな『ザ☆ピース!』以前のものです。
デカ長。 動かぬ証拠だな……観念したか痛井ッ亭。さんよ。
高橋巡査。 デカ長、『アイ脱』の過去ログを捜索したところ、吉澤ひとみに言及した部分がほとんどありません。これこれくらいしか出ませんでした。あとは証拠を湮滅したものと思われます。
痛井ッ亭。 湮滅だなんて。最初から書いてないんですよ(これはホント)!
小川巡査。 痛井ッ亭。さん、被疑事実を認めて、ラクになりましょうよ。
中澤巡査。 そうよ。あのころの吉澤ひとみはほんとうに美少女だったんだから、よろめいちゃっても誰にも非難なんてできないんだから。
デカ長。 「あのころ」は余計だ! ……高橋巡査!
高橋巡査。 はいな〜。
♪ こがら〜しふいてぇ、ちぶてえ〜かろうてぇ、せっせーと編んだガシ〜(しみじみ)
デカ長。 なんだか、歌詞まで訛っているが……まあいい……痛井ッ亭。……素直に認めるな?
痛井ッ亭。 ……わたしが……わたしが悪うございました〜(号泣)
小川巡査。 やりましたね! ついに自白しました。お見事です、デカ長!
痛井ッ亭。 ………………でも、違うんです。聞いて下さい! あれは……あれは……みんな間違いだったんです。っていうか、私、騙されたんですっ! 
中澤巡査。 それは聞き捨てならないわね、どういうことなん?
痛井ッ亭。 …………(遠い目)…………そう、あのころ……まだ、何も知らないウブで純朴な一般人だった私は、「吉澤ひとみって子は、きっと育ちがよくて、上品で、学業も優秀なのに違いない」と、見た目で思いこんでいた んです……
デカ長。 思いこんでたって……別に、間違ってないと思うが……
ゆう&やぐ クックック…(必死で笑いを堪える)…
デカ長。 何を笑っているのかね?
ゆう&やぐ はっ(敬礼)。何でもないのであります!
痛井ッ亭。 ……それで、私は……「ああ、この子は、お子ちゃまと、アホと、ヤンキー崩れの集団の中で、きっと一人だけ浮いちゃってて、居心地の悪い思いをしているんだろうなー」って思……
高橋巡査。 中澤さん! ストップストップ! 暴力はいけません! (ゆうちゃんを必死で取り押さえる)
小川巡査。 矢口さんも落着いて! 冷静に! (後ろから羽交い締め)
中澤巡査。 (暴れながら)こうまであしざまに言われて、これが黙っていられるかあぁ!!
矢口巡査。 そうだよ! お前ら5期メンは、あのころまだメンバーじゃなかったから冷静でいられるだけだろーっ!!
デカ長。 中澤君! 矢口君! 気持ちは分かる。分かるが、まだ供述が途中だぞ。……痛井ッ亭。さん、続けなさい。
痛井ッ亭。 皆さん本当にごめんなさい。すべて私の思い違いだったんです。でも、そのころは、本当にそんな風に思ってたんです……ところが……
全員 ところが?
痛井ッ亭。 ……全部間違いだったんです。ってか、吉澤ひとみに騙されたんです! 詐欺罪で逆に告訴します!
デカ長。 人聞きの悪いことを言うなー! オレは別に吉澤ひとみは人を騙すようなことはしないぞ!
小川巡査。 デカ長! 目が血走ってます! 落着いてください!
デカ長。 吉澤ひとみはなあ、デビュー曲『ハッピーサマーウェディング』のPVの中でも、ちゃんとアホ丸出しの変顔を披露してるんだよ! それに『I WISH』のPV撮影風景の中でも「オレ男だぜ」と、ちゃんとカミングアウトしているんだ!
そんなことも知らずに、勝手な思いこみに囚われていたのは、痛井ッ亭。さん、あんたの過失なんだよ!
痛井ッ亭。 ……うっ(タジタジ)……で、でも……矢口さんだってフジTVのハワイ特番の中で「吉澤は頭いい」って、言ってましたよねえ。これ、詐欺罪の幇助に当たるんじゃ?
矢口巡査。 なんだよ。おいらまで犯罪者扱いかよ? やってらんねえ、マジで。
……おいらだって、あのころはまだよしこのこと、あんまりよく分かってなかったし、誰だって最初は少しくらいネコかぶってるもんだし。しょうがないじゃん!?
中澤巡査。 で、それは結局、痛井ッ亭。の思いこみに過ぎなかった……ってワケね。そして、吉澤ブームは冷めていったと。……で、その後は紺野さん一筋なのね?
高橋巡査。 とーころがぁ、それがそうでもないんだわぁ。ミニモニ。のPVを見たら加護さんしか目にはいらない時期があってえ……
矢口巡査。 おいらのANNSをかかさず聞いて、写真集『ヤグチ』を買ったりしてた時期もあったんだよ!
デカ長。 フム。「最初から紺野にぞっこん」というのは、偽証の疑いが濃厚になって来たな……
痛井ッ亭。 そんなことないですって! 携帯のモーニング娘。応援掲示板にだって「北海道娘。期待の新人、紺野あさ美さんを応援します!」って以外の書込み、したことないし! 本当です、刑事さん、信じて下さいよぉ!
中澤巡査。 でもねえ、相当心証悪いわね、これは。
高橋巡査。 今だに『5』を買っていないっていうのも有力な証拠になりますね。
矢口巡査。 有罪は免れないよね、きっと。
痛井ッ亭。 ってか、何罪なんですか? 一体?
中澤巡査。 偽証罪、名誉棄損罪、公務執行妨害罪、証拠湮滅罪……そうとう長くなるわね……
痛井ッ亭。 長くなるって……まさか……実刑ってことは……
看板娘。 ちわーっす。来来軒っす。弁護士一人前お待ちどお! へい。ちょうど500円になります。
……って、もう遅かったみたいですねえ。……ま、いっか。とりあえず、ここ、おいときますね。まいどー。(退場)
痛井ッ亭。 おーい、こんこんー! まいどって……弁護士さんはぁ? これ、白百合伯爵んとこのチャールズじゃないですか! ぬいぐるみだし! 一体どうしろと!?
チャールズ。 (何故か麻琴の声で)失礼だワン! 僕はれっきとした東京第二弁護士会所属の弁護士なんだワン!
あんた、もう有罪は確定したようなもんだから、あとはとにかく反省して、改悛の情ってのを見せて、情状酌量してもらって、なんとか執行猶予をつけてもらえるように頑張るしかないんだワン! 
痛井ッ亭。 そ、そんな〜!
高橋巡査。 まこっちゃん、うまいよね、腹話術。

(まだ続く……)

……オチが思い浮かびません……どうやってケリをつけようかしら……ダメですね。行き当りばったりに更新しては。

注:あの。これ、あくまでネタですから。相当に作りが入ってますんで、そのあたり鵜呑みにはしないでくださいませ。←この期に及んでまだ言い訳♪

*       *        *

昨日、親切な読者の方から、痛井ッ亭。のとんでもない失態をご指摘いただきました(あっちゃあ……またやっちゃったよ)。
また、厳しくも思いやり溢れる批評を書き送っていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。
今後も、読者の皆様からのするどいツッコミを心よりお待ちいたしております。メールを頂けると本当に嬉しいんですが、BBSで晒しちゃっても一向に構いませんので。お好きな方法で痛井ッ亭。につっこんでやってくださいませ。

痛井ッ亭。 え〜〜と……。「やぐ」→「矢口真里」……「おが」→「小川麻琴」っと、……よし、全員分FEPに登録したから、これでもう大丈夫♪
こんこん。 痛井ッ亭。さん……。↑こんなこと書いちゃったら、どんな恥ずかしい間違いをしでかしたのかモロバレですよ……

2004/2/5(sasder)2

相互リンク集に、 MACOM様、 SHiiNA's Homepage - 椎名ひかるのホームページ - 永遠に仮題様、 モーニング娘。秘宝館様を追加いたしました。

2004/2/6(fleder) 久々の純雑談4(承前) 出張裁判

さて。今日もエネルギー全開でいきまっしょい。アホバカ妄想パワーのリミッターを違法改造し、うみゅーと奇声を発しつつ寂しがっているこの人を軽く放置しつつ(笑)突っ走ります! (それにこの人、訳あって完全在宅系を貫くこのおいらに対し、ご親切にも現場の素晴らしさをとくとくと語ってくれちゃって……やりやがったな?)
さてこの後、駅前交番番外編はハロモニ。出張裁判へとなだれ込んで行きますよ! 痛井ッ亭。は果たして前科者となることを免れるのか……

安倍裁判長。 ハロモニ。出張裁判の時間です。裁判長はわたくし、「ひとりぼっち」の安倍なつみです。ファーストアルバム好評発売中! (ぽんぽん、と木槌を打ち鳴らす)
やぐ。 それ、いま関係ないから。
安倍裁判長。 はい、そうですね、ちょっと場違いでしたかね。それでは被告人は前へ。藤本検事よろしく。
藤本検事。 はい。では、被疑事実を読み上げます(中略)……また、最近、特にフットサル以降、再び吉澤ひとみを激賞するような記述が増えており、あまつさえ、大人の色香を漂わせている、と言ったとの目撃情報も得ています。様々な物証、及び状況証拠から、詐欺罪、偽証罪、名誉棄損罪、証拠湮滅罪の罪名により、被告人に対し、無期懲役を求刑するものです。
やぐ。 うわっ。やっばーい(←使い方が違う)
無期懲役じゃあ、減刑しても執行猶予がつかないよね。
安倍裁判長。 被告人、最後に何か言いたいことはありますか。罪は概ね認めているようですが。
痛井ッ亭。 ……はい……わたしが……本当に……
チャールズ。 待って下さい裁判長! お願いですワン! 被害者の、あさ美ちゃん紺野あさ美さんの話を聞かせて下さいだワン。被害者は本当にこのような厳罰を望んでいるのですワンか?
藤本検事。 被害者の気持ちは関係ない! モーヲタ界の治安を維持するためには、違法行為に対しては厳罰で臨むことが必要なんだよ!
チャールズ。 藤本検事、あなたは、普段『アイ脱』内での扱いが悪いのを恨んで、個人的な感情を量刑に持ち込んでいないワンか?
藤本検事。 個人的な恨み? はぁ!? なんスか、それ? 全然関係ないし。そこまで言うならこんちゃんの話を聞いてみましょうよ。こんちゃん、どうなの?
安倍裁判長。 (木槌:ぽんぽぽぽん)藤本検事! 裁判長を無視して勝手に話を進めないように! ……で、紺野はどうなの?
こんこん。 え? あれ? わーたしぃ、被害者だったんですかー……。 ただの傍聴人だと思ってました。
藤本検事。 へ?
安倍裁判長。 それは一体どういう?
こんこん。 わたし別に……有罪だか無罪だか知りませんけど、そんなのどっちだっていいんですけど(完全むくれモード)。
別に、痛井ッ亭。さんが、吉澤さんに持っていかれちゃっても、中澤さんの二の腕が、とか、おみ足が、とか変態なことばっか言ってても、別に気にしてませんけど。関係ないし。
やぐ。 あっりゃあ。そぉとぉむくれてるよ、これは。
まこ。 すねてる、すねてる♪
こんこん。 別にすねてなんか……
中澤巡査。 ……紺野さん、ほんとは違うんでしょ? 法益侵害がない、つまり被害が発生していない、ということにして、痛井ッ亭。さんを無罪にしてあげようと。そういう優しさよね?
こんこん。 違います。勝手に曲解しないで下さい。本当にど〜〜〜〜〜でもいいんで! (プンスカ)
痛井ッ亭。 こんこん……(涙)
……嘘でもいいから「私だけを見ていて!」とか、言ってほしかったです。 ←イタタタタ
こんこん。 ……とことんわがままな人ですねー。
じゃあ、絶対許しません、って言えばいいんでしょ? 裁判長! そーゆーことなんで、極刑に処しちゃってください。打ち首獄門で。
痛井ッ亭。 いや、それも困るんですけど。
藤本検事。 裁判長! 評決に入って下さい!
安倍裁判長。 そ、そうですね。じゃあ、陪審員の皆さん、ボタンの用意はいいですか?
痛井ッ亭。 ちょっとまってよ。陪審員席にいるの、全員駅前交番の巡査さんでしょ? なんで、訴追側と陪審員が同一人物? それ、公平な裁判を受ける権利を保証した憲法37条1項に思いっきり反してるし!
安倍裁判長。 うるさいうるさい! (ぽんぽんぽん!!) ハロモニ。裁判に、憲法も人権保証も適正手続も関係ないです! わたしが裁きたいと思ったら裁く! それがハロモニ。裁判です!
痛井ッ亭。 そんなご無体な! お奉行様!
安倍裁判長。 おうおう。黙ってきいてりゃいい気になりやがって! (モロ肌脱ぎッ!)おうっ! この桜吹雪が、 
やぐ。 ちょっとなつみ! 大事なモノがもろみえ今、江戸時代じゃないし! 桜吹雪書いてないから!
安倍裁判長。 すいません。取り乱しました。
被告人、最後に言い残すことは?
痛井ッ亭。 今度あさ美を連れて海にでも行くよ ←顰蹙
安倍裁判長。 思いっきり反感を買ったところで。では、陪審員の皆さん、ボタンをどうぞ!
全員一致で せーのっ
大決定 有罪!
スモーク。 ブシュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
痛井ッ亭。 そうやって、あさ美のカタを持つのかよ〜! ←当然です

(ようやっと完)

超どうでもいい過去の告白に、こんなに長い間付合わせてしまい、本当に申し訳。

*       *        *

さて気を取り直して、昨日の「うたばん」について。
まっつーさんがタカさんとカツ丼を作ってましたねえ。タカさんが、案外料理をする人だということを初めて知った。深夜に料理番組をやってるということも。もしや……堺正章の跡を継ごうとでも?

ま、それはいいんですが、問題はソニンさんだ。
いや、そもそもソニンはハロプロメンバーじゃないし、ここで触れるのはどうかとも。それに普段あまり注目もしていないよく知らない人について迂闊なことを書くと火傷する、というのも分かってるんだ。
でも、書きたいんだ。
だから、小声で書く。ので、読み流して。お願い。

和田社長自ら陣頭指揮を取るソニンのプロモーションの一環として、「うたばん」では過去にも相当キツイ企画をやって来ましたよね。でも、今回のは正直辛すぎませんかね?
いや、日本中ドサ回りして歩くのはいいんですよ、プロモーションの基本だし、根性を鍛えるための特訓と思えば。
おいらが、可哀想、と思ったのは、「今回はインディーズから発売」ってヤツ。これは
事実らしいんですけど、問題はその理由が、「レコード会社との契約が切れたから」で、契約更新しなかったの理由は「宣伝費用に対して利益があがっていないから」というもので。それを本人に伝えたと言うんです。これ、事実なの? 作りなの? ネタにしても悪趣味じゃあ?
そりゃ、モーニング娘。の出発点だって、本人たちを騙して、まわりの大人が色々な試練を仕掛けていく、というものだったことは分かりますよ。そこで和田氏が果たしていた重要な役割も知らないでもないです。でも、今回のソニンさんへの騙しは、もし、本当に騙しだとしたら、相当にヒドイ、とおいら思うんですよね……あくまでも、本人もグルになっての番組上のネタだ、ということを信じておきたいと思います。
(タカさん中居クンは、この企画はネタだから笑っていいんだ、というスタンスだったですよね)
まあしかし、ネタにせよ何にせよ、そういう悲壮さを嫌と言うほど盛り上げておいて、そこにあの曲ですよ?
「ほんとはね。」(作詞作曲:より子。)ですから。
それを雪吹きすさぶ屋外で歌うんですから。もう。
ちょっと、泣かせようって意図が見えすぎですけど、それでも(企画に対する嫌悪感を抱きながらも)思わず本気でもっていかれそうになったおいらって……
この件に関する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

あと、インディーズで発売、という話題作りもどうなんでしょう。ソニンさんのような売れっ子(なにせ、「うたばん」であんなに長い時間を割いて企画をやってもらえるんですから)が、インディーズで出さないといけない理由はまったくないと思われます。ただの話題作りでしょ、きっと。でも、それって、本当にインディーズで頑張っていて、メジャーを夢見て頑張っている人たちに対して失礼なんじゃないでしょうかねえ? まあ、最近はCKBの活躍があったりとかして、インディーズとメジャーを区別する意味も薄れているかもしれませんけども。

以上、無責任トークでした。ほんと、ごめんなさい。読んだ端から忘れて下さい。

*       *        *

「よろ!セン」に紺野さん、高橋さんが出ているので触れたいのですが……fkzさんに、とっても上手にまとめられてしまったので、ギャフンと言わせる秘策を検討中です(笑)。秘策が見つかるまで書きません。書きませんともよ(涙)。

*       *        *

業務連絡:T.G.I.F.さんからリンクしていただけました。早いうちに相互リンク集のほうにコメント付きで紹介したいと思います。なんか、うちの記述を面白がってくれたようで。本当にありがとうございます。再開したい気分も高まっているようで嬉しいです。「links another member:」は「links yosiko:」に変えようかなあ。本当によっちゃんのことを愛していらっしゃる。

2004/2/6(fleder)2

業務連絡:相互リンク集にT.G.I.F 様を追加しました。

2004/2/7(satder)

業務連絡:本日より一週間、「他サイト集中閲覧週間」につき、更新をお休みいたします。

……嘘です。
嘘は嘘なんですが、今日はやる気も時間も底をついた感があるので、サラっと。
つんく♂at「FUN」も見たし、聖典「ハロモニ。」(12日遅れ@北海道)も見たのに、そんなことでいいのでしょうか。
まあ、個人的備忘録ということで。(スルーして下され)

一昨日の「よろ!セン」を見直して確認。
紺野さん「手相見して、手相」
「見て」。決して「見せて」ではなく。ここに、紺野あさ美さんが、純北海道弁ネイティブスピーカーであることのあきらかな徴があります。……って、他の地方でも言いそうだけれども。ま、いいか。

*       *        *

まったくどうでもいい私事(いつもだが):私のHNは御存知(?)「痛井ッ亭。」……2chで営業したら「自意識過剰」って言われました。同感です。それはいいんですが(ネタみたいなもんだから。このHN)、痛井ッ亭。って長いですよね。(自分では「itete」と打つと変換されるように登録してあるので問題ないですが)
皆さん、もっと短くてすっきりしたHNをお持ちですよね……どうしかものか……と、思っていたら、とある方からのメールに、

「イタさん」と。 (命名:fkzさん)

…………おっ。 (←ぜひ紺野さん風に発音してください)

イタさんかあ、イタさんねえ……板さんみたいだな……梅さん? ……ま、短くて呼びかけやすいんで、いいんですけど……あだ名として採用していこうかなぁ……ためしにご用事のあるかたは「イタさん」と呼びかけてみてください。どんな感じがするものやら。仮想会話の中でも使っていこうかしら。

*       *        *

導師。 我が不肖の弟子よ。荒行(注:物欲の滝に打たれて耐えること)は続けておるかね。
弟子。 は。鋭意継続中で……
導師。 嘘を申すでない……我が目を見くびるでないぞ……顔を見れば分かるのじゃ。おぬしが真面目に修行に取組んでいないことは一目瞭然じゃ。
弟子。 導師、何故そのようなことをおっしゃいますか。
導師。 とぼけるでない。おぬし、昨日『モーニング娘。CONCERT TOUR 2003 15人で NON STOP!』を入手したであろう。
弟子。 な、何故それを!
導師。 わからいでか! まったく……これでは修行は一からやり直しじゃな。
弟子。 申し訳ございません。
導師。 まあよい。人間誰しも煩悩と戦うのは容易ではないからな……あー、もう、この喋りかた疲れてきたですぅ。
弟子。 導師、もうちょっと頑張ってよ。
導師。 それで、どうでしたか、感想は?
弟子。 こんこん、素に戻ってるから……まだ、視聴してません。
導師。 あれ、どうしてですか。戸川純さんみたいに意味のない我慢に快感を覚えたりしているんですか? (ってか、戸川純さんってよく知らないですケド)
弟子。 恐くて見れません……
導師。 え? 恐いって? 保田さんはもう出てないですよ?
弟子。 違〜う! 圭ちゃんは恐くないし! そうじゃなくて………………6のつく人たちが「好きな先輩」を歌っているって………………
導師。 ……あ……その件ですか。
弟子。 はい……それを見たとき、自分がどういう感情に苛まれるのかと思うと……もう、恐くて恐くて……

6期があの曲を歌っている、という情報は加減のりじょさんのBBSで教えてもらいました。
いや、情報というのもナニなくらい、皆さんもうとっくに知っていることな訳で……痛井ッ亭。のズレっぷりがまた一つ明らかに。
ってか、おいらは300年も前の楽曲を研究したり演奏したり普通にしてた人なんで、半年くらいの遅れは屁でもないんです……って、強がってみたり。

この件については、モー神通信。さんの過去ログでも、読みました。圭ちゃんが歌う「NEVER FORGET」と同じように肯定的に捉えたい、というような内容だったと。
たしかに態度としては正しいと思うのですが……まあ、話は見てみてからだな……いつ、見る踏ん切りがつくかだな……

2004/2/8(sander) ののは天使 ・ 夢の話 ・ その他

現在「センチメンタル南向き」一曲をエンドレスで聴きながら更新中です。つい最近「TANPOPO1」を初めて……どんなに世間とズレていても気にしません。どんなに「今更」と揶揄されても気にしません。だってそういう人だから。

さてさて、「ブレーメン」はついにのの編に突入です。
愛ちゃんが出ていた前回までに比べ、演出のバカっぽさが200%UP! って感じです。真面目で優等生な雰囲気の愛ちゃんに対して、奇跡で、天使で、「バカ女」なののをプレゼンテーションするのに、まさに相応しい演出方針。なにしろ、「武礼面通り商店街」で、意味なくおっちゃんおばちゃんが踊っちゃうんですから。それに25分しかない時間のほとんどを歌ったり、歌を聞いたりして過ごしてるんですよ! そんな贅沢な時間の使いかたしていいんですか? もちろんいいんですけど、ののの魅力を表現するためなら。

「新しいドラマに人気タレント、ミニモニ。を起用してみた」のではなく、「ミニモニ。を出したいから、こんなドラマでっち上げちゃいました」って感じ? その、まずミニモニ。ありき、って感じがステキすぎ。(相当偏った感性だとも思うが、ここを読んでいる人でそれにツッコム資格のある人はおそらくいない……)

気づいたことを備忘録風に。
・Fのコードが押さえられないのの。リアルです。Fは初心者にはきついんだよね。

・大神クン(あの大神先生の少年時代)と紺野さん(……)と、喧嘩別れした後で、ふと、吸い込まれるように例の洋館に入っていくのの……住居不法侵入ですか。そんなことが気になってしかたがない自分がいいかげん嫌になります。

・のの達三人は、洋館の中で例の幽霊のケンジ君に出会います。ののは一緒にフォークバンドをやろうと誘います。でも、この4人が、例のハーモニカの曲を一緒に演奏することはないんでしょうね。そうするとケンジ君は成仏してしまい、現代編につながらなくなるから……と予測。

・あと、紺野(こんちゃん)という役名はやっぱりマズイです。yiyeさん、こまきまこさんも言う通り、その役を紺野あさ美さんにやらせるか、もしくは役名を変えるかしないと気持ち悪くて仕方がありません。

・次回、いよいよ宝田明演じる謎の紳士が登場。話が見えてくるはずです。

・ののの入浴シーンは視聴者の期待を持たせるため、のの編の最終回までひっぱることでしょう(と、期待している人に嫌がらせ♪)

*       *        *

誰も読みたくない夢の話:今朝最高の夢を見ました。紺野さんと握手する夢を見るのは二回目です。
そんなオメデタくも痛々しい夢をみた原因は、昨日『15人でNON STOP!』を半分ほど視聴したせいです。
今回の紺野さんはDVDの影響で、最新式(とはいえ数ヶ月前)の顔だちでした。最高潮に丸顔なのに、同時に自信に満ちた凛々しさを湛えていて、でも時折、何かに耐えているかのような切なくも強靱な表情を見せる紺野さん。……夢の中の彼女は、終始にこやかでした。
夢の中で握ったその手は、信じられないほど華奢で、指が細くて長くて、で、ヒヤッと冷たくて、少ししっとりと汗ばんでいました。握ると、筋肉も皮下脂肪もほとんどないその指の中の細い骨の感触が分かるんです……って、こんなキショすぎる夢の話、一体誰が読みたいと? ってか、読者が引いちゃって、一気に閲覧者数が半減しそうな気もしますが……いいんです。書きたいことを書くと決めたんです。友人と酒を飲みながら、この話題について小一時間熱く語りたいとマジで思う痛井ッ亭。です。夢ですらこの熱さですから。これが現実に握手なんぞしちゃった日には……400ページ三段組くらいの大部の論文を書いてしまいそうです。アホ過ぎます。熱すぎです。分かってます。T.G.I.F.さんに「握手回数:紺野あさ美:1回」とか、サラっと書かれているのを見つけても、決して羨ましくなんか……羨ましくなんか……うおおおおおお!

*       *        *

話かわって、バレンタインDAYなるものが近づいて参りました。
娘。のみなさんも、きっと本命チョコやら義理チョコやらたくさん買い込んで方々に配りまくるんでしょうね。

ところで、藤本美貴さんの好きな食べ物は第一位「焼肉」ですが、第三位に「トバ」がランクインしているあたりさすがに酒飲み美味しいものが分かっていらっしゃる。おいらも、スモークサーモンとならんで「トバ」は鮭の美味しさを凝縮した素晴らしい珍味だと思います。そんな藤本美貴さんにお薦めのバレンタインギフトが
こちら。














……(汚い写真でごめんなさい)……


そうです。トバをハート型に加工したというスグレモノの商品です。ミキティらしさ溢れる商品かと。つんく♂さんへの義理チョコがわりに、ぜひ。

一方、紺野さんのバレンタインメッセージカード(? よく知らない)の写真に書いたコメントは……

「年一度のドキ2の日ですね(ハート)
甘いチョコいっぱい食べて元気
出しまっしょお(マル) 甘い物はつかれ
に良いのです(顔)(ハート)」
……といったもので……あの……紺野さん? バレンタインデーは女の子がチョコを意中の人や義理を欠かせない人に贈る日であって(いや、それも本当は違うが)、決して、女の子本人がチョコをバリバリ食べる日ではないんですよ? 分かってます? いや、食べてもいいんですけども。小顔を目指しつつ、甘い物を食べて体力回復を図って下さい……

2004/2/8(sander)2 1000020000hit記念反省会

痛井ッ亭。 えええ〜、本日は当サイト1000020000hit記念反省会にご参集いただき、まことにありがとうございます。10000hitの時用意していた企画をあげようあげようとしているうちに20000達成してしまいました。
ゆうちゃん。 またまた。20000になる日を一日千秋の思いで待ってたんでしょ?
痛井ッ亭。 ……(無視)……え〜、思い起こせば、
まぁりん。 あのぉっ! その挨拶長くなります? 先に、お酒配ってほしいんですけど!
こん&まこ。 ケーキも! ケーキっ! ケーキっ! ケーキっ! ケーキっ!
痛井ッ亭。 分かりましたよ、もう。……(ひととおり配りおえて)……え〜、思い起こせばー、
まぁりん。 長くなりそうだから、聞き流しながら始めちゃお?
痛井ッ亭。 ままま待ってくださいよ! じゃあ、せめて乾杯の挨拶だけでも。お願いします、ゆうちゃん。
ゆうちゃん。 え? わたし? ここは紺野サイトなんだから紺野さんがいいんじゃないの? ねえ。
こんこん。 あー。いやー。わったし、挨拶とか苦手なんで。ここはぜひ、ハロプロリーダーの中澤さんに……
まぁりん。 うまいね。顔を立てたね。
ゆうちゃん。 あら、そうお? じゃあ。えっとぉ、10000や20000程度のhit数で、ここまで仰々しい企画をやるこっぱずかしいサイトも他にないとは思いますが……ま、そういう芸風だからしゃあないわな。ま、とりあえず、今後も頑張りや、ってことで。乾杯っ!
全員 乾杯! さ、飲も飲も!
痛井ッ亭。 え〜、思い起こせば……って、誰も聞いてないし。(涙)

最近のアクセス数:モー神通信。さんに文中リンクしていただいたとき(600強)や、ぼるさんに文中リンクしていただいたとき(800強)の、御祝儀アクセスもとうに過去の話となり、現在では500〜400 page view / a day という水準で落ちついています。この数だって本当に信じられないくらいで。本当にありがとうございます。
これもひとえにブックマークしてくださっている皆様(徐々にですが増えています)、リンク集やアンテナにあげて下さっているサイト管理者の皆様、そして読みに来て下さっている皆さんのお蔭です。

痛井ッ亭。 でも、テキストサイトベスト50からウチが消えてずいぶん経ちます……
ゆうちゃん。 あらあら。もしかして根に持ってるとか?
痛井ッ亭。 いえいえ。そんなことは。でも、消えたときは相当凹みましたけど。
最近、親切な読者の方から「ベスト50」はお願いして上げてもらえるリンク集ではなく、管理人さんが星の数ほどあるサイトのなかから厳選して50選ぶものだ、と教わりまして。また、「ろくにテキサイ読んでもいないくせに、ベスト50とかほざいてんじゃねーよっ」というありがたい御言葉を頂戴しました(←作り入ってます♪)。
……でもその方自身はベスト100を選べば確実に入る、と言って下さったので、それは本当に嬉しかったです。
こんこん。 それ、キツいことを言うからって、気をつかって書いてくれてるだけじゃないんですかねー。
ゆうちゃん。 紺野さんも、相当キツいこと言ってない? まだスネてる? そうなん?
こんこん。 いやいやいや。わたしは基本的に台本読んでるだけなんで。
ゆうちゃん。 またまた。これやから。

現在のサイト構成:
(web space):
http://www.nextftp.com/KonnoAsami/ ……本体。ここ。(5MB)
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/6946/ ……旧アドレス。現在は画像置場。(10MB)
http://konkon.kt.fc2.com/ ……過去LOG置場。未使用。(100MB)
http://www.geocities.jp/konno1987asami/ ……拡張ジオシティーズに作った、インチキ入口サイト。(15MB)
(bbs):
をたばん。 ……メインBBS。
http://bbs3.otd.co.jp/KonnoAsami/bbs_plain ……第2BBS。ほぼ未使用。
http://blog.livedoor.jp/konnoasami16/ ……紺野あさ美Blog。流行ってるので作ってみた。現在ほぼ無用の長物。

ゆうちゃん。 また、無駄な領域をいっぱい押さえてあるわねぇ。何がやりたい訳?
まこ。 あのぉ! 痛井ッ亭。さんはどういうサイトを目指してるんですか? 目標とかあります?
痛井ッ亭。 目標は色々ありますが……そうですね……studio fkz さんみたいなクールでイケメンな文章……とか。
みんな fkzぉ? …………。 どあっはっはっはっは。ひーひっひっひっひ。く、苦しいー。
痛井ッ亭。 そんなに笑わなくても。
こんこん。 だあって。くっくっく。全然芸風が違うじゃないですか。 ……お、お腹いたい。
まこ。 そうですよ。痛井ッ亭。さんは、だっぷり汗まみれで、暑苦しくて、口からしぶきを吐き散らしながら大声でがなり立てているような芸風ですよ!? 例えるなら、……江頭2:50?
まぁりん。 それ、江頭さんに失礼。
こんこん。 そうだよ。江頭さんはとっても素敵な人ですから。(注:13人がかりのX'mas参照)
まぁりん。 そういえば、サイト名変更の時に言ってた、「モーニング娘。はアイドルを脱構築する」って話はどうなったの? 一向にそれらしきコンテンツみえないけど?
痛井ッ亭。 勉強が追付かなくて……8月以降に期待してください。
ゆうちゃん。 えらい気の長い話やなあ……
こんこん。 それに、「紺野あさ美原理主義」っていうのだって、たーだそう名乗っているだけで、中身については全然触れてませんよね?
痛井ッ亭。 それは……そもそも、キリスト教や仏教みたいな明確な教義や教典があるわけではないので。ってか、「生身の紺野あさ美さん」がそのまま生きた教典なので。教義自体が日々成長し更新し続けるものなので、「教義はこれこれだ」と定義できないんですよ。言った瞬間に嘘になるというか……
まこ。 言い逃れっぽい♪
痛井ッ亭。 ……。少なくとも、
1、紺野あさ美さんを絶対的に崇拝し、忠誠を誓い、帰依する。
2、紺野あさ美さんのような人間(サイト)を目指す。
……という二つの方向性を合わせ持つことだけは確かで……
まぁりん。 2、ってのは具体的には?
痛井ッ亭。 他メン(他サイト)を愛し、みんな仲良く平和主義で、という……
まぁりん。 あれ、自分の信念に対して頑固だけど、人に対して強く這いえないから、何か言われると結局キョドってしまうサイトってことじゃないの?
ゆうちゃん。 ヤグチ。いまのはキツすぎるわぁ。
こんこん。 ……でも、それ、おっかしいですよねー? 紺野自身は自分を絶対視とかしないですよ? 1、と同時に、2の条件を満たそうとすると矛盾しません?
まぁりん。 するどいね。
痛井ッ亭。 ……。その矛盾に引き裂かれつつ、それに耐えながらあるべき姿勢を追求していきたいと思います。
まぁりん。 言い逃れのスキルだけはメキメキ上達してるよね。……あれ? 紺野、微妙に凹んでない? さっきのキツかった?
ごめんごめん。ほら、静まってないで。ここは紺野のサイトなんだから、言いたいことあったら言っとけば?
ゆうちゃん。 そうよー。紺野さんが言えば、痛井ッ亭。何でも聞いてくれるわよ。
こんこん。 じゃあ、もっとソロパートを下さ……それはつんく♂さんに言わないとダメですよね……
痛井ッ亭。さんにですか? 別にないですけど……強いて言えば……あの、芸風とかはもう言っても仕方ないと思うんですけど……デザインとか? もう少しなんとか……わったし結構ファッションとかにはうるさいほうなんで、
まぁりん。 ええええ? どこがだよ?
こんこん。 あれ。そうでもないですかねえ。でも、身だしなみとかは大切だと思うんで。
ゆうちゃん。 ほらほら。痛井ッ亭。ちゃんと聞いてる? デザインやて、デザイン。
こんこん。 クールで切れ味のいいデザインのサイトって見てるだけでも気持ちいいんですよねー。
だから、痛井ッ亭。さんも Java Script とか使って……
痛井ッ亭。 へ? じゃばすぷりくと???
まこ。 ……じゃわかれー……あっ、わたしも食べます食べます!
まぁりん。 まこっちゃん、今、寝てたでしょ?

これからも初級htmlとヌルイcssだけで行きます(涙)。だって、知識全然ないし。

家庭内LANすら組めません……

最近、このサイトをやることが楽しくて仕方ありません。睡眠時間を削ってキー叩いても、全然苦じゃないし。
後から振返って「『アイ脱』やっていた期間が、わたしの青春でした」と言い切れるくらいに頑張ります。(注:中澤裕子『ずっと後ろから見てきた』p236参照)
ま、振返るとは言っても、紺野さんの卒業までは一切後ろは振返らない予定ですが。
そんな、『déconstruction des idoles ──アイドルの脱紺築』を今後ともどうぞよろしくお願いします。

2004/2/9(mander) 「アイ脱」はスルーする日

えっと。今日はちょこっと見栄えを直したり、TOP!のリンクを追加したりして、後は他サイト様をじっくり読む日にします。ですから、皆様も心置きなく他サイトを読んで下さいませ♪

2004/2/9(mander)2 号外 (地雷を踏んでみる……)

タレコミ:てえへんだぁ、てえへんだぁ♪「モー神通信。」のTKさん、てえへんですぜ。
「『愛あらば〜』PVは朝焼け派」が、また一人増えちゃいましたぜ!
しかも今回の下手人は、画像などという近代兵器を駆使して、力づくで実証した揚げ句に、「正解」とまで言い切っちゃってますぜ。オヤビン!
ここはひとつ、おいらのときみたいに、「どっちともとれる自由さがモーニング娘。のよさ」ということで、きっついお叱りをやさしく諭してやって下せえまし♪

関連する過去LOG

2004/2/10(tusder)

雑文(個人的メモ)を書いてみました。長くなるので、別ファイルにしました。
「黄色と白 倫理的ということ」です。
なんか、半可臭いこと書いてますけれども。大丈夫なんでしょうか自分。

*       *        *

昨日は「こち池」。ゆうちゃんは昨日もきれいでした。あ、あいぼんも可愛かったよ。うん。
あ、そういえば、あいぼんは先日お誕生日を迎えたんでした。おめでとうございました(今更)。
……あの、現場でゆうちゃんに優しくしてあげてくださいね。 ←それしか言うことはないんかー

エンディングで、おでん屋の屋台でコップ酒をあおりながら、おでん屋のオヤジに何か怒鳴っているゆうちゃんが、むちゃむちゃ地でやってるっぽく見えて、とってもステキでした。

<追記>
業務連絡:
過去をさかのぼって、「Café 痛井ッ亭。」の毎日の更新に< a name=date >というのを付けてきました。いわゆるネームタグです。これで、過去LOGの中から必要な部分にピンポイントで文中リンクできるようになりましたので、他サイト管理人の皆様方におかれましては、どしどし文中リンクを……誘導かよ!
結構疲れました。
もう、過去LOGの世話を焼くのは最後にしたいな。

< a name=うんぬん >ってのは、サイトによって付けてあったり付いてなかったりマチマチですが、文中で他サイトを引用しようとするときに付いてると便利だったりしますので、皆様にもお薦めです。
HP作成支援ソフトとか使ってると勝手にタグを吐き出してるかもしれません。ま、タグって??? という人もいるかもしれませんね……おいらも偉そうなことは全然言えません。

2004/2/11(tusder) 無知の知

まずは、最新情報から!
2/19「うたばん」に中澤裕子様がご出演。……『メルマガ蔵』様の情報です。
『25(水)23:15〜24:10 テレビ朝日系「Matthew's Best Hit TV」紺野あさ美・藤本美貴 大決定なんです! 詳細を待て!』……「アブバラ」さんからコピペ。
思いっきり他人の褌で相撲を取ってみました。

そして、次は「MACOM」さんからコピペ! (なんてことをしながら、この方式ならなんぼでも更新が出来るなあ、ってことに気がつく痛井ッ亭。)

『恋人にしたいアーティスト』ランキングbyCDTV

2位松浦亜弥
9位安倍なつみ
11位藤本美貴
12位加護亜依
14位後藤真希
17位高橋愛
19位石川梨華
25位辻希美
29位矢口真里
32位亀井絵里
35位田中れいな
40位ソニン
51位道重さゆみ
52位柴田あゆみ
56位紺野あさ美
59位吉澤ひとみ
68位新垣里沙
69位飯田圭織
71位村田めぐみ
75位安倍麻美
86位みうな

……誰にどういう形でアンケートを取った結果なのかとか、全然知らないので、コメントのしようもありませんが……まこ……まこはどこですか……あーしゃんも微妙な位置だなあ……ライバルが少なくって有利、とか言ってる場合じゃないような……あ……でもおいらはもともと心のお父さんな訳だから、一体何のライバルだ、って話だな。
あ、あと! おいらとしてはぜひ言っておきたいことが! ゆうちゃんはどこだよ! 誰よりも恋人にすべき人じゃないんか!? ってか、まっつーとか、なっちとか、ミキティとか、ごっちんとかを恋人にしたいとか言ってる方々は、それがどんなに大変なことだか分かってるのかしら? とか言えた義理ではないが……嫌味の一つも言ってみたくなりましたとさ。

*       *        *

誰もが、とうに本棚の奥底にしまい込んで、その存在すら忘れかけているであろう「RED BOOK」を昨日入手した、なんてことはぜひとも墓場まで持っていく秘密に認定。ましてや、それが古本屋で200円で投げ売りされていたブツであることは決して誰にも知られてはならない。棚の下のほうに潜んでいた「GREEN BOOK」を買い忘れたことも。

モーヲタは一日、いや半日休んだらおしまい、という高邁な思想を持つタカラさん(ヒカリモノ)のような方からみれば、何年分も周回遅れのおいらは、おしまいどころか、最初から出生届出し忘れているようなもんで。
そんな自分を再確認しながら、「RED BOOK」の素晴らしい写真の数々を眺めてみた。みんな、輝いてるなあ……よっちぃが細いなあ……などの感想が脳裏をよぎりつつ、でも、最終的には10人体制のモーニング娘。の中で頑張っているゆうちゃんのカッコよさに目がくぎづけになっている自分がいました。ゆうちゃんの卒業後に「黄金の9人体制」とか呼んでいた世間ってナニ? ゆうちゃんが抜けてしまった不安を誤魔化すために、ぽっかり空いた大きな穴を視界から遠ざけておくために、わざとそんな大仰な呼称を用いて自分を偽ってみただけ? きっとそうだよね。そうに違いない。そうに決めた。

……というか、自分がいかにモーニング娘。のことを何も知らないか、ということを改めて事実として突きつけられました。
あか組4によっすぃーと前田有紀さんが入って歌っていたことがある、ってことすら知らなかった訳で。……
こんなヘッポコな人間が、こんなサイトやってていいのか? (あ、だからこんなにヘッポコなサイトなのか。納得)
しかも、『アイ脱』の目標地点は、まだまだ極秘とはいえ、人が聞いたらのけぞるような遠く高いところに設定してある。……なのに、この穴だらけの知識はなんなんだ?
これはまさに、春山ハイキングの軽装備で、1月の北アルプス縦走に挑むようなものであり、遭難は必至。ガイドは過失責任を問われ、業務上過失致死罪で書類送検。
誰か屍を拾ってくれるだろうか……

それでも書きたいことを書く、なんて息巻いている私って、ほんと度し難い人間よね。←ちょいfkz風

本日の自己採点:−200点

追記:こん芋の白水さんの情報:「72位 つんく」
やったよ! こんちゃん、勝ったよ! つんく♂さんに!
おいおい! まこっちゃん! つんく♂さんにすら負けちゃってるよ!
……ってか、35歳でランクインするつんく♂さん、お見事です。……恋人にしたい、とのたまった女性が金目当てでないことを祈ります。あと、モーニング娘。と知合いになれるかも、という動機も勘弁してください。(モーニング娘。にしてもらえるかも、って動機も論外ですから)

2004/2/11(wensder)2 開戦!

当サイトの成分比率:
超下らない上にヒネリもないネタ……80%
勝手な思いこみ……15%
古いうえに間違いだらけで役に立たない情報……4%
その他……1%
(当社調べ)

……本日はネタ率100%でお送りします。

痛井総理大臣。 防衛庁長官、開戦の準備は進んでおるかね?
紺野防衛庁長官。 は。着々と進捗しております。が……
小川統幕議長。 あのぉ、総理、あ、あのぉ、今回の攻撃目標はぁ、本当に、あの、マコウェーブ……
痛井総理大臣。 そうだ。一部18禁、モーヲタ界のならず者国家、まこ単推し界の北朝鮮とも言われる(←言われません!)あのマコウェーブ民主主義人民共和国だが、それが何か。
小川統幕議長。 開戦を避けることは出来ませんかねぇ?
痛井総理大臣。 どうしたのかね?
小川統幕議長。 かの国にはお兄ちゃんが住んでるもんで……
紺野防衛庁長官。 国家間の問題に個人的な事情を持ち込むなど論外だ。
小川統幕議長。 それは分かってます! でも、こんなやりかたの先制攻撃に本当に正当性があるのでしょうか? 総理は単に毎日毎日まこっちゃんやこんこんに萌え萌えなこまきまこ国家主席が羨ましいだけでは? 国家間の関係に個人的事情を持ち込んでいるのは総理御自身ではないのですか?
紺野防衛庁長官。 統幕議長! 言葉が過ぎるぞ!
痛井総理大臣。 防衛庁長官! いつ開戦できるのかね!?
紺野防衛庁長官。 そ、総理。どうか御冷静に。……そのことですが……国会がもめておりまして。我が国の憲法(注:営業方針。about参照)に抵触すると野党が猛反発しておりまして。裏工作に手間取っているところです。
それに宗教界からも批判の声が強く、長老会議から、今朝ほど「和平条約の遵守こそが紺野あさ美原理主義の説く愛と平和の教えに適うものだ」との声明が発表されました。
痛井総理大臣。 では……現状での開戦は……
紺野防衛庁長官。 は……難しい状況です。それに仮に全面的交戦状態になったとして、勝てる見込みはあるのでしょうか?
痛井総理大臣。 当然だ! 我が国は勝つ! 大義は我にあり! 我が国は勝利する運命にあるのだ!
小川統幕議長。 そ〜れはどうですかねえ。それに、モーニング娘。ファンの皆さんはガチンコファイトに対する目が肥えてますから、こんな仕込みバレバレ、ウソ臭さ満点の戦争なんか誰も喜ばないですよ?
痛井総理大臣。 あー。それは問題だねえ……
紺野防衛庁長官。 …………お。総理。法務大臣から↓のFAXが……

あいだつ閲覧許諾要件(約款)

〜抜粋〜

第1条
 以下ノ約款ニ於テ、管理人痛井ッ亭。ヲ甲、紺野あさ美本人並御両親外親族一同ヲ乙トスル。

(中略)

第25条
 看過シ難キ名誉権ノ侵害ガ認メラレル場合、乙ハ甲ニ対シこんてんつノ削除乃至修正ヲ請求スルヲ得。
第26条
 乙ハ当サイト閲覧ニ際シ、墨塗部分ヲ反転表示乃至そーすヲ表示スル等ノ手段ニ拠リ当該箇所ヲ閲覧スルコトヲ得ス。又右手段ニ拠リテ得タル情報ヲ基ニ前条ノ請求ヲ為スコトヲ得ス。

(中略)

(附則)
第1条
 乙ハ本さいとノ閲覧開始ト同時ニ本約款ニ同意シタルモノト看做ス。

小川統幕議長。 ↑こんなものは、野党を黙らせるためのまやかしじゃないですか?
痛井総理大臣。 これで、憲法違反だけは避けることが出来ないかね?
紺野防衛庁長官。 そ、それは難しいかと……しかし、有事特措法の拡大解釈で押し切ろうと思えば……
政界の黒幕。 おう。イタさん、邪魔するでぇ。悪りいね、取り込み中。
痛井総理大臣。 な、中澤姐さん! これはようこそ! ささ、こちらにお掛け下さい。また急なお越しで……おい! 誰か酒席の用意を!
政界の黒幕。 ま、ええから、ええから。国家存亡の一大事に黙って見ている気にもなれんでの。
それより、イタはん、あんたも、個人的なやっかみから国民に巻き添え喰らわしたったらあかんでぇ。
痛井総理大臣。 いえ、決してそのようなことは……
政界の黒幕。 またまた。あんた、こまきはんが、糸甘孚Lとか、⊃ソ二一とか、平気で口に出せるのが羨ましいんやろ? 独裁者はええなあ、ちうて。結局そこやろ? 自分も言ってみたいんやろ?
痛井総理大臣。 ……いえ、あの……その……
政界の黒幕。 大体な、糸甘孚Lマンセー⊃ソ二一マンセー派VS糸甘小生派(注:紺野あさ美さんを「小生」の対象として見るな派)とか言うてもやなあ、イタはん、あんたそもそも、自分は糸甘小生派でございます、と胸を張って言い切れるんか? ん?
痛井総理大臣。 ……そ、それは……私とて一男子でありますから……
政界の黒幕。 そやろ? 結局そうなんや。あーあ。日頃「おいらは心のお父さん」とか言ってても、その実一皮剥けば……
痛井総理大臣。 姐さん! 一言よろしいですか。
政界の黒幕。 なんや。何ぞ言いたいことでもあるんか? おう!?
痛井総理大臣。 確かに姐さんは人並み以上の人生経験を積んではいらっしゃいますが、しかしそうはいっても一独身女性なわけで。娘を持つ父親の複雑な感情までは御存知ないのでは?
娘を想う父親の心理というのは世間で言われるような純粋でプラトニックな面ばかりではなく、決してあからさまには口にできない暗くおどろおどろしい情念というものもやはりあるわけで、だからこそ地球上に存在するあらゆる人間社会において、インセストタブーが最も強力な禁忌として機能しているのですよ。その歯止めがなければ、父娘の感情的結合というものは容易に男女間のそれに転化しうるものなのです。ですからいくら私が心のお父さんであるからといって、実の娘ならぬ紺野あさ美さんのような絶世の美少女に対してハッとしてグッときて(古ッ)しまっても、それは致し方のないことじゃあないですかっ!? ……あの。父親だって娘の姿を見てドキッとすることくらいありますよね。
政界の黒幕。 ……ま、それはそうかもしれへん。
けどな、イタはんのいう父親の感情ってのが、父親一般に妥当するか否かはさておいてやなあ、問題はそことちゃうで。要は、あんたはんが、開戦に踏み込みうる正当性があるかどうかちうことやで。どうなんや。自信あるんか?
痛井総理大臣。 ありません。
政界の黒幕。 じゃ、開戦は取りやめやな。
痛井総理大臣。 致し方ありませんな。
小川統幕議長。 ほ、本当ですか?? わ〜〜〜〜〜い! やった〜〜〜〜〜♪

(喜び浮かれて飛び跳ねる小川統幕議長。勢い余って、足をもつれさせ、壁にある赤いボタンに頭をぶつける。とたんに鳴り響く緊急事態を告げるサイレン)

……へ? このボタンなんっすかぁ? つい押しちゃったけど?
紺野防衛庁長官。 そ、それは大陸間弾道弾の発射スイッチ!
小川統幕議長。 えええ〜〜〜〜〜!? なんでそんなぶっそうなものがこんなかべにぺろっとついてるんですかあぁ!?
紺野防衛庁長官。 ご承知のとおり我が国の防衛予算は……
小川統幕議長。 き、きんちゅうていしボタンとかは、な、ないんですか!?
紺野防衛庁長官。 あー。ないですねー。何しろ防衛予算が……あのー、もう止められないんで♪
今夜半には、マコウェーブ民主主義人民共和国に着弾しちゃいますねえ。
政界の黒幕。 おーい! あかんやろ、それ!?
紺野防衛庁長官。 とはいってもぽんこつミサイルなんで。労働一号どころのさわぎじゃないんで。本当に海を越えて辿り着くかも分からないですから、大丈夫ですよ、きっと♪
みんな。 大丈夫じゃな〜〜〜〜い!!
まこ。 お、お兄ちゃ〜〜〜〜〜ん!!

さあ、大変な事態になってしまったんです!
勝手にこんな企画上げてこまきさんに怒られないのでしょうか?
それ以前に敵国(?)から反応はあるんでしょうか?
(スルーされたら相当恥ずかしいぞ、これ……)

その後、痛井総理は憲法違反の政治責任を追及され、
内閣不信任案が可決され、
政治生命を絶たれたということです。

2004/2/12(sasder) ヲタの称号を剥奪されるべき ←自分

「顔と名前が一致するどころか、脚を見ただけで誰だか分かる」(byZ)

「ほんの2、3音符を4人とかで歌っていても誰の歌声か識別できる」

「全員猫耳(もしくはジゼル?)の同じ衣装でも、ちゃんと誰が誰だか識別できる」

「CD、DVD、写真集はフラゲが基本」

「最新情報の収集もおさおさ怠りない」

「重要なテキサイはきっちりフォローしている」

「現場に行くために真面目に働く。コンサート日程を中心に自分のスケジュールを決める」

「可処分所得はUFAに上納するためにあると言い切れる」

……正しいモーヲタのあるべき姿、ってのをボンヤリ考えていたら、上記のようなものがとりあえず浮かびました。で、自分がどれだけそれに当てはまるかっていうと……まったく当てはまりません。見事なまでに。ええ。ヲタ濃度を低く維持することが喫緊の課題、とか言ってるおいらですから当然と言えば当然ですが。

以前から、自分はモーヲタではないのではないか? との疑いが拭い去れませんでした。ここでいう「モーヲタ」とはもちろん最高の敬称=尊称=ナイトの称号にも比肩する名誉ある呼称であって、決して、世間一般で流通しているような蔑称、差別語、冷蔵庫の奥で半分解けかけているネギや部屋の隅にうずくまっている大きなクモを名指しするような口調で言われる言葉では、もちろんありません。

もうね、ここまでダメダメなおいらですから。もう自分のことを「モーヲタ」と考えることはやめにしました。あくまで、ゆる〜〜〜い、うす〜〜〜〜〜い、だめだめな一弱小ファンということでご了承下さい。たとえ、一日中紺野あさ美さんとモーニング娘。のことで頭が一杯で日常生活に支障を来していようとも、わたしは断じてモーヲタではないのです。そう呼ばれる資格はありません。あ。そんなこと、とっくに知ってますよね、みなさん……。

ま、こんなヤクザなサイトやってると、色々馬鹿なことも脳裏に浮かぶもので。モーヲタテキストサイト界の片隅にそれなりの名誉ある地位を占めたいなどと、分不相応もはなはだしい野望を抱いたことも、正直ないとは申しません。でも、もうそんな身のほど知らずなことも考えなくなりました。
だって、すごいサイトってほんとにすごいからね。まず仕事量が圧倒的に違うから。ほんと、マジで尊敬します。おいらにはとても真似できないわけで。
いいんです。おいらは自分にできることをゆるゆると、書きたいことを書きたいように書いていくだけですから。うん。

ここ数日、また一日あたりのページヴューが500をちょっと越えるようになってきてまして。本当に、巡回して下さる皆様に感謝です。こんなダメサイトですが、これからもよろしくお付き合い下さいませ。

痛井ッ亭。 読み物としての面白さとか、読者のニーズとか度外視で、ガチンコ人生論トークみたくなっちゃうところが、紺野さんに似てません?
こんこん。 似てません。

謝辞:あんな失礼なネタにちゃんと返球してくださって本当にありがとうございます。……って、喜んでいいのかどうか微妙な情勢だ。しかも、惨敗を喫してしまったし……うーむ。17日以降の第二陣攻撃をどう準備するかだな ←まだやるのかよ!

2004/2/13(fleder) FANTASIA

『ファンタジア』(1940アメリカ、ディズニー映画)、『ネオ・ファンタジア』(原題:『Allegro non Troppo』1976イタリア、ブルーノ・ボゼット監督)は、クラシック音楽の名曲を素材として、そこにオリジナルなアニメーションを重ねて、曲の持つ世界を視覚的に表現したり、曲と寄り添うように独自のストーリーを語ったり、時にはあっといわせる方法で曲を異化したりしながら、独自な世界を構築していく映画です。
(個人的には『ネオ・ファンタジア』は名作だと思っています)

MUSUMEFANTASIA(管理人:三田舞弥さん)は、モーニング娘。やメロン記念日などのPVを素材にして、そこに古典文学や歴史上の出来事などとの関連を発見し、上記PVがそれらの先行作品や史実に基づいて構成されているということを丹念に実証していく、という趣向のサイト。こういう趣向(の明確な方向性)をもったサイトは結構珍しいんではないでしょうか。
関連づけがあまりに自然で、思わず、PVが本当にそれらの文学や史実を元ネタにしていると信じてしまいそうになるほどです。いや、もしかしたら本当に本当なのかも……

ハロプロ作品を素材にして独自の世界を構築する、という方向性のサイトとして、他に類のないユニークなサイトではないでしょうか(他サイトをあんまり知らないので確かなことは言えませんけれどもね)。

また、参照されるサブカルチャーの幅の広さが、管理人さんの底知れぬ教養を伺わせます。(注:この世界では、「ハロプロ」こそがメインカルチャーであり、それ以外の文学や他ジャンルの芸術、史実などがサブカルチャーです)
何せ、漱石から、里見八犬伝から、映画から、ガリレオから、バレエから何でもありですから。

このサイトを読んで、おいらも、色々と夢が広がりましたよー。
例えば、ウィルソン・ブライアン・キイのサブリミナル・メディア論(「メディア・レイプ」など)をモーニング娘。PVに応用して、そこに隠されたメッセージを読み解く、って趣向も面白いかな、とかね……まぁ、面白いかな、と思ってみるだけで、その企画が自分に実現できるとは到底思えないんですけどね。画像キャプチャーすら出来ないし。

fkzさんも絶賛する、MUSUMEFANTASIAを訪れて、その独特なファンタジーの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

*       *        *

私信:alfredさん、愛溢れるメールをありがとうございました。やっぱり愛だよね、愛。

2004/2/14(satder) 同情するならチョコをくれ

みなさん、今晩は。
今日もあなたの(上手)
今日もあなたの(下手)
今日もあなたの(正面)……あっ、ごめんなさい。
今日もあなただけの痛井ッ亭。です。

あっ、石は投げないで!

姐さん。 イタさん、邪魔するで〜。
やぐ。 やっほお〜い♪
痛井ッ亭。 やっほお〜い♪ 二人ともいらっしゃい。
姐さん。 あら、小川さんに、え〜と、田中さんだったっけ? 来てたのね。
まこ。 来てましたあ♪ (しゃかしゃか)
やぐ。 あれ、もしかして田中は、ここ初めてじゃない。
れいな。 ばってん、きっと今日だけたい。ぬかよろこびしちょったらあかんばい。
やぐ。 二人揃って何してるの? あ。もしかして手作りチョコ?
まこ。 大正解でございMAX。 (しゃこしゃこ)
れいな。 こまき兄ちゃんに約束したばい。手作りチョコもっていくけんね、って。
やぐ。 あれ? 義理にしては気合い入りすぎじゃない?
れいな。 義理と言いよったら兄ちゃんが可哀想ばってん、本命とも違うけん…… (←超怪しい博多弁)
姐さん。 小川さんも、お兄ちゃんに?
まこ。 違いますよ〜だ。(しゃかしゃかしゃか) 兄ちゃんなんか、兄ちゃんなんか、いっつもいっつも、こんこんこんこん言いやがって。この浮気者おぉ。びええええん。 お兄ちゃんなんかこうしてやる! えい! (ぺし!ぺし! とチョコに当たる)
姐さん。 じゃあそのチョコは一体?
やぐ。 あ〜〜〜、分かったぞ〜〜〜〜、よしこにあげるんでしょ? ひゅーひゅー。
まこ。 さすが二期の矢口先輩。その通りでございMAX。あ、れいなのチョコに私の名前も書いといてね〜。
れいな。 しょうがないなあ。……でもなかなかチョコが溶けんたい。(しゃこしゃこ)
痛井ッ亭。 あー、もうちょっと細かく切ってから湯煎に掛けたほうがよかったねえ。
れいな。 あー、時間が足りんばい! 『あぁ!』のリハーサルが始まるけん。 お姉ちゃん、あと任せてよかと?
まこ。 だめだめ。私は吉澤先輩にあげる分を全身全霊を込めて作るんだから♪
やぐ。 やっぱ気持ち悪いよ、まこと。あヾヾヾヾヾ、もう、やっばいよ、この人。
痛井ッ亭。 そういうゆうちゃんとまぁりんは? 誰かにあげたの?
姐さん。 それはもちろん。『こち池』で共演してる方とか、スタッフの方とか……ま、思いっきり義理だけどねー。あ、あと、つんく♂さんにも。「新曲、外注に出してくれちゃって、どうもありがとうございます(青筋マーク)」ってメッセージ付きでな。冗談やけどな。
やぐ。 おいらも義理でちょこちょこっと。あ、今のおやじギャグじゃないから。
痛井ッ亭。 またまたぁ。二人とも実はちゃんと本命も渡してるくせに……ま、それはいいとしましょう。
こんこん。 (からんころん) おじゃまーーー!
愛ちゅん。 どうもどうもーーー!
痛井ッ亭。 あ、二人とも遅かったね。
こんこん。 愛ちゃんが、「今日、何着ていこう?」って悩んでて。
愛ちゅん。 今日はあ、こんちゃんとタカラヅカ観にいくんですよお。ねー。
こんこん。 もう、しつっこく誘われたんでー、イヤイヤながらお供を……あっ、違、本当に楽しみで楽しみで! 憂鬱でワクワクして眠れなかったんですよー!
愛ちゅん。 ……こんちゃん……
こんこん。 あっ。あっ。そ、それより痛井ッ亭。さん! 例のもの用意してくれました?
愛ちゅん。 くれました?
痛井ッ亭。 はい。ジャン=ポール・エヴァンのバレンタインギフトセットです。もう行列で行列で大変だったんですから……
こんこん。 ごめんなさい。さ、これもって行こ! 開演までに回りきれるかなあ。
愛ちゅん。 うらは、alfredさんのところだけやから大丈夫♪
こんこん。 わったしなんかぁ、白水さんでしょー、五月原さんでしょー、紺LOVEさんでしょー、あさみるくさんでしょー、 赤い獅子21祭さんでしょー、雪ユキさんでしょー、m15fightingconconさんでしょー、それに迷惑かもしれないんですけど、一応、いい歳して彼女のいないZ(つぇっと)さんにも、ま、いつぞやの御礼ってことで。
それに名前は挙げなかったけど(ごめんなさい)、他にも一杯いるし♪ あー、どうしよう。回り切れないなー♪
姐さん。 ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ちい! せっかく紺野さんを愛してくれてる人たちに対して、買ったもんで済ますんかいっ?
こんこん。 でも、せっかく食べるんなら美味しいほうがいいですよね。
やぐ。 いやいやいや。味の問題じゃないから。気持ちが大事、だから。
痛井ッ亭。 さすが、まぁりんはいいこと言うなあ。
姐さん。 感心してる場合とちゃうやろ! なんで買ってくるまえに、紺野さんにそう言ってあげないの?
痛井ッ亭。 だって! こんこんに頼まれて断れますか?
姐さん。 頼りにならん奴っちゃなあ!
こんこん。 あのー、これー、手作りしました! ってことで、ごまかせませんかねえ?
まこ。 ムリムリ。大体あさ美ちゃんがそんなキレイなチョコ作れるわけないじゃん。包装紙だってお洒落だし、jphって思いっきり書いてあるしさあ。
姐さん。 ごまかせるとか、そういう問題でもないし。それ、こっち寄越しなさい! 没収します。
さ、紺野さんも、高橋さんも、コンロの前に立って! 一緒に手作りチョコを作る!
一手間ひとてまに愛を込めてな! いつも応援してくれてありがとう! って感謝しながら!
愛ちゅん。 あのお……タカラヅカが……間に合わなく……
まぁりん。 ヅカはまた観れるから! ヴァレンタインデーは年に一回しかこないよ!
こん&あい。 は〜い……
まこ。 さ♪ 一緒に作ろ!
痛井ッ亭。 ところで、ゆうちゃんとまぁりんは、もちろん手作りしたんだよね?
姐さん。 うっ……そ……そりゃあ……も、もちろん…………
やぐ。 ……えっとぉ……あのそれはぁ……
まこ。 さ! お二人もどうぞこちらへ!
こんこん。 一緒に作りましょ♪ 痛井ッ亭。さんエプロンの数、足りますか?
痛井ッ亭。 うん。ヴァーチャルだからいくらでも。
(6人がカウンターの中に勢揃い。わいわいがやがやチョコ作り)
姐さん。 ちょっと、これどういう状況なワケ!?
やぐ。 ゆうこがエプロンしてると『こち池』みたいだよ。
……あっ、何コレ、このチョコ甘〜い。超美味しいんだけど!
ちょっと、やっばーい♪
痛井ッ亭。 うーん、なんとも壮観な景色……
ところで、こんこん、おいらにくれる分もあるんでしょ?
こんこん。 へ?









あー。




頭数に入れてなかったですねえ……
痛井ッ亭。 ……凹。
で、でも誰かは、おいらの分作ってくれてますよねえ?
全員 (ぶんぶん、と首を横に振る)
姐さん。 イタさんは、どうせ、奥さんから貰えるんやろ! ええやんそれで。満足と違うんか!?
やぐ。 そのうち娘さんもくれるようになるから。
こんこん。 子持ち妻帯者には、あんまり面白みのない行事ですよねー♪
まこ。 わたしたちから貰おうって魂胆が間違ってます!

今回、なんだか、こんこんと愛ちゃんがあたりの悪い役どころですねえ。ごめんなさいね。悪気はないんで。

*       *        *

昨日のハロモニ(12日遅れ@北海道)は、なっちの卒業SPでした。紺野さんのいない卒業公演の様子に胸をしめつけられたり。
なっちが駆抜けてきた6年の歳月について、色々と思うところもありますが……今は言葉にできるような状態じゃないですね。少しづつ少しづつ……。

HPWのゆうちゃんいじり、というか、ゆうこvsこん&まこ連合軍のバトルは安定期に入ってきた感がありますね。もうちょっと色々と新しい冒険をしたほうが刺激があっていいかも。あの、我に妙案あり! という人はぜひこちらまで!

それと、ほうぼうの麻琴サイトですでに評判ですが、まこっちゃん、細くなりましたよね! ふっくら期に身につけたほんわかムードの超絶的可愛らしさに、肉体改造の成果たる美人度UPまで加わってしまったら、一体どんなことになってしまうのか? その量り知れない魅力に何かが全滅しそうです!
あと、タクシーの運転手さんに紺野さんと間違えられた、って話は……泣けるね。麻琴だけじゃなく、あさ美ちゃんも顔と名前を覚えてもらえてないってことだからね。……五期メンの世間一般的な知名度は、まあそんなものだろうと予測はつくとはいえ……見ているほうもねえ……笑い泣き……頑張ろう、もっともっと頑張ろう、それしかいえない。

*       *        *

基本的にハロプロと関係のない話は一切しない当サイトですが、ちょっとだけ。
昨日のMステに平原綾香さんという方がでて『Jupiter』という曲を歌ってましたね。原曲はG.Holstというイギリスの作曲家が作った、組曲『惑星』という、20世紀の管弦楽曲の中でももっとも有名な曲の一つです。とくにその中の「木星Jupiter」は名曲で、中間部の雄大でいながら哀調を帯びた旋律は素晴らしい。その旋律をアレンジしたのが今流行っている『Jupiter』というわけです。
この曲が売れている原因は色々だと思います。愛を訴える詞の真摯さももちろんですが、そもそもの原曲の持つ曲としての力、アレンジの妙(特に短い間奏部分でのリハーモナイズは、パット・メセニーもかくや、と思わせる超カッコいい最新式の和声付け! 思わず、キーボードで確認したほど。E♭onFがキモかな)、そして、幅広い旋律を情感を込めてゆったりと歌い上げる平原さんの歌唱力もヒットの大きな理由といえるでしょう。

キーボードが4歳の娘の、玩具のピアノなのは秘密。

平原さん! その歌唱力をちょこっとお裾分けしてほしい人がここにいるんですけど……(と話を無理矢理繋げてみる……)
……あ、いや! それは失礼ってもんですよね。彼女はもう昔の彼女じゃないんだ。「うたばん」で「長所を伸ばしたほうがいい」と言われて、ついつい素直にヒンズースクワットなんか披露しちゃって、放置されちゃうような彼女じゃあないんだ。「今年の目標は歌とダンスの成長」と言い切り、自分の苦手なものに正面から向き合っていく彼女がここにいるんだ。センター奪取を虎視眈々と狙って、静かに闘志を燃やす彼女が。だから、ずるして人の力を分けて貰おうなんて考えちゃダメなんだ。

紺野さん、信じてますから! だからどうか! どうか、ミラナイでセンターでいてください! (最近こればっか言ってるっぽい……しかもこの話題はまだまだ引っ張る予定)

業務連絡:m15fightingconconさん、御教示ありがとうございました。役職名を修正しておきました。感謝。

2004/2/15(sander) 本日臨時休業 

ええと。管理人のやる気が昨日の更新で燃え尽きたので(嘘)、今日はお休みします。(裏で準備中ってことで)

バレンタインのチョコ……現時点(2/15日9:11AM)で、まだ奥さんから手渡されていない私って……買ってあるくせに……夫婦生活も長くなるとその辺いいかげんになってきて……

まこっちゃんとれいなちゃんは、昨夜のうちに、ちゃんとお兄ちゃんに手渡しできたようです。よかったよかった。

備忘録:「ブレーメン」のネコ編2回目。ネコたちが洋館に入って練習したのは、やっぱり不法侵入でよかったんですね。弁護士笛吹進(宝田明)とあのメロディーとの関係が気になる……それはきっとあいぼん編までつながっていくんでしょうねえ。
それと、幽霊のケンジ君、いよいよ主役っぽい。
だって、このドラマのメッセージを伝える役目だからね。「ダメだ、ってことは、これからよくなる余地があること。生きてさえいれば、成長できる可能性があるってこと」それが、このドラマのメッセージですよね。ちょっと「中学生日記」っぽいが。ま、NHKということで。それに、制作者側がターゲットとしている層は間違いなく中学生がメインだから間違ってないと思います。中年男のニーズまでフォローできないって。

とか言いながら、そのドラマに本気で励まされそうになる35歳二児の父

……って、書いてたら、同じことが『ハロモニ。』の「四休さん」にも当てはまると気づいた。あれだって、小さな子供も見てる訳だから、おいらなんかが「正直あれはどうよ?」みたいなことを言うほうが間違ってるよね。

休業と言いつつ結構書いてしまった……ではまた明日。仕切直してきますんで。

2004/2/16(mander) 夢を見ようよでっかい 

痛井ッ亭。 『Say Yeah! −もっとミラクルナイト− (さくら組ヴァージョン)』の発売日が近づいてきましたね。
こんこん。 いやいやいや。『さくら満開』ですから。
痛井ッ亭。 でも! おいらにとってはミラナイの発売日なんです! 新曲のほうは、いつも通り愛ちゃんがセンターでしょ?
こんこん。 え……はい。まあ、いつも通り……(涙)
痛井ッ亭。 だから! ミラナイに期待を賭けるしかないんですよ! こんこんのセンター! 何しろ、ミラナイはこんちゃんの曲だから! 大好きなんでしょ? この曲が。
……で、正直どうなの? パート割りは?
こんこん。 あのー。一応、ネタばれはNGなんで。
痛井ッ亭。 そうだと思って、勝手に予想してみました。あ、違う。予想じゃなくて。おいらの願望を形にしてみました。
こんこん。 へえ。あ、それでこないだから、なんかちょこちょこ書き物してたんですか。
痛井ッ亭。 うん。こんなパート割りを希望します! ってことで。
こんこん。 いくら希望してもとっくに手遅れなんですけどね。

『Say Yeah! −もっとミラクルナイト− (さくら組ヴァージョン)』

(痛井ッ亭。が勝手に希望するパート割り)


<都合により一部抹消>

こんこん。 へ〜〜〜〜♪ わったし、けっこう歌ってますね〜、これだと。
痛井ッ亭。 ええ。何せどセンターなんで!
こんこん。 でも、これ……他メンのファンの人が怒り出さないですかねえ?
痛井ッ亭。 そういう人はいつも紺野さんがどんな思いで歌っているのかということに一度思いを馳せてみるべきです!
こんこん。 暑苦しいですよ、痛井ッ亭。さん。
あー、でも。いいですねえ、こういうの♪
痛井ッ亭。 うん。こうであったらいいなあ、という願望をなるべく非現実的にならない程度に表現してみました。
主な資料はDVD『ライブレボリューション21春』とDVD『15人でNON STOP!』です。
基本的に、もともとごっちんのパートだったものを、そのままごっそりこんちゃんに当てました!
こんこん。 その時点でそぉとぉ非現実的ですねえ……
痛井ッ亭。 いいから。で、安倍さんのパートを愛ちゃんに。
こんこん。 それ、せめて逆にしたほうが現実的……
痛井ッ亭。 でもね、あんまりリアリティを追求しちゃうと、どんどん悲しくなってくるので……ま、それはいいとして。
で、最新メンバー用のパート割りをもとに、それを「さくら組」に置換えてみました。
まあ、見る人が見れば、こんなパート割りの流れはおかしい、とか、あり得ない、とか(こんこんセンターという点は別としても)、色々つっこみどころはあると思うんです。そういうのは、ぜひ教えてほしいです。
こんこん。 うーん。あー、これ見てたら、こういうパート割りで歌いたくなりました。
痛井ッ亭。 でしょー? もうね、おいらの頭の中ではこうですから。いや、頭の中ではもっとこんちゃんの歌う部分が多いからね。それこそありえないくらい。実際のミラナイさくら組ヴァージョンを聴くまでは、頭ん中で、これをヘビーローテーションして生きていきますから。
こんこん。 けっこうオメデタイ人ですよね。
痛井ッ亭。 なんとでも言って下さい。
こんこん。 ……でも、嬉しいです。
痛井ッ亭。 …う、嬉しいですか? 喜んでくれるんですか? ………こ、こんこん〜〜〜〜〜(号泣)
こんこん。 な、な〜んで泣いてるんですかあ、みっともないですよー。

……こんなことしてると、実際の音源を聴くのがすごく恐くなってくるんですけど……現実に直面してへこたれてしまわないように、今から覚悟だけはしつつ、紺野さんがなるべくたくさん歌っていることを祈っていようと思います。

*       *        *

バレンタイン企画が、意外と(?)好評でした。よかったよかった。おいらも貰いたかったよ……でも恥ずかしくて書けなかったよ……(涙)

15日になってから貰ったチョコって有効ですか?

2004/2/17(火) 『さくら満開』のTVサイズに紺野さんのソロパート!

ソロパート6文字! やったねやったね! 6文字! なんせ、『晴れ 雨 のち スキ』の時は、TVサイズでは「ね〜え」のわずか2文字だけだったんですから! 三倍ですよ三倍! なんと我らが紺野さん、300%増の業績向上(当社比)を達成しました! 「東アジアの奇跡」どころの騒ぎじゃないんですから!

それにさ〜、これはあんまり言いたくないけどさ〜、吉澤さんは5文字。それに「おとめ」の小川さんだって5文字だからねー。1文字勝ったわけよ。勝ったどー! ふっふっふ、自慢じゃないですけどぉ。
あっ。ミキティ推し、愛ちゅん推しの、そこのあなた。
今、こっちをみて「フッ……」と笑いましたね!
嗚呼! やめて! 憐れみに満ちた眼差しをおいらに注ぐのは。そりゃ、やれ6文字だ、やれ1文字勝っただの言って騒ぐのは自分でも虚しいさ。でも、そうやって無理にでも騒いでみたいくらい嬉しいってことなのさ。そこんとこを分かってちょ。

昨日のHEY×3を観て、驚いたのは、「おとめ組」の曲にシゲさんが歌う長いイントロがあったこと。いつのまにこんなに歌わせてもらせるように、いや、歌えるようになったんですか。
あんまり急に歌える部分が増えると、一音の価値が急暴落してハイパーインフレを引き起こしかねません。注意しましょう。(注:こんこんとシゲさんで、比喩に随分差があるような気がするかもしれませんが、きっと気のせいだと思います)

それと、松っちゃん浜ちゃんのダブルつっこみは、受け手が安倍さん(SPの時)だと、どんどんイジメみたいになってしまうのに対し、受け手がミキティとかやぐっつぁんだと、かろうじて笑いとして成立するんだなぁ、ってことかな。いえね、安倍さんがいじめられっこ体質だ、ってことじゃなくて。
多分あのときの安倍さんにとっては、差し迫った自分の卒業は、どんな形であれ笑いのネタにできるようなものではなかったんだなあ、って思いました。

あっ。それから、昨日のHEY×3については、この方の労作(完全テキスト起し)をぜひご覧ください。すごいよ。リスペクト。

それと、肝腎な紺野さんのソロパートは「似合ってますよ!」で、
「よーーーーーーーー」と、ロングトーンを歌う大事業に挑戦! でもそれが、
「よーーーーー〜へ」みたいだったことは、誰にも内緒ですからねっ!

姐さん。 へー。『こち池』はスルーしたんだぁ。そうなん。そういう人なん。
痛井ッ亭。 あっ、いや、だって、さくらとおとめの新曲ですよ。仕方ないじゃないですか。後で某所から落として観ますから。
……それより、こないだAXに出てましたよね。
姐さん。 うん。ミニライブやったよぉ。
痛井ッ亭。 新曲の話はさておいてですねえ、
姐さん。 ちょっと待って! なんでさておくの?
痛井ッ亭。 それはこっちにも事情が! まあ、とにかく、その『元気のない日の子守唄』の曲紹介で、ゆうちゃん、「ちょっと大人な中澤裕子を」どうたらこうたら、って言ってたよね?
姐さん。 あー。そんなん言うたかなあ?
痛井ッ亭。 言いました。でもね、ちょっと大人な、という形容詞は小娘が使うものであって、立派な大人が自分を形容するのに使うもんじゃないですよねー。「ちょっと大人な、って、どっからどうみても大人やん!」って、TVに向かって思わず関西弁でつっこんじゃいましたよ、もう。
姐さん。 ……もういい。わかった。なんやの、嫌味たらしいなあ。どうせ私は若くないし、紺野さんや小川さんみたいにピチピチでもないし!
痛井ッ亭。 いやいやいや。そうは言ってないから。
姐さん。 もうええわ。せっかく人がチョコ持ってきたのに。渡しそびれちゃったなー。
痛井ッ亭。 ……今日何日だと思ってるんですか。それに、その手に持ってる袋、こないだ没収していった、ジャン=ポール・エヴァンじゃないですか。それ、おいらが準備したチョコだし! 勝手に持って帰ってるし!
姐さん。 あんまり一杯あったもんで食べきれなくていやー、悪かったかなー、と思って返しにきたんだけど、どうせなら黙って返すより、「ちょっと遅くなっちゃったけど、これヴァレンタインの……」って言われたいやん?
痛井ッ亭。 そういうことなら、こないだウチで作っていった手作りチョコのほうがまだ嬉しいです。
姐さん。 ああ。あれは友達と食べた。「魚焼けます、とかいってた裕子が手作りチョコぉ?」って、驚かれる驚かれる、ふぉっほっほぉ。
痛井ッ亭。 ……食べちゃったんですか……全部……
姐さん。 なんや、貰いたかったんかい?

2004/2/18(水) ただの内輪話 (ごめんなさい。スルーして)

こんこん。 (からんころん) おじゃまー、ですぞい。
痛井ッ亭。 あっ、来たな、ぶっこんぶ♪
こんこん。 ……ぉ……そのあだ名はほんとに親しい友達とか専用なんで。痛井ッ亭。さんにそう呼ばれると、な〜んか、気持ち悪いですねえ。
痛井ッ亭。 じゃあ、あーしゃん♪
こんこん。 少しマシですけどぉ、普通に紺野とか、こんこんとか呼んでくださいよぉ。
……あれ? そういえば内装が……茶色になりましたねえ。
痛井ッ亭。 はい。最初ピンクで出発して、次に緑にしてみて、で、今回茶色にしました。
こんこん。 あー、分かった。こないだのヴァレンタインの時に私がチョコをあげなかったのを根にもって、で、あてつけで茶色にしたんですねっ!? そうでしょ!?
痛井ッ亭。 別に根にもってなんか……
こんこん。 いやいやいや。このネタを何日も引っ張ること自体、根にもっている証拠じゃないですかー。
痛井ッ亭。 ……う……。でもね。茶色に変えたのは、ほんとうに違うんです。『ハロプロ大百科』を立ち読みしたら、こんこんの好きな色が、モノトーン+茶になってたんで、で、サイトもそういう配色に直しました。これは本当です。少しでもこんこんに気に入ってもらおうという涙ぐましい努力なわけよ。
……ところで、昔は好きな色にピンクが入ってたと思うんだけど……ピンクはお気に入りじゃなくなったのかな? ……さては石川さんのピンク狂いに辟易して、坊主憎けりゃ袈裟までで、ピンク色まで嫌になったとか?
こんこん。 いえ……そういう訳では……わたしもちょっとは大人になったってことでしょうかねー?
(注:取消線部分は事実誤認です。申し訳ありません。ピンクは依然「好きな色」の筆頭に上がっております。うろ覚えでネタを書いてはいけませんね。反省。2/25追記)  
痛井ッ亭。 うまく誤魔化しましたね?
こんこん。 いやいやいやいや。あっ、これ見てくださいよ! 昨日のhit数がえらいことになってますよ! 
痛井ッ亭。 やっぱり誤魔化してるし。……どれどれ。846hit……ぉ。新記録だ……あ、ぼるさんが……「コンノ大戦物語」経由が39.5%も……
こんこん。 すごい影響力ですねえ。あ。15日も787hitですって。こっちはマコウェーブ研究所経由で14.7%も。へえ。この人たちが本気出せば、『アイ脱』の株価なんてなんぼでも操作できそうですねえ。まさに人為的に引き起こされたバブル景気……みたいな。
ところで、マコウェーブ研究所って、どんな研究してるんですか。
痛井ッ亭。 いやー、それはー、そのー……よく知りません。ってか、難しくてよくわからない研究をしてるみたいで(ごにょごにょ)
こんこん。 ? ちょっと見てきます。
痛井ッ亭。 あああ!だめだめだめ! あそこは18禁だから、子供は入場しちゃダメなんだよ、特に紺野さんはダメ! 逮捕されちゃうから! とにかくダメだからね!
こんこん。 ……そうなんですか……そんなこと言われたら余計に気になりますねー(あとでコッソリ見ちゃおうかな……)
痛井ッ亭。 とにかくダメだから。
こんこん。 ふーん……あ、曜日表示もかわってますねえ。
「バカ女式曜日表示」撤廃ですか。
痛井ッ亭。 はい。サイト開設当初から、ABSOLUTE BALANCE さんから無断借用、っつーか、盗用? してたんですけども。何せ、アブバラのソースからコピペして単語登録してたですから。でも、まあ、バカ女はみんなの共有財産だからいいよね、とか思いつつ勝手に使ってた訳。yiyeさん、今更ながらごめんなさい。
こんこん。 本ッ当に、今更ですよね。
痛井ッ亭。 はい。今更感を大切にしていきたい痛井ッ亭。です。それは違うか。
こんこん。 でも、どうしてやめちゃうんですか、バカ女式?
痛井ッ亭。 いつまでものののバカッぷりを晒しておくのも可哀想かなあ、って理由は今でっちあげたんですけどぉ、……どうしてですかねえ?
こんこん。 わたしに聞かないでくださいよ。
痛井ッ亭。 ですよね。じゃあ、盗用してるっぽいのが、内心忸怩たるものがあった、ということにしてください。
こんこん。 それも今思いついたっぽいですよ。単に飽きちゃっただけなんでしょ?
痛井ッ亭。 ごめんなさい。
こんこん。 まあいいです。今日はこんなぐだぐだな内輪話でしたけど、明日からまた頑張ってくださいね。
痛井ッ亭。 はい、頑張ります。
こんこん。 じゃあ、おやつを。
痛井ッ亭。 あ、忘れてないんだ。さすが「太りたいけど食べたくない!」みたいな。
こんこん。 違います。痩せたいけど食べたいです……失礼です! おとめに向かって。
痛井ッ亭。 いや、さくらでしょ。
こんこん。 そのおとめじゃなくて。もういいです。
痛井ッ亭。 うそうそ。……はい。小樽ルタオのケーキをいくつかみつくろってきましたよ。新装開店して、なんかお高くとまった高級志向の店になったなあ、と思ったら、値段だけじゃなく、味も高級志向になっていて……
こんこん。 わーい♪ 美味しそう! いっただっきまーす♪

こんな身に余るお褒めの言葉を頂戴しました。
「だがしかし!!己が傷つくことを恐れず!
ひたすら紺野さんへの想いと自分の願望をぶつけた勇者に拍手を!
夜に諦めしまったオレに断罪を!!
意志を曲げない戦士に喝采を!!」
ぼるさん、ありがとう。涙が出そうです。

*       *        *

HEY×3のさくらおとめを何度も見返しています。曲はさくらのほうがぐいぐい心に入ってきますけれども、それなのに、何故か、ミキティのハイキックと石川さんの見せパンに心(の南半球)を鷲掴みされてしまったおいら。……これ、相当やばくない? でも、みんなもそうだよね? お願い、そうだと言って!

2004/2/19(木) さくらの衣装 おとめの衣装

「ヴィジュアル的には最悪やで」とHEY3で言われてしまったさくら組の衣装。今日はちょっとその話でも。

おとめ組の衣装って、おしゃれに熱心な女の子なら普通にマネできそうな現実的な衣装ですよね。昔SPEEDが、路上で普通に見かけるストリート系ファッションだったのと同じでリアルな日常を感じさせます。
それに対して、さくら組の衣装は、非現実的。ファンタジーの世界なわけです。なにせ、ミニの和服に白いブーツですからね。これは、おしゃれとか、ヴィジュアル的にどうとか言う次元の衣装ではないと思うんですよ。
言うなれば、現実社会の流行とは無縁なところで「女の子らしさ」「可愛らしさ」のイデアを直接的かつ暴力的に形象化する衣装だと言えます。きっと。

今、おとめ組的衣装をA、さくらをBとすると、現在のJ-POP界は圧倒的にAが主流ですよね。Bの傾向は、それこそ松田聖子らのアイドルブーム時代が終わるのと同時にすたれたといってもいいでしょう。
そのBを貫くのがソロのミキティだったり、ま、曲によってはあやややモーニング娘。もそうですよね。あと、及川ミッチーとか……昔の忌野清志郎とか……

話をさくらおとめに戻します。この衣装の傾向の違いは衣装だけじゃなくて、曲調や詞の内容ともリンクしてますよね。
おとめだったら、「わたしが邪魔ならば よい子のわたしはバイバイ」とか「ブサイクったってかまわねえ」とか、まあ、ちょっと負けん気の強い、リアルな世界で頑張っている女の子って感じです。
対するさくらは、「明日は泣かない もう泣かない」だったり「さあ打ち明けるとき ああ 小さな胸が張り裂けそう」だったり、どちらかと言えば、内向的で、自分の心の中をじっと覗き込んでいるような女の子の姿です。

多分、現実の女の子は、おとめとさくらと両方の面をもっているんでしょう。その両面を二つのグループに分けて表現することで、表現の幅が広がっています。それはモーニング娘。本体の表現するメッセージとも違っていて、全体としての表現領域を拡大していると思います。

そう考えると、分割ユニットは単に、世間を驚かせるための話題作りとか、娘。たちをより効率的にコキ使うための策とかだけじゃなくて、分割ユニットならではの存在意義がちゃんと与えられているんだなあ、と、ちょっとホッとしました。

痛井ッ亭。 あのー。「組」って、やっぱりタカラヅカから来てるんでしょうかねー?
姐さん。 うーん。そうなんちゃうか。つんく♂さんは組織論の手本としてもヅカには一目置いてるみたいやし。
痛井ッ亭。 とすると、例えば、本隊が28人くらいいて、7人の組が4組とか、そういう構想もつんく♂さんのなかにはあったんでしょうかね?
やぐ。 28人!? ありえねー。想像もつかないし!
姐さん。 フォーメーションを考える夏先生が過労死しそうな人数やな。
やぐ。 いやいや、夏先生ならそれでもやりきるよ、きっと。
痛井ッ亭。 でも、きっとつんく♂さんのほうが、「いやいや。自分かてパート割り考えるときとか、レコーディングのときとか、頭パニックになってまうがな」とか言って、諦めたんじゃないですかね。
やぐ。 あー。かもね。っつーか、どうでもよくない? この話題。
姐さん。 飲もうか。
やぐ。 飲も飲も♪

業務連絡:
昨日アクセス解析を覗いていたら、見慣れないリンク元がまた一つ。しかし、その中に含まれていたhatchmanという文字列には当然見覚えがあるわけで
「ぉ」と思って、リンクをたどれば、
「愛 WiKi (高橋愛推し観察日記)」に到着。ウチは紺野あさ美推しだというのに、しっかり観察されちゃったらしいです。
どれどれ、どんな風に観察されてるかな……と思っていたら……!
なんと、おいらが書いた究極の妄想、ミラナイのパート割り(願望)がなんと全部引用されちゃってるんですよ。びっくりしたー。心臓に悪いよ。

おまけに個人的にお二方以外にも、紺野さんを応援されるかたには、もっともっと応援というか考察を頑張って欲しいな。とはっぱまでかけられてしまいました。…………頑張ります。

2004/2/19(木) no.2 「沖縄産豚三枚肉の中華風コンフィ 京野菜添え」みたいな(笑)

頭の中が「さくら満開」なこの人界隈で、「さくら満開」が、中国風か、沖縄風か、はたまた純和風か、みたいな議論がされている模様です。
確かに、沖縄の三線みたいな音が入ってますねえ。それに純和風な、能楽に使う鼓の音(ポーンってか、ケーンみたいな音の打楽器)も入ってます。でも、冒頭のイントロの音階は中国でも日本でもなく、強いて言えばチベットとか内陸系(憶測)のような気もします。
Zさんは、受け取りかたは百人百様ってことで、大人なまとめ方をされてまして。おいらも同感ですが。
あえていえば、いんちきエキゾチック風というのが事態を適切に表現しているのではないでしょうかしら? いや、それじゃああんまりだ、とお嘆きの向きには、汎東アジア風というちょっと気どった表現はいかがかしら?

*       *        *

業務連絡(を装ったネタ):
つばめ♂さんという方 からリンクしていただきました。この人東大生さんですってよ。おぉ、最高学府じゃ。
何故か愛ちゅん系サイトの管理人さんからリンクしていただけることが多いような気がする……
どれどれ……とつばめのお宿のリンク集を覗いてみたら驚いた。東大生らしく(?)見事に整理されたそのリンク集の中に、

▽紺野あさ美

* アイドルの脱紺築(痛井ッ亭。さん)
* studio fkz(fkzさん)
* コンノ大戦物語4(ヴォルフィードさん)


……こんこん系のリンクがこの3つ。……あのぉ、つばめ♂さん……うちをトップに挙げるのはどう考えても間違ってると思うぞ……。
おいらは、つねづね、「うちなんか読む暇があったら studio fkz さんを読むべき」と言ってる訳で。まあfkzさんが入っている点は及第点をさしあげてもいい。(←何故高飛車? ネタですからね、一応)
しかし、それは、ここを読んでるのは当然だ、という前提であえて言及していないだけであって、ここをリンクに載せないでうちを載せるってのは、本末転倒、ってか間違ってると思うよ、ヲタとして、いや、人として。(あえてリンクしてないとか?)
……………………ってゆうか、愛ちゅん推しサイトなのに愛ちゅん系サイトが一個もリンクされてないのは何故ですか?
……
それにしても、
▽紺野あさ美

* アイドルの脱紺築(痛井ッ亭。さん)
* studio fkz(fkzさん)
* コンノ大戦物語4(ヴォルフィードさん)


かあ。この並びかたはすごいね。あれだね、まるで「王、長島、痛井ッ亭。」みたいな? あるいは「ヒトラー、ムッソリーニ、痛井ッ亭。」?(危険危険) もしくは「ごっちん、あやや、コンノ」みたいな? その場合もちろんおいらがコンノな訳だが。
ま、それくらい名誉なことだと思っております。

ネタにしても浮かれすぎ

*       *        *

最近、リンクしていただけるだけでなく、アンテナに登録してもらえることも増えてます。それは、知らない人だったり、超大物だったりするわけですが……どきどき。
あと、知らないところで文中リンクされてるってことも増えてきて。こわいよー、おかーさーん、ぼくどうなっちゃうのー?

2004/2/20(金) 如何にしてさくらとおとめは分割されたか

「♪」は「♪オン音符。わかりません。」それでいいんです、ごっちんは。「桂剥き」が分かって、「蒸籠」もちゃんとせいろうと読めて、八分音符まで読めちゃったら可愛げがないからね。アイドルにとって可愛げは一番大事な資産ですからねっ!
それにしても、正答率は低いのにきっちり優勝をもぎ取るごっちん。トップに立つ人間の勝負強さ、強運をまざまざと見せつけた今回のクイズ・ヘキサゴンでした。っつーかさあ、みんなごっちんのことを何も知らない小娘だと思ってバカにしすぎ! 特に布施明! おいらはあなたのことが結構好きです、なにしろ、三谷幸喜作品での名演技があるから。でもね、ごっちんをナメてかかるのはいただけないな。ね? 紺野さん?
ヘキサゴンは以上……って、アレ? もう一人大事な人が出てやしなかったかい? その人おいらの推しメンリストにもあがっていたような……
……ぉ……そうだ……圭ちゃんだ。圭ちゃんがいたよ。忘れてた。
圭ちゃん、事務所はあなたを大切にして、実力以上に仕事を回してくれてるような気が致します。その「実力以上」っぽい感じが最近は痛々しくてツライです。いや、本当に実力以上がどうかはおいらには分かりませんけれども。
せっかくのチャンスを一つ一つ大切にして、「元モー娘。」という看板に頼っているように見えないように、一人のタレントとして、ギラギラと自分を売り込んでいこうよ。そうしないと、「後藤真希と親しげに話している地味なお姉さん」で終わっ……つらくてこれ以上書けません。だから、以上。

ついつい、ヘキサゴンの話が長くなり。これで、昨日の「うたばん」でのゆうちゃんに触れでもしようものなら、本題に辿り着けなくなってしまうので、こいつは後回し。
今日は、さくらとおとめの話をしたいんだった。
ところで、新曲が出るのって、やっぱりいいものですよねー。なんだか、普段は結構殺伐としているテキストサイト界隈まで、いつになく華やいだ雰囲気に包まれているような気が致します。
娘。さんたちの売り物は、映画やら、舞台やら、TVバラエティやら、ラジオドラマやら、フットサルやら、水着写真集やら、水着DVDやら、水着雑誌グラビアやら、水着(←しつこい)……やら、まあ、色々ある訳ですが、やっぱりつんく♂さんもいうように、歌が核なんだなあ、と。歌っているからこそモーニング娘。なんだなあ、と改めて感じました。歌って素晴らしい。歌うって素晴らしい。音楽って素晴らしい。

なかなか、さくらとおとめの話に辿り着けませんが、そうだ、どうして、さくらとおとめはこういう風にメンバー分けされたんだろうなあ? っていうことを考えてみたかったんですよ。ようやく本題だ♪

・まず、前提として年齢構成を均等に分けようって配慮は当然ありますよね。
そこから、各期ごとに均等に配分する、という原則が導き出されます。

・一期は、かおりんとなっち。これは、なっちの雰囲気がどうにもおとめ向きじゃない、という理由で、まずなっちがさくらに決まり、じゃあ、残ったかおりんがおとめね、っていう感じで決まったのではないかと。

・次に二期。矢口さんしかいません。さて。矢口さんはどっちに相応しいか。彼女は器用に何でもこなせる多才な人なので、やれと言われれば当然おとめだってできちゃいます。でも、一見、はっちゃけてて、「職人芸」の持ち主で、バラエティ隊長でありながら、セクシー隊長でもある矢口さんですが、その本質のところはやっぱり「センチメンタル南向き」なんだと思います。歌だって、今ではどんな表現でも出来るとはいえ、やっぱり、もともとは透明感のある澄んだ声と、癖のない、素直ですっきりとした歌いまわしが彼女の持ち味だと思います。
となれば、やっぱりさくらしかない、と納得できます。

・次に四期。これが問題。まず、大人気の二人組辻加護を分ける、ってところから考えたはず。で、多分あいぼんがさくらっぽい(おとめはムリっぽい)ってところから、じゃあ、ののはおとめで頑張ってね、という流れだと思われます。
・よっちゃんと梨華ちゃんがまた問題。これねー、普通に考えれば、男前なよしこがおとめで、ぶりっこチャーミーがさくらだと思うんですよねー。でも、ここはきっと「それじゃあ当たり前すぎて逆にツマランのとちゃうか」ってことで、意外性を重視して逆転させたんだと思うな。(おっ。この「意外性を重視」ってフレーズは便利だな。自分の説に当てはまらないときは全部、「意外性」で説明しちゃえ!)

・さてさて、我らが五期メンです。……この人たちねえ? 一体どうやって分けたらいいんでしょ?
とりあえず、歌の実力でしのぎを削っている愛ちゃんと麻琴を分けましょうかね。となれば、合唱部上がりで、清潔な歌声と、情感のこもった歌いまわしが出来る愛ちゃんがさくらで、元気一杯、パワー全開のカッコイイ歌い手である麻琴がおとめ。もうこれで決まり。
・じゃあ、残るは、こんこんとガキさんかあ。…………この人たちねえ…………こんこんは、スポーツ少女だし、おとめかなあ? ……でもあの超絶的なぼけぼけ感、ほわわわわーん、とした感じはやっぱりさくらかなあ? 分からん。保留。いまいちキャラが掴みきれないガキさんも、ついでに保留(←何故ついで扱い?)

・で、先に六期メンを検討。すると、ここには藤本田中ペアというスゴイ連中がいる訳で。何の説明もなくこのふたりはおとめで決定。おい、説明なしでいいのかよ。いや、きっといいよね。おそらく誰もがそれで納得すると思うよ。というか、おとめのカラーをばっちり作り上げる原動力になっているのがこの二人ではないかな。
じゃあ、残るシゲさん、エリちんはさくらじゃん、と思うのだが、ところがそうはなっていない。きっと、シゲさんのあのおっとりムードとさくらってのがハマりすぎて、逆に面白みがないから、ここはひとつ意外性を重視しておとめに入れたんだな、きっと。で、残ったエリちんがさくら、と。

・さあ、これで全部決まった、ああ一仕事終わったなあ……あれ、紺野と新垣がまだやんけ。どうしようかなあこの二人……
ここで、いままで決まったメンバーを見渡してみると、紺野のあの細い歌声では、もしおとめに入れてしまったら、他のパワフルな歌声の中でひときわ沈んでまうなあ、ってことで、ここは一つさくらで。
・最後にガキさんかあ。今のところ、さくらおとめ7人づつかあ、どっちでもいけそうやなあ……あ……でも、安倍はもうすぐ卒業が決まってるし、そうしたらさくらが一人少なくなるんか……じゃあ、人数合わせでガキさんはさくら、ってことで。

……という感じでめでたく全員すっきりと分けることが出来ました……って、ガキさんのファンの人に暗殺されそうな内容だ。用心用心。
(あの……人数合わせで、ってのはネタっていうか、オチなんで。ごめんなさい。と謝っておこう)

まぁりん。 イタさ〜ん。ひっく♪ うぃっく……演説終わった〜?
痛井ッ亭。 はい。うまくオチまでついて。って、今日はずいぶん酔ってない、まぁりん大丈夫?
まぁりん。 らいじょうぶ、らいりょうぶ♪ ……ひっく。
こんこん。 そぉとぉ酔ってますよねー。
まこ。 泥酔だ♪ 大虎♪
まぁりん。 うるさいよ。大丈夫!。 しゃきん! ほらころとおり……ふわあああ(大あくび)
ところで、イタさん、↑のメンバー分けだけどさあ、真相は違うんだよね。
痛井ッ亭。 えっ? 教えて下さいよ。
まぁりん。 実はねえ……
つんく♂さんに一人づつ呼ばれて、で、
「おとめに入ったら見せパン全開やけど、OKか?」って、訊かれて、で、「さくらに入ったら妙ちきりんな衣装着て貰うけど?」って、おどしも入って、で、躊躇なく見せパンOKって言ったメンバーがおとめに入ったんだよ。
痛井ッ亭。 えええええ? ま、まじっすか??? (大興奮)
まこ。 えええええ? ま、まじっすか? そんなことありましたっけ?
まぁりん。 オガワ!! オガワ!! (必死にめくばせ)
まこ。 ああ? あ。あーあー。そうそうそうそう。そうでしたそうでした。いま思い出しました。
ゆうちゃん。 ほんまかいなあ! ってかさあ、このネタ、「アイ脱」の営業方針に抵触せえへんの? エロ、下品はNGなんやろ。
痛井ッ亭。 うーん。そうですねえ。まあ、見せパンはモーニング娘。の正規の営業品目の一つなんで、ギリでセーフってことでダメですかねえ。
ゆうちゃん。 正規のって、ほんまにそうなん? 
まぁりん。 ゆうこが三十路にもなって太ももむきだしなのだって同じじゃん!
ゆうちゃん。 ま、ね。それはそうやけども。ほら……色々あるから。
でも、ヤグチの話は嘘臭いで。痛井ッ亭。を興奮させて喜んでるだけと違うん?
痛井ッ亭。 (大興奮中)
まぁりん。 いやいやいやいや。
ほら、石川なんかは、三人祭のときにもう、お尻をキュッっての、経験済みだし、ののはさあ、そもそも恥ずかしがる、という発想からないからねー。
全員 あーあー。納得。
痛井ッ亭。 で、でも、シゲさんは?
まぁりん。 あのこもねえ、意外とねえ、そのへんは大胆なのよねー。
ゆうちゃん。 あれれ? じゃあヤグチは? セクシー隊長の。なんでおとめじゃないん?
まぁりん。 それはあくまでキャラだから。ヤグチはぁ、本当はぁ、とおおっても、純情でぇ、恥ずかしがり屋さんでぇ……いて。いててて、ぶつなよゆーこ! 痛いって痛いって。
痛井ッ亭。 なーんか、そう言われれば、嘘臭いような気も……
まぁりん。 そ、そんなことないって! ほら他のメンバーだって、チャンスに対してはアグレッシブにかかっていく子ばっかりでしょ、おとめは。な、オガワ! な! な!
まこ。 そうです! わ、わたしだって、つ、つ、強気ですから! そこまでおっしゃるなら、お、お見せしましょーーー! って感じで。もう。アグ、アグ、アブ? アム? ……あっ……アグレッシブに! ババーンと強気で行きますよー!
こんこん。 ……ってゆーかさあ、まこ。あんた一人だけズボンだし。見せようがないから。
まこ。 てへ。ばれてました?
まぁりん。 ばればれだよ。
こんこん。 まこ。吉澤先輩だって、ズボンじゃないよ。みんなと同じミニだよ。
まこ。 そ、それは負けていられません!
こりゃあ、つんく♂さんにメールしとかなきゃ! (と、ケータイを取り出し)
『あのお! つんくさん!?
小川はやせました!
小川は強気で行きます!
次の衣装はぜひ超ミニでお願いします!
バーンと行きますよ、バーンと(はあと)』
……っと。えい! 送信!
まぁりん。 あれ? もしかして今、マジで送信した? 今の話冗談じゃん。
まこ。 ……………………あ。     ああああああああああああああ!!!

業務連絡(風のネタ):
昨日、「つばめのお宿」のリンク集をネタにしたら早速反応してもらえました。どうもどうも。
あの……昨日浮かれすぎちゃったんですけどぉ……3サイトの並びって、管理人の名前順なんですね………………凹。

でも、うちのサイトのことはとても褒めて下さってて。とくに、偽ラジオドラマ台本「友達(♀)が気に入っている男からの伝言」をすごい好き、と言ってくださる人は少ないのですごく嬉しいです。嬉しいので、その部分を引用しちゃいます。
痛井ッ亭。さんの文章って紺野推しとかそういうの関係なく誰が見ても純粋に楽しめる文章なんですよね。特に偽ラジオドラマ台本「友達(♀)が気に入ってる男からの伝言」とかすごい好きです。うちの愛が「魔性の女」で出て来たりとかして。
あー俺もあんな風に愛に弄ばれたい…(マジ?

つばめのお宿2/19(木)より

おっ。「うちの愛」とか言っちゃってるよぉ。
おーい。alfredさん、どうするー?

2004/2/21(土) ソニン@Mステ 2/20

あのですね。うちは基本的にハロプロのこと以外は何にも書かないサイトです。かつ、管理人は普段ソニンさんをチェックする習慣はないんです。嫌いじゃないですよ。むしろ好きですよ。でも、ごっちん、あやや、現ミニモニ。ですらチェックしないように努めているおいらですからね。当然、一介の家庭人としてのつつましい生活を維持するためには涙を呑んでソニンさんはスルーするのが、原則なんですよ。
でもね。こないだの「うたばん」でちょっともっていかれてしまったおいらは、昨日のMステもしっかり観てしまって、その後「ほんとはね。」を4回もテープを巻き戻して聴いてしまったんです。ああ、なんて意思の弱いおいら。
……という訳で、何故かソニンさんのことを書いちゃいます。また火傷しそうだ。

Mステでのタモリさんは、別にトークでも格別面白い話題を振るでも引き出すでもなく、淡々と会話してました。「鍛えすぎて(顔と体の違和感が)アイコラみたいになりました」「腹筋が6つに割れてます」「事務所から鍛えるのを禁止された」とか、まあ、そんな話題で。あとは黙って歌を聴いてくれ、と言わんばかりのあっさりしたトーク。
でも、それが結果的にはよかったと思いました。
こないだの「うたばん」は、正直キツかったですから。
やれ「黒字が出ない」だの「全国ゲリラライブ行脚」だの「インディーズから発売」だのという、プロモーション方針のえげつなさは、たとえそれが、アーティストに対する真実の愛から出たものであったとしても、薄らぐものではない。そう思うんです。
「うたばん」でさんざんいじられ、泣き喚き、抗議し、雪の中でのロケも必死で頑張ったソニンさんより、「Mステ」で、奇麗なセットを背景にピアノ一台の伴奏で、落着いて歌を歌うソニンさんのほうがよほど輝いていました。
この曲に関する限り、和田社長方式の濃ゆすぎる演出はまったく不要だ、というのが正直な感想です。
歌を大切に、歌で勝負させてくれたMステの方が、よほど自然にソニンさんの魅力を引き出せていたと思います。

今回の曲とソニンさんの出会いってのは、本当にいいなあ、と思います。楽曲とアーティストの一期一会の出会いってあると思うんです。
アーティストが楽曲に惚れ込み、楽曲の魅力を引き出すと同時に、その楽曲がアーティストを輝かせるような、そんな幸福な関係。
それは滅多にあることではないと思うんです。
例えばそれは「LOVEマシーン」です。モーニング娘。という存在があったからこそ、つんく♂はあの名曲を産み出せた。そしてその名曲が、モーニング娘。の輝きをますます高めていく。そういう幸福な関係は「ミニモニ。じゃんけんぴょん!」にも確かにあったし、「Yeah! めっちゃホリディ」にも「東京美人」にもあったと思います。

でも、つんく♂さんには悪いけれど、これまでのソニンに提供してきたつんく♂楽曲と、ソニンさんの間にはそういう幸福な関係がなかったような気がします。(あくまで個人的感想。個人的に、聴きたいと思わなかった、ってこと)
そして、今回の「ほんとはね。」は、特にソニンさんのために作られた楽曲ではなくてカバーなんですが、それでも、ソニンさんとこの曲との出会いは最高に幸福なものだと思います。(これも個人的な思いこみの話なんで、売れるとか売れないとか、世間の評価はまったく気にしません)
この曲に出会ってソニンさんは、今、歌い手としての喜びを実感していると思います。そして、「ほんとはね。」も、ソニンさんという素晴らしい表現者を得て、きっとこの世に生まれ出てきたことを誇らしく感じていることでしょう。
いい歌にめぐり会うこと、それは歌い手にとってこのうえない喜び。
ピアノ一台の生演奏という、これ以上ないシンプルな伴奏に乗せて、音楽のことだけに集中して、心を込めて歌ったソニンさんは、最高に輝いていて、とても奇麗でした。そう思います。

いつの日か、紺野あさ美さんにも、そういう幸福を味わってほしい。歌い手としての喜びをかみしめながら、これこそ自分のための曲だ、と思える曲を歌ってほしい。出来ればソロで。その日がいつかきっと来るのを信じて、ずっと待ち続けます。5年でも10年でも。

ミラナイでセンターを! っていう夢は夢で終わりそうな情勢です。ソロパートの多くは矢口さんが受持つらしいです。(「愛wiki」さんの書込みからの情報)
今はそれもやむを得ないかも知れませんね。
でも、いつかはきっと。そう信じています。

(最後、無理矢理紺野さんの話にもっていくところに、「アイ脱」の紺野あさ美原理主義者としての意地を感じません?)

関連過去ログ2/6

*       *        *

アクセス解析日記:
最近アクセス解析がアンテナ替わり? みたいな状態の痛井ッ亭。です。
今日は、ちょっとその話を。

hakataさんという方が運営なされている「5kHz」という超有名なアンテナがあります。ここは、割と初期のころからウチを取り上げてくださっていて、本当に感謝感謝なんですけれども、直接感謝の意を伝えたことは今までありません。まったく不義理を重ねている痛井ッ亭。なんですが。この場をお借りしまして、ひっそりと感謝を記しておきたいと思います。いつもありがとうございます。

なんで急に「5kHz」の話かというとですね、昨日、ちょっとした異変があったからで。
普段から「5kHz」さんからは一定数の方がお出でくださっているのですが、昨日はやけに多くて、「リンク元統計」の上のほうに出て来てたんです。
アンテナって、サイトの更新部分が拾われて文章の冒頭部分が表示されますよね。大抵は、その日のサブタイトルと一行目くらい。
で、昨日のタイトルは「如何にしてさくらとおとめは分割されたか」だったので、
「あー、さすがモーヲタサイトを巡回する皆さんは、ちゃんとした考察らしきものにはきちんと眼を通されるんだなあ。でも、今日の更新、立派そうなのはタイトルだけで、中身はグダグダの妄想だからなあ、期待に沿えなくて申し訳ないなあ」と、思っていた訳です。

そして、念の為に「5kHz」のうちのサイトのところをチェックしてみたんですよね。そしたら……
昨日、実は一度UPしちゃってから、文意が取りづらい部分を見つけて、その部分だけ書き直して、再UPしてたんですよねえ。思いもかけない部分が、アンテナに表示されていて。その部分とは、

『痛井ッ亭。 うーん。そうですねえ。まあ、見せパンはモーニング娘。の正規の営業品目の一つなんで、ギリでセーフってことでダメですかねえ。』














見せパンかよ!

………………あの。「見せパン」に反応して来てくださった皆様方におかれましては、今一度自分の生き方というものをしっかりと見つめ直ご期待に添うことができずまことに申し訳ない気持ちで一杯でございます。

*       *        *

今日も、またしても、「ゆうちゃん@うたばん」に触れられずじまい。あんなに面白かったのに。あの、意図的に避けてるとかじゃないからね。
ああああ。
昨日録画したハロモニ。(12日遅れ@北海道)もVTRの中でおいらを待っているし、おまけに、今日は「 ブレーメン」まである! TVが消化できないよぉ……

2004/2/22(日) ゆうちゃん@うたばん 2/19 (はっきりいって貴理子SPです)

そうです。タイトル通り、その内容は、磯野貴理子のB級タレント養成講座(通称:魁!磯野塾)でありました。
そりゃあ、我らがゆうちゃんも頑張ってたさ。一生懸命に大袈裟な表情で驚くフリだってしてくれたんだよ。
でも、どう足掻いても、貴理子さんの捨て身の大立ち回りには太刀打ち出来ないんですよねえ。何せ、貴理子さんは恐いものなしだから。B級として開き直っちゃうと人間あそこまで強くなれるのね。
その点、ゆうちゃんは、歳こそけっこういっててもまだまだフォアグラ(A級)を目指して発展途上の人だから。本人、「もう私、Bの線でいいや」なんて気持ちはさらさらないし。ゆうちゃんは、「歌は(自分の)核です」と言い切れる人。これからだって、歌とお芝居の二本立てで頑張っていくんだしね。

でも、とにかく貴理子さんは光っていましたね。で、キリコSPということは、逆に言えば、ゆうちゃんは相対的に輝ききれていなかった、という事でもあり……
でもそれはハッキリ言って企画が悪い。何が悪いって、貴理子さんを出すことが、もう既に間違っていると思います。番組としてはメッチャ面白いけれども、メインのアーティストを輝かせるという歌番組の本来あるべき趣旨からは外れています……あ……「うたばん」はいつもそうだっけ。

ゆうちゃんがモーニング娘。に在籍していた終わりのころは、「うたばん」でのゆうちゃんは輝きまくってましたよね。
タカさん中居クンにさんざんいじられ、時には毒のある反撃を繰り出し、それをまた思いっきり叩かれる……という見事な連繋プレー。
ソロになってからの出演でも、上戸彩ちゃんと共演した回などは、そういう対立の構図が維持できていたと思います。
でも、それが可能なのは、相手がタカさん中居クンという大物だからなんですよね。大物が相手だから安心してかかっていけるんです。
でも、貴理子さんが相手だとそれは出来ないんです。だって、ゆうちゃんが貴理子さんを叩いちゃったら、もう本当にシャレにならない寒い空気が漂ってしまうでしょ?
そりゃあ、貴理子さんだって人気者ですよ。「おそく起きた朝は…」でじわじわ人気が出て、数年前にはTVブロスで、プチブレイク中ということで特集が組まれ、その後ずーっとプチブレイク状態のまま元気に活躍してますよ。
でも、やはり日本の頂点に君臨するアイドルグループのリーダーとして活躍したゆうちゃんとは格が違うと言わざるを得ない(貴理子さんごめん)。
だからゆうちゃんは、キリコさんがびしびしとシュートなつっこみを入れてきても、本気で反撃は出来ないんです。それは構造的に封印されているといってもいい。
それで、ゆうちゃんはひたすら「困ったなあ」と曖昧な微笑を浮かべつつ、ダメダメでグズグズなリアクションに終始するしかないんですよ。

だから、これは貴理子さんを起用した時点で企画として間違っているとおいらは思います。
もっと、ゆうちゃんが思い切り魅力を表現できるような企画を用意してやってください。以上。

……ま、そうは言っても奥さん(非ヲタ)と一緒にゲラゲラ笑いながら2回も観たんですけどね。

奥さんは中居クンが目当て。

ゆうちゃん。 あれあれ? 曲のことには触れてくれへんの?
痛井ッ亭。 いやー、そのー、……何度も聴いてるうちに馴れてきてちょっとづついい曲に思えてきました。(注:『元気のない日の子守唄』の話)
ゆうちゃん。 こらこら。嘘でもいいから「一聴して心を打たれました」くらい言うてやー。
痛井ッ亭。 曲はともかく(←ヲイ)、ゆうちゃんの歌声は優しく心の襞を撫でてくれるような素敵な歌声でした。なんて言うのかなあ、やっぱり大人な感じ? 人間としての幅も一層広がったような……
ゆうちゃん。 あら。嬉しいこと言ってくれちゃって。
痛井ッ亭。 それにお姿も本当に美しくて。髪型も落着いた感じで、衣装も黒に近いグレーのスラックスに、それより少しだけ明るいグレーの服……なんて言うんですか、ブラウスじゃないし、キャミとも違うし……カットソー?
ゆうちゃん。 まあええやん。トップスで。いい加減やなあ、オレも(笑)。
痛井ッ亭。 とにかくその、ノースリーブ(袖なし)の服で。それもクールで大人びた感じで、曲調に合ってました。
で、なんでこんなに優しい印象なんだろう? と思ったら、眼ですよ、眼!
黒目が黒い! カラーコンタクト入れてなかったでしょ。
ゆうちゃん。 あの曲でカラーコンタクトは、ねえ、さすがにミョーでしょ。
痛井ッ亭。 はい。でも、ゆうちゃんといえばモーニングのときは青いコンタクトだったり、ソロになってから薄いグレーのコンタクトだったり、歌うときにはカラーコンタクトって印象があって。おいらは、カラーコンタクトは中澤裕子の戦闘服だと思っていたので。ちょっと驚きました。
ゆうちゃん。 戦闘服かあ。面白いこというね。ま、戦闘態勢じゃなくて、素の感じで歌えるようになったってことかなあ。
……で、イタさんは何? カラーコンタクトしてないと、インパクトが弱いとか言いたいワケ? わたしらしい「毒っ気」がないとか?
痛井ッ亭。 いえいえ。決してそんな。でも、あれですね。全体に優しい雰囲気でまとめた分、ノースリーブの袖口から伸びた真っ白い二の腕が、ますます眩しく眼に突き刺さりました。そこに毒っ気が集約されているというか……ゆうちゃん、すっごくスリムなのに、二の腕だけはどんどんふくよかになってません?
ゆうちゃん。 あらあら。出たよ、この人のセクハラが。まーた、小川麻琴変換がどうとか言うん?
痛井ッ亭。 そういう意味じゃなくて! 本当に奇麗だなー、と思って。その二の腕の美しさは日本の宝だとマジで思っているので。
ゆうちゃん。 ……ふうん。ありがと。で、その弛み切ったアホづらをTVのまえで晒しつつ、私の歌を聴いてたんだ?
痛井ッ亭。 はい。いいなあ、癒されるなあ、と思いつつ……そうしたら、うちの奥さん(非ヲタ)が、すっごいきっついツッコミを……
ゆうちゃん。 何? 何て言うたん?
痛井ッ亭。 恐くて言えません……
ゆうちゃん。 なんやの、気になる! いうてや! 怒らへんから!
痛井ッ亭。 ……じゃあ、一言だけ紹介しますと……

「この曲、中澤さんが歌ってなかったら、二度と聞き返さないでしょ?」って。
ゆうちゃん。 うわっ。きっついなー。そこまで言わんでも。
痛井ッ亭。 ……とっさに反論できませんでした。
ゆうちゃん。 コラー、反論せんかいー!
痛井ッ亭。 で、ダメ押しで「あ、モー娘。の曲はみんなそうか」まで言われてしまい……ま、これは反論しようと思えばいくらでも出来るんですが…………家庭の平和を優先してしまいました……
ゆうちゃん。 反論しなかったんか? おいおい。しっかりしてやー、イタさん!
痛井ッ亭。 ……ごめんなさい。頑張ります。

なんだか、涙なしには読めない更新に……って、そんなこともないか。

ヘタレでごめんなさい。

2004/2/22(日) no.2 紺野あさ美不正行為疑惑!? ハロモニ6期SP

調子に乗って、本日2つめの更新を。

その記事をアブバラさんで読んだときの衝撃ったらなかったですよ。 こんこんが不正行為? え? え? え?
(アブバラさんの2/14の記事です)

その記事によると、田中さんが対決する先輩メンバーを決めるとき、紺野さんはくじ引きのロープを自分で持たずに、小川さんに持って貰っていたというのです! 何と! 紺野さん敵前逃亡? 史上最大の不正行為疑惑!?

でも。北海道はハロモニ。が12日遅れ。おいらは6期SP放映の日を首長竜となって待ち続けました。そして、ついにそれを自分の目で確認しました。
で、今日はそれについて。

事実認定:
映像1 田中さんがくじ引きのロープを持って、これから対戦相手を決める、って時、先輩メンバーを正面から写した映像では、確かに小川さんがロープを二本持っているようです。
映像2 しかしその後、紺野さんの右手後方からカメラが絵を押さえているカットでは、紺野さんはロープを自分の手で持っています。
映像3 田中さんがロープを引いて、対戦相手が石川さんに決まった直後、小川さんは確かに、紺野さんにロープを手渡しています。そこから、くじ引きの瞬間に紺野さんがロープを持っていなかった、という事実が推定できます。
これがまず事実認定です。

解釈:
次にその事実を解釈します。
解釈A
■アブバラさんの解釈は、紺野さんが田中さんとの対決を避けて、小川さんに身代わりになって貰おうとした。というもの。紺野さんは田中さんが苦手だということなのです。
解釈Aの評価
□確かに紺野さんはあの通り、控え目で押しの弱い人ですから、田中さんに苦手意識を持っていてもおかしくない。田中さんは、自分より後輩で年下だけど、でも、入っていきなりセンターで、それに比べて自分は、と引け目すら感じているかもしれません。ある意味後藤さんが加入したときの矢口さんみたいな気持ち?
しかし、それは勝負を避ける理由になるでしょうか。歌で目立てない紺野さんにとって、ゲームなどの企画で一秒でも長くTVに映ることは何より重要なことなはずですが。
それに、相手が田中さんとなれば、勝負は熾烈を極めることが確実で、そこで、いつものテンパリぶりを発揮すれば、またまた自分の魅力をお茶の間にお届けするまたとない機会のはずなんですが……

解釈B
■6期の対戦相手になったメンバーを確認してみましょう。田中vs石川、道重vs高橋、亀井vs矢口、そして、藤本vs紺野
紺野さんは微妙ですが、この人選は、最初から決まっていた公算が高い。だって、みんなセンター界隈の人たちばっかでしょ。矢口さんは歌のときは微妙な位置だけど、そこはそれ、バラエティ隊長だからね。
(注:紺野さんはオチ要員として期待されていた可能性が指摘されています)
もうねえ、最初から決まってたとしたら、並んで座ってるだけでもアキアキして来ちゃうんですよお。暇で暇で。
よっちゃんなんか、最初から出番がないのが分かってて、で、ロープを薬指に縛りつけて遊んでたら、思いがけず田中に名前を呼ばれて、その指に結んだロープで笑いが取れて、棚からぼた餅、「おっ。ラッキー。一点GET!」って感じで。
で、紺野さんなんか、自分の出番は最後だって知ってるから、もう気が弛んじゃって、ちょっと服の裾でも直そうかな、または小鼻が痒くなっちゃってカメラに隠れて掻いちゃおうかな、って時に手のロープが邪魔なんです。それで、隣の友達に「ねえこれちょっと持っててくれる?」「うんいいよ。どーせ、暇だし」という事情だったんでは?
解釈Bの評価
□この解釈の問題点は、映像証拠との矛盾はたしかにないものの、解釈としてちっとも面白くないという点にあります。

解釈C
■そこで、三つめの解釈。やはり、紺野さんは意図的に田中さんとの対戦を小川さんに肩代わりさせるためにロープを手渡していたのだ、とみます。
ただし、その理由がAとは異なります。その理由とは?
皆さんは覚えておいででしょうか? 「それいけ! ゴロッキーズ」の無理問答対決を。'03/10/27の放送分で、無理問答第一回戦での対決は、何を隠そう、「田中vs小川」だったのです。そして、小川さんは後輩田中さんに完敗。お情けで再挑戦させてもらっても、やはり圧倒的な力の差を見せつけられて、こてんぱんにやられてしまったんです。
そうです。お分かりになりましたね? 今回、ハロモニ。6期SPでの紺野さんは盟友小川麻琴に雪辱のチャンスを与えようとしていたのです!
そりゃあ、紺野さんだってちょっとでもTVに映りたいんです。歌では小川さんのほうが一杯歌ってるからバラエティぐらい自分が前に出たいんです。でも、その気持ちを押し殺して、親友の無念を晴らすために、自分の貴重なチャンスを譲ろうとしていたんですねえ。
なんという美しい友情。まさに大気が友愛に満ちております。
解釈Cの評価
□あれ、でも「それいけ! ゴロッキーズ」の無理問答対決では、紺野さんだって田中さんに負けてたでしょう? とお思いのあなた。でも違います。紺野vs田中戦は歴史に残る名勝負でした。死闘の末、延長戦にもつれ込み、ぎりぎりのところで紺野さんは敗れてしまいました。だから悔いはないんです。……というか、うちの過去ログを読んだ人ならもうすでに御存知の通り、紺野さんが負けたのは判定にミスがあったからで、実質的には勝利していたのです。ですから、紺野さんは気持ちよく、親友小川麻琴に雪辱のチャンスを譲ることが出来るのです。
これが解釈Cです。

関連過去ログ('03/10/28)無理問答、小川vs田中
関連過去ログ('03/10/30)無理問答、紺野vs田中
(古いログなんでちょっと恥ずかしい。いやちょっとどころじゃなく)

さあ、皆さんはどの解釈が正しいと思いますか?
おいらは、書きぶりでもバレバレな通り、Cだと思います。別にアブバラさんに喧嘩を売ってるワケではないんですよ。Cと考えるのが、おいら的には一番面白いから。だからCだと思います。はい。(アブバラさんは大好きです。このネタだって、アブバラさんの記事がなかったら生まれなかっただろうしね)

この更新が、アブバラさんの同じ話題の記事に比べ、
全然面白くないという事実は、
決しておいらには教えないでください……

追記:今回の6期SPでは、ダンスしながらゼスチャーをするという難行に挑んだ藤本さんが最高に可愛かったなあ。すっごい中途半端なゆるーいダンスで「Go Girl」を踊りながら、お猿の顔真似をしたり、「泣いている中澤裕子」を表現しようとして思わずはぁ!?と叫びそうになりつつ、必死に記憶をたどって、うろ覚えで駅前交番の婦警さんの敬礼のポーズをしたり(でも、それじゃあ中澤さんだか矢口さんだか小川さんだか高橋さんだか分からないでしょ?)、犬も歩けば棒にあたる、のゼスチャーをしたり、……と、もうねえ、いつものクールなミキティは一体どこへ? って感じで。田中さんも「あんな顔初めて見た」と言ってたし。それくらい幸せそうで楽しそうなミキティでした……って、あれ? たしか同じ企画を誰かやってたような? あれ? 何か大事なことを忘れているような? あれれ? なんでおいら、必死にミキティの可愛さについて熱弁してるんだ? 何かが激しく間違っているような気がする!!

追記の注:敬礼のポーズだけで「中澤裕子」と当てていた6期の誰か(田中さん?)はすごいと思いました。(←事実誤認。婦警さんと言っただけらしい。2/24追記)

追記の注2:言い忘れましたが、一番可愛かったのは紺野あさ美さんでした。それは間違いないです。

2004/2/23(月) ののは奇跡・梨華しちゃいました・ある数式・他

21日(土曜)の「ブレーメン」。皆様、ののの入浴シーンは堪能されましたでしょうか。ってかさあ、話の内容とか度外視で入浴シーンの画像アップしてる、そこのあなた! おまけに入浴シーンよりも、泥棒に襲われるシーンのほうが……とか言っちゃってるし!

ちなみに↑の人のサイト。最近トップ画像がよく変わるんです。で、また素敵な画像になったなあ……と思ったら!
あの! なんでリンクがあんな位置にあるんですかあ? どきどきしちゃって、リンクにマウス持っていけないじゃないですか? リンクを押そうとしただけで、変質者になっちゃうよ!

ちなみにおいらがあの入浴シーンをみて思い出したのは、加減のりじょさんのサイト「nの殿堂」の超人気キャラクターです……まあ……アヒルちゃんつながりってことで。

ブレーメンについて箇条書き:
・ケンジは洋館から外に出られないので、路上ライブには参加できない。ゆえに、成仏出来ず。何故、あの曲を誰かと演奏すると成仏できるのか、それはあいぼん編で明らかになるんでしょう。
・あの気持ちわるい置物も、実は、ケンジにとってお守り的な意味がある模様。雛子は、その置物の意味を当然知っている。愛ちゃん編で「よければフォーク喫茶に置いておいてください。訪れる楽しみが出来ます」と言っていたからね。
・ケンジ君(犬)と雛子(おんどり)は、きっと恋人同士か何かだったんでしょう。おっと予想しすぎ。でも、身分が違って結ばれることは出来なかった、とか? だって哺乳類と鳥類じゃあねえ……って違うよ。
・あの笛吹進弁護士も、きっとあいぼん編では、ケンジたちと同世代の少年として登場します。
・のの編第3回目にいたって、ようやく洋館が「泥棒の住処」であることが判明。これで、ようやくブレーメンの音楽隊の設定らしくなりました。そう言えば、栗村一家も、騙されて、権利のない人からあの洋館を借りたんでしたね。あいぼん編でも、洋館がなんらかの違法行為と絡んで設定されるんでしょうか?
・まあ、上のような予想とかはどうでもよくて。今回は、ネコと大神君紺野ちゃんとの仲違いが切なかったね。でも、次回きっと仲直りできるはず。泥棒に襲われたネコを助けるとかして。雨降って地固まる?
・あと、一言言わせて下さい。ネコの姉さん、あんな婚約はさっさと解消すべし! ろくな男じゃないよ、あの刑事!
 ……でも、そこはそれNHKだから、そのへんもきっと当たり障りなく、最後には「みんないい人でした」みたいにまとめてくれることでしょう。つまらん。

*       *        *

しばらく前から黙ってこっそりリンクしていた「梨華しちゃいました」さん(管理人:那華さん)から、逆リンクしていただけました。本当にありがとうございます。

しかも素敵な紹介をしていただいて。お蔭様でアクセス殺到中です。あんまり嬉しかったので引用しちゃいます。
こちらの、営業方針を見た瞬間、うちは負けたと思いましたね。
(なまあし以外の)画像を使う時ってのは、
ようするにテキスト4行分くらい楽しているわけですよ。
テキストサイトってのは、可愛いとか綺麗とかを文章化してやっと一人前。
(画像については著作権の問題もありますし)
従ってウチは3分の一人前くらいなモンですが、捕獲してくださってありがとうございます。
あと、紺野さんが好きだって言うのと、紺野さんの良いところが伝わるという感じで。
それが出来ているサイトは素直にあこがれます。

「梨華しちゃいました」2/21より

あの。褒めてくれるにもほどがある、って感じなんですけれども。
「可愛いとか綺麗とかを文章化してやっと一人前。」これは厳しい基準ですねえ。到底、紺野さんの無限に近い可愛らしさを言葉で表現しきれる訳もなく……おいらなんて、百万分の一人前って感じですよ。
「紺野さんの良いところが伝わる」これが嬉しかったですねえ。まあ、紺野さんには良いところしか存在しないので、良いところ以外伝わりようがない訳ですが。(←あ。こういうこと言うの、すっごく楽しい。いま気づいた)

おいらが、「梨華しちゃいました」さんにリンクを貼らせていただいたきっかけは「コンノ大戦4」さんの文中リンクでして。それで、モーニング娘。楽曲のパート割り分析表が紹介されていたのを見せていただいて。「2004/02/05推され系。」
本当にねえ、「すげえ!」と思いました。脱帽しましたです。人の役に立つ仕事とはこういうものか。と思いました。まじで。

で、aboutを読んでまた感銘を受けました。
当初はテキストサイト一般に対するアンチテーゼを提示するという目的もあった
素直にかっこいいと思いました。「テキストサイト一般」をまったく知らないで、空気も読まずにサイト始めたおいらには到底言えない言葉。大体うちは、「紺野さん、愛してます!」と言いつのりたい! という目的以外なかったですし……それなのに最近は色々煩悩が湧き出てきて困ったもんなんですけど。

引用を続けます。
(当初の)ポリシー
○自分に嘘はつかない→えりりんも大好き
○わかりきってる事務所批判は今更書かない。→笑えないから
(中略)
○でもたまにはシリアスに。推しは遊びではない。→マジヲタだから

おいらも正直に生きたいな。はい。姐さんも大好きです。まこっちゃんも。まぁりんも。……多すぎる……
おいらも、事務所批判、つんく♂批判とかしない方針でして。ま、理由は笑えないから、というよりも……そのことは色々と支障がありそうなので今は書きませんけれども。
「推しは遊びではない。」うう。かっこいいよー。おいらも是非そう言い切りたいです。「紺野あさ美は遊びじゃないぜ」……家庭が崩壊しそうです……(涙)

と、とにかくリスペクトな「梨華しちゃ」なんですけれども……あ……ポリシーの下のほうに……
○エロはアリって……また一つ仮想敵国が(嘘)
………………でも思いましたね。おいらの掲げている基本的にエロはNGという方針って、結構少数派なんだなあ……って。まあ「エロはあり」という方針の人のほうが自分に正直、ということなんでしょうけれども。

痛井ッ亭。 その方針のせいで、日々どれだけのネタを闇に葬り去っていることか……
こんこん。 つまり頭の中は、そういうことで一杯ってことですか? 最低ですねー。
痛井ッ亭。 ち、違うんだよー。
こんこん。 何が違うんですか? もう、知らない! さようなら!

……なんだか失礼っぽい挨拶になってしまいましたが、那華さん、どうぞよろしくお願いいたします。

*       *        *

《小ネタをはさもう》

5+3 ……て、見た瞬間にピーンときて、

5+3−1 で、確信したらあとはもう、立て板に水で、

5+3−1+1+4−1−1+4−1+4−1−1−1(−2) って、すらすら暗唱できる人、手を挙げて。 

ほう、全員ですか。さすがですね。
ちなみにおいらは考えながらでないと言えません。

痛井ッ亭。 さてここで、数式にちなんだナゾナゾです。
12、18、24、34……さて次に続くのは何でしょうか?
こんこん。 え? 何の数列ですか? 等差数列でも等比数列でもないし……フィボナッチ数列でもないですよねえ……うーん……
……あっ。ああああっ。分かったー♪
まこ。 ええええ? ぜんぜんわかんないよー。なにこれ? あーハラたつー。気になるなあ!
こんこん。 あー。まこにはムリかも♪
まこ。 ああ! いま、も、もしかしてわたしのことをバ、バ、バカにした? そうなの? なにさ、ちょっとかしこいからって! 
こんこん。 別に馬鹿にした訳じゃないよ。ね? 痛井ッ亭。さん?
痛井ッ亭。 うん。バカにした訳ではないよね。
こんこん。 「まこには難しい」ってのが結構なヒントに……
痛井ッ亭。 あああー! それ以上言っちゃダメ!
まこ。 気になって眠れないよー。うえええええん。

ちょっと反則技っぽいナゾナゾですが。
わかった人は是非上のメールフォームから回答をお寄せください。正解者には豪華景品が(嘘)。
サイト上で正解者のお名前をご紹介するかもしれません……しないかもしれません……ってか、誰もこたえてくれな……

あ。正解がわかっても、決してBBSに書込んじゃダメですからねっ!

*       *        *

昨日の「紺野あさ美不正行為疑惑!?」について、「C-たけ」さんという方からメールを頂戴しました。ありがとうございます。そのメールによりますと、「れいなから逃げたというより、ワサビから逃げたということでしょう。」ということでして。あー、なんか正解っぽいですよねえ。でも、紺野さんがワサビと対決したら、それはそれでTV的にはとっても面白いと思うんですけどもねえ。こんこんには可哀想だけれどね。

 

2004/2/23(月) no.2 リンク集加筆訂正・悲しい雑誌のこと

つばめのお宿様、Select Sphere様、M-CUBE 様、梨華しちゃいました様、をlinks with commentsに追加いたしました。他にも色々と加筆訂正を加えました。

*       *        *

先日、コンビニでBU×××Maxとかいう雑誌を見かけ、モーニング娘。特集と書いてあったので、何かの参考になるかな、と思いつつ購入してしまいました。
結果はただ悲しくなっただけ。
まだ、見ていない、という幸福な人は是非とも読まないことを強くお薦め
そこに書かれている情報が正しいにせよ、ただの噂にせよ、とにかくイヤな気持ちに浸れることだけは間違いなしです。
おいらは、醜い現実に無理矢理付合わされるくらいなら、馬鹿と罵られても、美しい夢の中で生活していたいです。

ま、おいらだって時にはミキティ=酒飲みくらいのことは書きますよ。ネタとして。
でも、それがどうとは実は思ってなくて。
仮にその手の、えげつない報道が事実だととても、それでへこたれたりはしません。愛する気持ちは微塵も揺るがないだろうし。
でも、紺野さんにそういう話が持ち上がったら? ま、その時は小言の一つも言うかも知れないですね……何しろ心のお父さんなんで。
何だか話がズレました。まあいいや。

2004/2/24(火) ハロモニ。6期の乱 補遺 藤本さんの幸福

私信を暴露:
こまきまこさんからメール中で「痛井兄さん」と呼ばれました。兄さん? ってことはおいらも、まことれいなのお兄ちゃん?
おお。それと同時にあさ美のお父さんでもあるおいらって?
あれ? そうすると何かへんなことに……まことれいなからみるとあさ美は姪ということに……じゃあ、あさ美から見たらまこ達は叔母さんですか? オバちゃんじゃーん!

よし。今日もツカミは完璧。違うって。

……ってなネタは置いといて。今日は藤本さんについて書こうかと。

6期の乱の企画の冒頭で安倍さんに「一年間どうでしたか」と訊かれて、藤本さんは「団体に入るのが初めてだったので心配だったんですけど、みんな普通に話してくれて」とういうようなことを言ってました。最初は不安だったけど、意外と早く馴染めた、ということで。

「ホントかよ〜!?」とツッコミをいれたくなるような気もしないでもないですが。ま。これは本当だと信じます。
少なくとも、そうでありたい、馴染みたい、というミキティの気持ちだけは本物だと思うし。

こうして、うまくメンバーに溶け込むことができた大きな要因として紺野さんとの関係があるような気がします。
カントリーでも一緒だし。一緒に矢口さんのラジオをジャックしたり(あれは名コンビでしたよねえ)。
それに、ハロモニ。の企画でもよく二人並んで立っていて、収録中に、しょっちゅう顔を寄せ合って喋ってますよね。本当に仲がよさそう。テレビジョンのモーニングチャンネルでも、二人で楽屋でアホなことをやって遊んでいる様子が紹介されてましたしね。

普通に考えれば、五期の紺野さんと、紅白出場歌手で、年齢的にも本来4期相当なのに、何故か後から加入させられて6期ということで後輩扱いされる藤本さんの関係ってのは、結構微妙なものになりそうなものです。
でも、そこで、あの紺野さんの人柄が力を発揮するんですよね。人との間に無用な垣根を作らない。誰とでも仲良くしていこうという平和主義。その紺野さんのぽわわわんとしたLOVE&PEACEな人柄が、微妙な立場に悩む藤本さんと、他のメンバーとの掛け橋=仲人役として働いたのであろう。そんな気がします。
偉いぞ、こんこん。

2002年の紅白出場直後にモーニング娘。入りを伝えられ、その当時は、心境を訊かれて「まあ、楽しめればいいかな」なんて、氷のように冷め切ったコメントを言い放った藤本さん。まあ、今思えば、怪物グループに編入するということで、緊張もしていたでしょうし、過剰に身構えちゃって、肩に力が入りすぎた、ってこともあったんでしょう、きっと。
その藤本さんと、今回6期の乱で「馴染めてよかった」と言っている藤本さん、とても同一人物とは思えないような変わりぶり。
そこには、一年間で確実に成長を遂げたミキティの姿がありました。
モーニング娘。としての自覚と自信を持って頑張っていこうとする藤本さんの気持ちが伝わってきて、嬉しくて涙が出そうになりました。

備考:シャボン玉のセンターが田中さんだったことについて

確かに、田中さんには歌い手としての力量もあるし、アイドルとしてのオーラも話題性もあったので、彼女が初参加曲でセンターに立ったことにはちゃんと理由があると言えます。

でも。人気でも実力でもその一歩上を行くはずのミキティが、明らかに田中さんの後塵を拝していたのは、本人にとっては相当ショックだったんではないでしょうか。

それはきっと、つんく♂さんからミキティへの(言葉では伝えにくい)メッセージだったんじゃないかと。
『確かに藤本には実力はある。そやけど、勘違いしたらあかんで。人気凋落気味のモーニング娘。にテコ入れするために救世主としてお前を加入させるんとちゃうで。お前はあくまで、メンバーの一員として頑張っていくんや』みたいな。
藤本の加入は確かに刺激剤的な役割もあります。もう1つは、藤本の寿命を延ばすという理由です。
「てっぺん」(高橋がなり・つんく♂)よりp169
(注:ここで言う「刺激剤」とは、モーニング娘。の安定を乱すためのもの、という意味)

紅白出場歌手を初参加曲でセンターにしない、というつんく♂の教育的配慮は、今、着実に実を結んでいるのだ。そんなふうにおいらには思えました。

今となっては超恥ずかしい関連過去ログ('03/10/17)

*       *        *

まあ、「6期の乱」の素晴らしさについて細かく書いてたら、それこそいつまでも書き続けられて、次のハロモニ。放映日が来ちゃうんですけど……まあ、簡単に。

・4人5脚でマイクを争奪し、モノマネをしながら曲を歌う、という企画がありました。先輩石川梨華を弾き飛ばしてマイクをGETするミキティさすがです。
・でも、そんな6期も、バラエティ的実力では先輩方にはまだまだ遠く及びません。
最後の問題でマイクをGETした6期に与えられたお題は「ゴリラのマネをしながら恋レボ21を歌う」というもの。
6期の皆さん、テレ笑いしまくり。
ところが、その後ろで先輩の四人が! 本来負けたから、そんな恥ずかしい芸なんかしなくていいはずの四人(小川、矢口、辻、吉澤)が、6期の後ろで最高のパフォーマンスを披露してくれちゃったんです。いやもう、バラエティ的にはこれ以上ない最強、必殺の四人衆ですからね。ゴリラの顔真似も一切妥協ナシ! いくら面白いことやっても勝敗には影響しないのに! 君たちエライよ。偉過ぎるよ。最後の最後で、後輩に「バラエティの極意」を伝授してくれました!
・何気ないことですが、「1、2、1、2、」と掛け声をかけながら4人5脚で後ずさりする娘。さんたちが最高に可愛かったですよね。やっぱ、ハロモニ。最高!

*       *        *

(ハロモニ。一回分でこんなに書いたのに、明日はHPWでさらにもう一回書かなきゃならない。いつまで経っても宿題が終わりません。とほほ)

*       *        *

ちょっとマジな備考(紺野あさ美論の第一歩?)

あの紺野さんの平和主義的な人柄ってのは、空手をやってたことも大きく影響していたような気がします。

「武道をやってた → 強い=攻撃的=裏番長」的な発想は短絡的に過ぎます。

武道の究極の目的=本質とは「勝つこと」ではなく、「負けないこと」
負けないためには、どうすればいいのか。答えは「敵を作らないこと」。それが武道の極意なのです。
武道とは畢竟「友愛の術」な訳です。言うなれば。
茶帯とはいえ、武道を通じて、紺野さんはその極意を体得している、とも言えそうです。

「単に優しい性格なんでしょ?」と言ってしまえば、まあ……その通りですけどね。

*       *        *

業務連絡:
昨日はとうとう、一日のアクセス数(page view)が900を越えました。もう驚いたのなんの。
これもひとえにブックマークして下さっている読者の皆様、アンテナに上げたり、相互リンクして下さっている皆様、はたまた、おいらの知らないところでサラシアゲ好意的な文中リンクをして下さっている皆々様のお蔭です。本当にありがとうございます。
冗談で、「こうなったら4桁を目指します!」とか言ってましたが、なんかねえ、冗談じゃなく、射程距離内に入ってきたような……恐いです……でも、これからもマイペースで頑張りますので。どうぞ、末長くお付き合い下さい。

2004/2/24(火) no.2 ハロモニ。6期の乱 補遺2 アラ探し

ごめんなさい。22日no.2の更新の中に事実誤認があったので、取消線を付けておきました。もうね、気づいた人は速攻でつっこんで下さいね!? それが愛ってもんでしょ? いや、読者の皆様に愛を強要するのも如何なものかとは存じますけれども。

そんな間違いだらけの車選び痛井ッ亭。が、聖典ハロモニ。のささいな間違いを、こうして指摘しようナンざあ、100年早いよ、おととい来やがれ! な訳ですけれども。でも、気になったんだもん。
その間違いとは。
例の4人5脚でマイクを奪い合うゲームの時です。「晴れ 雨 のち スキ」のイントロが一瞬流れ、先輩チームが答えたんですが、その時、ののちゃんは別の曲を頭に浮かべてたんです。
で、彼女、例の有名な両手で段違い裏Vの字のポーズを作って、「これかと思った」って言ったんです。
ところがテロップには「これ(愛の園)かと思った」と書かれてたんです。



………………おーい


違うよー。


ののが勘違いしたのは「Go Girl」だよー。

「晴れ 雨 のち スキ」と「Go Girl」は、ともにシンバルの音から始まっていて、そこだけ聴くとよく似てるんで、ののの勘違いは音楽的に正しい勘違いです。
「愛の園」は全然似てないでしょ? それじゃあまるで、ののがお馬鹿さんみたいじゃん! ……もしかして「のの=バカ女」っていう先入観があって、ハロモニ。スタッフさんは間違っちゃったのかな? 「ののはおとめ組だから、きっとそっちと勘違いしたんじゃない?」って思ったの? ってかさあ、ハロモニ。のスタッフさんなんだからさあ、「Go Girl」の振りつけぐらい覚えておこうよ。

それとも 「○視聴者が楽しめるように、敢えて突っ込みどころ満載(願望」ってことなのかな? ←「梨華しちゃ 」のaboutからパクっちゃいました♪

*       *        *

業務連絡:
最近(でもないな。昔からだな)、界隈がはてなはてな、と、はてな、がやたらと目につくもので、調子に乗っておいらもアンテナを作ってみました。おいらもやれば出来るもんだね!
まえまえからアンテナあれば便利だよね、とは思っていたんで。
で、上のほうのリンク集にも一応載せましたが…………すいません、プライベートモードなんで皆様には何の御利益もございません。ただ、おいらが便利になったというだけで。
もともとTOP!のリンクってのは自分のためのアンテナがわりみたいな意味合いでして。それと、文中リンクしようとするときに、コピペが楽というしょーもない理由からでして。ただそれだけなんです。
あと、謝りついでに言っておくと、この業務連絡にはオチはありません。ひたすら申し訳。

2004/2/25(水) HPW(2/20@北海道) 元気がない日のひざまくら

痛井ッ亭。 (ビールジョッキをゆうちゃんの目の前に置きながら)ゆうちゃん、バレンタインデーが嫌いだったんですね……
ゆうちゃん。 わたしのこと何も知らんで、よくまあこんなもの書いてるよねー。尊敬するわー。(ごくごくごく)ぷはあ。
こんこん。 だから、あんなリアリティのない妄想を書いちゃうんですよ。恥ずかしいですねー。
痛井ッ亭。 (グサッ)……せ、せめてハロモニの放送日が12日遅れじゃなかったら……
まこ。 い・い・わ・け♪
ゆうちゃん。 ま。リアリティがないのはいつものことやし。今更言うてもな。
痛井ッ亭。 ところでこないだのHPWで、新曲のことを「元気のない子守唄」って言いましたね。
あ、北海道は12日遅れだから、6期の乱の回ですよ。思い出して下さい。
こんこん。 あー。曲が曲だけに、本当に元気がない曲だと思ったとか。
ゆうちゃん。 紺野も言ってくれるようになったわね(怒)
痛井ッ亭。 で、おじゃマルが突撃取材に行ったわけですけど、ゆうちゃんに「行ってくれたんですよね?」と振られたあとの返事が最高で。
こんこん。 ぉ。その台詞覚えてますよー。
わたし「まぁ、行ったんですけどぉ……」
中澤さん「後藤さんの時と全然違うやんか」
わたし「いや、ここで言えばいい話じゃないかなーって」
まこ。 そうだそうだ。で、中澤さんが思わず「なるほどね」って納得しちゃって。
痛井ッ亭。 うんうん。そうだった。で、やる気のないおじゃマルに代わって、ゆうちゃんが「VTRおじゃまー」って言うんだよね。普段なら「そんなん絶対言わへん(怒)」とか言うところなのに、自分の曲となると、すごすごと言ってしまうという……
こんこん。 そうそう! で、まこが「おじゃま言ったよ」って指摘してー、中澤さんが「言ったよ」と、
痛井ッ亭。 ストップ! そこです! そこがポイント! その「言ったよ」と言ったときのゆうちゃんの照れ臭そうな表情に勲一等瑞宝章(?)を授けるべきです!
ゆうちゃん。 そうやってからかって。
痛井ッ亭。 からかってませんって。最高に可愛かったですから。
こんこん。 あれ、最高はわたしじゃないんですか。ここ、わたしのサイトですよねえ……凹。

そして突撃取材に。ゆうちゃんの新曲が子守唄ということで、早速ゆうちゃんにひざまくらしてもらって、そのままスヤスヤ眠ってしまうおじゃマルシェ。超可愛いです……って、取材は?
それよりなにより、こんこんの頭を膝の上に乗せているゆうちゃんが羨ましくてしかたないんですけど。

ゆうちゃん。 え? わたしが羨ましい? ちゃうやろ。わたしにひざまくらしてもらえる紺野が羨ましい、やろ。
こんこん。 いやいやいや。やっぱ、わたしをひざまくらできる中澤さんが羨ましい、ですよね。痛井ッ亭。さん?
痛井ッ亭。 ど、どっちも甲乙つけ難い……究極の選択だなぁ……

どっかのサイトで「世界一緊張感の高いひざまくら。安眠できない」風なことが書いてあるのを発見。
な〜に言っちゃってるんだよー!!
これ以上素晴らしい、優しい気持ちに満たされるひざまくらがこの世のどこにあると? おじゃマルシェだって、去り際に「良いヒザでしたー」って言ってたし。

でも、きっとおいらも眠れません。心臓がバクバクいって。

痛井ッ亭。 で、スタジオに戻ってもこんこんはウトウトしてて。ゆうちゃんが「新曲、よろしくお願いしますっ!」とか言っても、まこと二人してシラーッとして黙ってるのが、もう、最高に可笑しくて。
ゆうちゃん。 そうそう。ハラのたつ演出でしょー。で、まーた二人して寝ちゃうんだ、これが。
痛井ッ亭。 その寝たフリしてる時の、まこっちゃんの悪戯っぽい笑顔がまた最高にキュートでさあ。こまきまこさんはこういうところこそキャプチャーすべき、とかマジで思いますよ、ほんと。
こんこん。 わ、わったしだって可愛くなかったですか?
まこ。 帽子で隠れて全然見えてなかったという……
こんこん。 あー。凹。

その後のスタジオライブで「元気のない日の子守唄」を歌うゆうちゃん。リラックスした雰囲気がとてもいいです。
黒地に超大きい白い水玉柄のタンクトップもステキでした。
やっぱりハロモニライブは素晴らしいなあ、いつ見ても。娘。さん達にこういうホームグラウンドがあるのは本当に素晴らしいなあー、と改めてTV東京に感謝。12日遅れで放送してくれるTVHにも感謝。足を向けて眠れません。

2004/2/25(水) no.2 リアクションサイト・蓄積していくモノ・事実誤認のお詫び・他

某モーヲタサイトヲチスレ(注:モヲタサイトをwatch=観察する某掲示板内の一集落)にて、TVやなんかの感想ばっかり書いているテキストサイトのことを「リアクションサイト」と、やや揶揄的に表現している発言を見受けました。
ま、確かに。言い得て妙。
しかし。
それを言いだしたら、娘。さんたちが様々なメディア(ライブ、ミュージカル、舞台、CD、DVD、写真集、バラエティ、ラジオ、書籍etc……)を通して発信するメッセージ(ないし本人たちの魅力)に対する何らかの反応を綴っているという意味では、ほとんどのサイトがリアクションサイトだということになりませんかねえ……
それがどんなに冴えた趣向を持っていても、ヒネリが効いていても、深い洞察に満ちていても、リアクションには違いないのでは?
まあ、中には、本当に自立性の高い素晴らしいテキストを蓄積されている尊敬すべきサイトも確かにあるんですけれどもね。
なんて。ほとんどのテキストサイトをまともに読みこなしている訳でもないおいらが言っても、まるで無意味なんですけどね。 ←じゃあ書くなよ!

そういう意味では、TVの感想すら書き切れず、どんどん未視聴のVTRが溜まっていくおいらなんて、まるで宿題が全然終わらなくて半べそをかきながら机にかじりついている夏休み終了三日前の小学生みたいな管理人な訳で。リアクションすらまともに出来ない、リアクションサイト以下の存在と申し上げて間違いないでしょう。オッホン。と、威張って言うようなことではありませんが。

こんな下らないネタで一回更新しちゃうと、
その間にもどんどん宿題が山積するという。

毒喰わば皿まで:
宿題が溜まって困るということは、逆に言えばネタに詰まる心配だけはないってことでもあり。
まったく、娘。さんたち仕事しすぎです!
応援するメンバーを激しく制限していてもこの調子ですから。これで、モーニング娘。全体に目を配ろうという人、TVも見れば現場にも行く、なんて人は、本当に体がいくつあっても足りないと思いますね。
こうなったら、パーマン15号くらいまで身替わりを用意して、各自別行動で情報収集して、一日一回電脳をオンライン接続してデータの同期を取り、しかるのちに、また分担してばりばりサイト更新する、などの攻殻機動隊的手法でも採用しない限り、到底追いつけません。

そんな具合のこの界隈ですから、タカラさんも言う通り、この界隈には「人生賭けちゃってる感じの人が多い」というのも大いに頷けます。
おいらぐらい人生にくたびれかけてて、色々なこと(ホラ、FC限定DVDとかさあ)に諦めがつけられるお年頃ならともかく、へたに若くて体力が有り余っているうえに、ヲタクの基本的習性であるコンプリート癖を持っていたら、もうお仕舞いですね。

『ドツボにハマりかけてる 自分がこわい ヲタになる前に 戻して』

先日、TVワイドショーの見出しかなんかで、「モー娘。に3年間で1000万円つぎ込んだサラリーマン」みたいな文字が踊ってましたが、「あー。分かる分かる」って感じでした。
たとえ1000万つぎ込んでも2000万つぎ込んでも、モーニング娘。の全てを補足し尽くすのはムリですから、欲求が満たされることは物理的に言って不可能。
逆につぎ込めばつぎ込むほど、言い知れぬ欠乏感に苛まれるという……
何しろ、食欲や睡眠欲などの生理的根拠の明確な欲求と違ってモー欲は底なしですからね。
モー欲の暴走を食い止め、節度を保ったお付き合いが出来るような自制心を涵養することが、幸福に至る狭き門かもしれませんね。
その点おいらなんか、もともと無一文ですから、まあ、気楽なもんです。

モー欲の底なし沼で溺れてみたい……

*       *        *

お詫び:
2/18日付の記事に事実誤認がありました。
ピンク色は依然として紺野さんの「好きな色」の筆頭にあがっております。
本当に申し訳ありませんでした。
立ち読みのうろ覚えの記憶でネタを書くものではありませんね。まったく申し訳。
時間を遡って取消線付けてきましたが、恥ずかしいのでリンクは貼りません……

神様のイキな計らいにより、『ハロー! プロジェクト大百科』を入手することができましたので、今後は、こういうへっぽこなミスを少しでも減らして行きたいものです。
一本の樹を伐り倒すのは簡単でも、それを育てるには気の遠くなるような時間が必要。信頼もまた然り。失った信頼を回復できるよう努力いたします……最初から信頼していないあなた。正解です……(涙) 

*       *        *

なんですか、今日は、さくらとやら、おとめとやら、何やら聞き慣れない名称のグループの新曲が発売されるらしいですねえ……へえ……そうなんだ……ふうん……
でも、どうせおいらは、もともと発売日当日にGETとか、フラゲとか、そういうこととは無縁の人ですし……あのぉ……意図的に避けてるワケじゃあないんですよ? 本来の行動様式に則って、ただ普通に、ナニゲに、まだ聞いてないってだけで……誰も信じてくれないっぽい……
何やら、これを聴いたら痛ちゃんがっかりだろうななんて余計な心配をしてくれちゃったりしている人までいるようで

姐さん。 何をトボケてるん? 嘘臭いで。
痛井ッ亭。 そ、そ、そういう訳じゃあ……。
姐さん。 でも、あれやなあ……あれだけ仰々しく拳を上げちゃったら、そりゃあ、拳の降ろし方にも苦慮するわなあ……どうやっても無様になるだけやしなあ……
痛井ッ亭。 色々と考えたんですよ……
1、まじめに現実のパート割に対面して、一覧表でも作った後に、思う存分泣く。
2、どうせ最初から期待なんかしてないし。あれはあくまでネタだし。と言い張る。
3、新曲発売はなかったことにする。
……とか……
姐さん。 そりゃあ、1やろ!? 1しかないやん。
痛井ッ亭。 …………はい……。でも、もう少し逃げ回ってようかなー。って。
姐さん。 ヘタレやなあ……。
じゃあさあ、今月は「センチメンタル南向き」月間ということにして、それしか聴きません! て宣言しちゃえば?
痛井ッ亭。 何故あえて矢口さんの曲を? そりゃあ、あの曲は好きですけど……
姐さん。 だってさあ、曲名が今のイタさんにぴったりでしょ。だめ?
…………あっ。そうだ! 分かったー!
「元気がない日の子守唄」月間にしちゃえよ!
痛井ッ亭。 元気がない……はまりすぎじゃあ……
姐さん。 うんうん。ぴったりよー、これ。

♪元気がない日〜(紺野さんがミラナイでセンターじゃなかったから)もあるよね〜
いい時(センター奪取)ばかりはないからね〜
お天気みたいに(つんく♂さんの)心はぁ
急にぃ、晴れたりぃ(紺野さんにセンターを任そうとは)しーないーからね〜♪
痛井ッ亭。 悲しすぎます……
姐さん。 でも、ほら。わたしの歌声に慰められるでしょ? 
痛井ッ亭。 じゃあせめておいらをひざまくらして歌ってくれますか? ……いて
姐さん。 ナニ調子に乗ってるの? ぶつで!
痛井ッ亭。 ぶってから言わないように。

……そのあと、優しいゆうちゃんは、耳元で囁くように「元気のない日の子守唄」をフルコーラス、おいらのためだけに歌ってくれました。カウンター越しにですけどね。ゆうちゃん、ありがとう(涙)。
この歌を聴くたびに、ミラナイと紺野さんのことを思い浮かべるようになる人も、日本広しと言えどもおいらくらいでしょうかしらね。アホすぎます……

……という訳で、「ミラナイさくら組ヴァージョン」は未聴です。いつ聴くかも未定です。

関連過去ログ1
関連過去ログ2

2004/2/26(木)  マシューTVに紺野と藤本(モーニング娘。)

藤本美貴さん、お誕生日おめでとうございます。
19歳ですね!
最近ミキティの株がおいらのなかで上がりっぱなしです。この半年でえらい変わりよう。着実にDD(誰でも大好き)化が進行しているのか? いやDDではないよ? でも、あれほど目を背けてきたはずのキッズも、なんか微妙にヤバイ情勢だし。何がやばいのかというと、おいらの場合、berryz工房のデビュー曲のイントロです。あれがツボに。で、いつの間にか夏焼雅ちゃんの顔と名前が一致……やばい……何とかやり過ごさなければ!

って、すっかりミキティの話じゃなくなってるし。
ここで、ミキティに、愛あるメッセージを。ミキティ、あと一年だよ! あと一年頑張れば、堂々と飲酒アイドルとしてカミングアウトできるからね!
そうしたら、「Café 痛井ッ亭。」でも、ばんばん美味しいお酒を振舞いますから!
それまでは我慢我慢。(by ゆうこ at LOVEセンチュリー)
あ、あと、
お兄ちゃんは、未成年の妹にお酒を飲ませてはいけません。飲ませただけならまだしも……

*       *        *

さて。「Matthew's Best Hit TV」に紺野と藤本(モーニング娘。)なんですけれども。
観ました! 傑作! 最高! 言うことなし! 以上!
いやいやいや。何か書けよ、と。
あんまり素晴らしいと、何を書くのも気が引けてしまいますねえ……そして、その素晴らしさは、あれを観た人なら誰しもが充分楽しめたはずだし、そこに何を付け加えることがあるというのでしょう?

でも。無理矢理にでも書きますよ。
つんく♂さんの言う、「5期はユルユル」で「6期は最初からおませで」という対比を、もっとも如実に体現するのが、この道産娘二人組ですよね。
そして、マシューTVは、この見事に対照的な二人を、二人ともプラスの方向で輝かせる術を弁えている。そういうことですよね、皆さん?
マシュー南の二人のさばき方は、本当にツボを押さえてまして。ミキティに対してはキツめに突っ込んで「なんでですかあ!?」という、まさにミキティ節炸裂のリアクションを引き出し、こんこんに対しては、可愛い可愛いと過剰に褒めることで、素で照れ臭がるという紺野さんの必殺技をこれでもかと誘い出します。お見事!

「恥ずかしがリンゴ」の企画もステキでしたねえ。
「ミキティ想像しすぎ。企画を用意した我々以上に想像しちゃってます」ミキティ、大人だからなあ。
それに対して、我らがこんこんは、家族と一緒にTV見てて、ラブシーンになると、もう「こういうのダメ」で、ついつい「携帯とかいじっちゃう」んだそうで! か、可愛い。その直視できなさ加減が、まさに紺野さんじゃあないですか。ステキすぎ。

ああ、いくら書いても書き切れない。
そのうちもう一度見直してから、また書くかも。

p.s. ところで、「ポンちゃん」というあだ名は定着しますかねえ? 本人は相当気に入ったみたいですけど。
とりあえず、うちでは使っていこうかな?

*       *        *

業務連絡:
昨日リアクションサイトの話を書いたら、「俺たちゴロッキーズ!」で取り上げて貰えました。damon。(ё)さん、どうもありがとうございます!
あ、あと、ナニゲに昨日、30000hit通過いたしました。皆様に感謝です。
20000hit通過したのが2/8頃ですから、約17日間で10000hitです。一日平均は、えーと……おそらく600弱ぐらいかと……。すげえ。
ほんと、皆さんありがとうございます。これからも見捨てないで、うかつな内容に呆れつつもお付き合い下さいませ♪

*       *        *

追記:
普段クールで鳴らすこちらのサイトが本日エライことになっちゃってます! とりあえず、娘。戦隊関係者は必見!
そしてそして! その更新が決行される遠因の一因を作ることができたことを、おいらは誇りに思うものであります。金星げっつ。
ここからは自慢ですが、その更新内容を、いちはやくわたしだけに宛てた私信の中で読むことのできたおいら。これって、結構プレミアもの? みたいな(笑)。
メールのやり取りの中では、別の企画も密かに検討されたのですが、今回は残念ながら見送りです。実行する日が楽しみであります。

妄想でも敵わねえ……

2004/2/27(金)  神酒亭と書いてミキティ 未成年飲酒アイドル!?

今日は、正面切って堂々と主張することはできない類いの話をします。危険です。ですから、大変僭越ながら、読者様の御入場を制限させていただきます。酸いも甘いも噛み分けた、モノの分かった大人の方のみ、以下をお読み下さい。

あなたは、酸いも甘いも噛み分けた、モノの分かった大人ですか?
はい。わたしはモノの分かった大人です。
いいえ。わたしはお尻の青いガキ、もしくは、頭の固い大人です。












はい。改めまして、酸いも甘いも噛み分けた、モノの分かった大人の皆様、こんにちは。

今日は未成年と飲酒について考えていきます。(これがミキティお誕生日特別企画であることは一応秘密ってことで)

皆さんご承知の通り、未成年者はお酒を飲めません。そう法律で決まっていますからね。
しかし、民法には、「ある営業を許された未成年者は、その営業については成人とみなす」(6条)とか、「未成年者が結婚したら成人とみなす」(753条)とかいう条文があるのですね。これは、平たく言えば、「いっちょまえに働いたり、所帯を持ってるんなら、大人と考えてもいいんじゃない?」と、日本の民法は考えている、ということだと思われます(超いいかげんな法解釈)。
こんな固い法律など持ち出さなくても、例えば、中卒で就職してですよ、土方で現場とかやってて、飯場でまわりの大人たちが酒飲んでるとしたら、当然その16歳クンにも勧めるでしょ? 飲ませるでしょ?
高校卒業して、警察職員として就職して、で、当然歓迎会がありますよね。その18歳クンは「いえ。自分は未成年でありますから(敬礼)」と言って、断るかといえば、これは飲むんです(内部告発による情報)。法の番人たる警察の職員ですら飲んでいるんです。それが悪い、とおいらは言っているのではなく、それが、まあ、大人の社会通念として普通のことなんではないかと。

とすればですよ、年間ン千万円も稼ぎ出す、個人事業主たるアイドルさんたちが、飲んでたってねえ、おいらは責める気には全然なりませんよ。少なくとも、無職でプープー言ってるおっちゃんよりは、飲む資格があるとすら思えたり。

いや。表立って、飲んでいいんだ! とか主張する気もないですよ?
それに、アイドルの場合は「子供の夢を壊しちゃいけない」という職業上の倫理的要請にも応えなければなりませんしねえ。 

というわけで、こっそり飲む分には可。これがおいらの正直な気分。
夜中にコンビニで買い物をする時に、買い物カゴにこっそり缶チューハイとか、なんとかフィズとかをまぎれ込ませて、宿泊先のホテルの部屋でドキドキしながら飲む分には、文句はいいません。

……しかし、ここまでは前段(長いよ!)。

紺野さん! 小川さん! 高橋さん! (他の皆さん!)
君たちは飲んじゃダメ!! 絶対!
何故なら、おいらは心のお父さんだから! (いつの間に小川さんや高橋さんのお父さんにもなって?)

ある晴れた日。
暑くも寒くもなく、仕事上のストレスもなく、家庭内の人間関係もとりあえず平穏な、幸せなある日。そんな日の夕餉時。
食卓には、お父さんの前にだけビールの瓶が。
お父さんはいつも通り手酌で始めようとするが、今日は何かいいことでもあったのか、娘の機嫌がよく、珍しくお酌などしてくれたり。
「お父さん、はい。今日もお疲れさま」
「お」(とくとくとくとく)
娘に注いでもらったビールの泡を見つめてひとしきり感慨に耽る父。
「どうだ、あさ美。お前も飲んでみるか?」
「だめだよー。未成年なんだから。逮捕されちゃうよ」
「まあいいから。お父さんがいいといったらいいんだ」
「でもぉ……」
「こういうものにも馴れてだなあ、少し免疫を付けておかないと、いつ悪い男にたぶらかされないとも限らんからなあ……おーい。母さん、コップもう一つ出してくれ」
なんて適当な口実を見つけて、娘に酒を勧める父。
「いいんですか、お父さん。あさ美も一口だけにしておきなさいよ」
「いいからいいから」
そう言って、あさ美のコップにビールを注いでやる父。
ちょっとキョドリ気味にその黄金色の液体を見つめる娘。
やがて、白い泡にそっと口をつけて……
「に、苦い。お父さんよくこんなもの毎日飲んでるよねえ」
「この苦いのがいいんだよ」
「ふーん。わたしは豆乳のほうが全然好きだなあ」
そういいながら、ひとくちふたくちとビールを飲む娘。そのちょっと悪いことに挑戦しているどきどきした様子がたまらなく可愛くて。
父は、娘のしだいに上気して赤らんでいくプニプニした頬を見つめ、それを肴にビールを飲むのであった。

……なんてさ。
これは、娘を持つ父親の人生最大の特権的楽しみの一つだと思うんです。
浅はかな娘が、勝手に酒の味を覚えて、このお父さんのささやかな喜びを奪ってはいけないんです!

ミキパパ。 お。ミキ。帰ってたのか。どうだ、たまにはお父さんと一杯付合わんか?
神酒亭。 お父さんゴメン。今日二日酔いでさあ。今度帰ってきた時は、夜通し付合うから。
ミキパパ。 ミキ……。

こんな娘だったら、お父さん泣いちゃうよ。

だから、紺野さん! 小川さん! 高橋さん! (他の皆さん!)
君たちは飲んじゃダメ!! 絶対!
お父さんの楽しみを大切に取っておいてあげてください。
特にモーニング娘。は「娘」なんだから。そこんとこよろしく。
(ミキティは……ミキティは、まあ、しょうがないかな……)←どこが誕生日特別企画やねん?

*       *        *

業務連絡:
昨日はついに、一日あたりのpage view が、4ケタに! 1161hit!(visitでも499)
皆さんありがとう。本当に感激ですよ。
たとえそれが、主に、
この人この人の文中リンクのお蔭であったとしても。
ここまで来れたのもひとえに読者の皆様方のお蔭です。本当にありがとうございます。

痛井ッ亭。 イッヒッヒッヒ。ウェッヒェッヒェッヒェ。
こんこん。 気持ち悪いですよ。その笑い方。
痛井ッ亭。 1000hit越えたよ。グッフフフフ。グェッヘヘヘヘ。
まこ。 大丈夫ですか、頭? 
痛井ッ亭。 一日1000……ということは十日で一万、一月三万、一年で……三十六万!?
こんこん。 痛井ッ亭。さん。それを世間では取らぬ狸の皮算用って言うんですよ。
まこ。 言うんですよ。
痛井ッ亭。 グァッハッハッハ、グェッヘッヘッヘッヘッヘ、グゥオッホッホッホッホッホ!
こんこん。 ……ダメだ完全にイカレてるよ。

……今日は本当は、「マシューTVに紺野と藤本(モーニング娘。) vol.2」をお届けしようとしていたんですが、ほうぼうのサイトで素晴らしいレポートを見るにつけ、その必要もないかな、という気がしてきました。
だからと言って↑のような企画を替わりに書いてるのも、どうかとは思いますけれども。

あ、あと、アルフレンジャーさんから、なにか呼びかけられているような気がするんですけど。(知らんぷり知らんぷり)

とか言いながら、裏でコソコソ準備……

あのぉ!
alfredさん!
とりあえず、アルフレンジャー・ネイビー(紺)を仮申請ってことで! よろ〜♪

2004/2/28(土)  Mステがついに動いた!! (パペットマペット@うたばん)

あのMステがついにやってくれました! なにしろ席順がステキすぎ。モーニング娘。の出番以降、タモリとゲストがトークをする後ろには常に紺野さんと矢口さん(と吉澤さん)が映ってるんですよ! いやあ、よかった。普段は観ない他のアーティストの部分もしっかり観てしまいましたよ。まあ、歌になったら早送りですけどね(人でなし)。

……と、席順の素晴らしさだけ語っててもしかたがない。ので、モーニング娘。のパフォーマンスにも一応触れておくと……これはもうののたんは奇跡の一言に尽きますね。
何しろ、一番最後の瞬間にカメラのまん前で、梨華ちゃんのほっぺにChu!ですからねえ。これで全て根こそぎ持って行ってしまいました。おかげで、紺野さんの「目立ってますよ!」はソロパートのはずなのにバックコーラスがガンガン歌っていやがるせいで、せっかくの紺野さんの美声が聞き取れないとか、そういう些細なことはすっかり忘れてしまいました。ええ、忘れましたとも。

まあ、あれですね。あの程度のChu!ならば、ののたんはおそらくライブなどではしょっちゅうやってるんでしょうね。しかし、ゴールデンタイムのTVで、カメラの至近距離であれをやられると、また破壊力もぐんとアップするわけで。
しかも、これは「ののたんは奇跡」「ののたん天使」だから許されるんで。
これが例えば、最近ガツドル(注:がっつくアイドルの意)化が急速に進行中のミキティが「負けねえ 絶対負けねえ!」とばかりに、他メンにキスでもかまそうものなら、とたんにヤバすぎる空気が醸成されてしまい、後でマネージャーさんから大目玉、一週間飲酒おやつ抜き、とかいう罰を与えられるかも知れないワケ。
「キスとか、そういうのはアイドルにとっては希少価値の高いプレミア商品なんだから。それをグリコのオマケみたいにただで配っちゃダメでしょ?」とか言われちゃって。
でも、それがののだと。「まあ、ののだから仕方ないよね。なにせ天使だから」ということで一切お咎めなし。
せっかく一生懸命歌って踊って作り上げた感動を、キス一発ですべてののにさらわれてしまった他メンのみんなも「ののじゃあしょうがねえな」ということで納得するしかないという。
ま、それくらい奇跡でした。

しかし、ののの奇跡はうちのメインイベントではないよ?

問題は、サブタイトルにもしたように「Mステがついに動いた!」ってコトなのよ。

おいらは以前、こんなことを書きました。
各方面で、「素に戻る姿が可愛い紺野さん」の目撃情報が発表されています。もうすでに、先を読む力のあるTV関係者の人は「いかにして紺野さんの素を引き出すか」を中心テーマとして企画を練っているかと存じます。
まだ、そこんところに気づいていないらしい、HEY×3スタッフの皆さん、うたばん、Mステ関係者一同はハロモニとゴロッキーズをみて勉強するといいと思います。時代に乗り遅れるな!

「モー想系。」より
('03/11/11)

……そして、昨日。ついにMステはやってくれました。やっと、「紺野さんの魅力を引き出すことを何よりも優先すること」というTVのあるべき姿にようやく気づいたのです。

そうです。TOKI0の歌のときに半裸のお色気ダンサーズが出てきたのは、決して、ゴールデンタイムに深夜番組まがいのいかがわしさを持ち込んで視聴率アップを狙ったのではなく、もちろん、紺野さんを恥ずかしがらせるために仕組んだことなのです。
だからこそ、TOKIOの歌中にも関わらず、口を手で隠しながら、見てはいけないものを見てしまってドキドキしながら、ついついモニターに見入ってしまう紺野さんと、その横で嬉しそうに笑っている矢口さんの絵が、一瞬とはいえ映し出されたワケです。普通、他のアーティストが歌ってる時に、スタジオで聞いてる人を映しますか?
TOKIOを映すよりも、あの二人の恥ずかしがりっぷりをお茶の間に伝えるほうが重要だ、と判断したディレクターさんに拍手。さすが、分かってますね。

そして、その後、T.M.Revolutionの西川クン(だっけか?)が、上半身裸で撮影したCDジャケットの話をしたのだって、もちろん目的は、後ろの席で話を聞くともなく聞いている紺野さんを恥ずかしがらせることという秘密のミッションにあるわけで。

それを知っていて、話をスワロフスキーのクリスタルが美しいですねという方向に持っていくのではなく、腋毛はどうしたとか、さらに下半身はどうとか、と、際限なく下品な方向に持っていこうとするタモリさん。やっぱりTVというものを心得ていらっしゃる。

あのねえ。これは、ハロモニ。とかゴロッキーズとか、マシューTVとか言ったモーヲタ御用達番組ではないんですよ。ゴールデンタイムの歌番組、歌番組の王道とも言われるMステの話ですよ。
それが、ここまで紺野さんを中心に据えた企画をやるなんて。
あきらかに、今世界は紺野あさ美さんを中心に回りはじめているんです!
やったね、紺野さん。

え? 価値観が歪んでる? いやいやいや。おいらの正義の天秤は常に公平ですよ?

*       *        *

ごめんなさい。ハロプロと関係ないんですけど。うたばんにパペットマペットが出演。
奥さんがお気に入りなんで、ビデオに録ってあげて、で、一緒に見たらこれが面白かったという。

まこ。 あれ、あさ美ちゃん。その手につけてるヌイグルミ可愛いねえ。
金魚。 あさ美ちゃんって誰? ぼくは金魚だよ。
コアラ。 そしてぼくはコアラだ。二人合わせて、
金魚とコアラ。 ラケットソケット!
まこ。 ねえねえ、なんの話? チケットロケット?
金魚。 あのー、アイ脱さんの50000hit記念祝賀会のときには余興でもしてあげようかなあって。
で、その練習をね……
コアラ。 コラ! 金魚クン! 素に戻っちゃダメだよ!
金魚。 ……ぉ……そうかそうか。じゃあ、例によって、ショートコントを。
コアラ。 ねえねえ、金魚クン、モノマネが得意なんだって? ねえ、見せてみせて!
金魚。 うん。いいよ。じゃあ、とっておきのを。
(そういって、口をパクパクさせながら、徐々に上に登っていく)
コアラ。 なんだよ。紺野あさ美のモノマネかよ!
金魚とコアラ。 ラケットソケット!
まこ。 ……あさ美ちゃん……そのネタは自分の胸の内にそっとしまっておいたほうが……
金魚。 だからあ、あさ美ちゃんって呼ばないでよぉ。

……下らないネタでごめんなさい。

*       *        *

追記:
Miki-Tea-Timeさんが、奇跡の名番組「マシューTVに紺野と藤本(モーニング娘。)」について、すごい企画を進行中。まじで気合いの入ったレポートです。
これと同等の仕事を、ミキティ中心でなく、紺野さん中心でやってくれる偉人を激しく希望……って、何故自分で書かない?
(いや、書こうかな……マジで悩むよ……)

2004/2/29(日)  遅れてきた巨人 こまごました用件

Absolute BalanceのyiyeさんがついにマシューTVのレポートを開始です!
いやあ、すごいものが読めそう。早速、タンバリンのくだりの重要性について蒙を開いてくれちゃってます。
これと、Miki-Tea-Timeのwackyさんの詳細なレポートを読み比べると面白そうです。推しメンも視点も文体もまったくことなるサイトが、同じTVプログラムをいかに読み解くか。興味津々。
「他にもこんなすごいレポートがあるよ」という情報をお持ちの方は、ぜひおいらまで御一報を。
それらが一通り出揃ったところで、それを適当にMIXしたり、切り貼りしたり、つなぎ合わせて、うちのレポートを書こうかと思います。……といった冗談はさておいて。
わずか50分程のTVプログラムについて、これほどたくさんの情熱溢れるテキストが生産される、というそのことだけでもちょっと感動的だったりします。

あとは、時間がないので備忘録:

・「ブレーメン」については、雨降って地固まるであろう、と書いておきましたが、予想を越えて、地固まりすぎてしまったようで。詳細はいずれまた。

・NHKジュニアスペシャルのゆうちゃん、可愛かった。

・先日「リアクションサイト」について書いたら、梨華しちゃいましたさんで取り上げていただけました。
それと、ヒカリヒトスジさんでも取り上げていただきました。
・リアクションサイトにたいするリアクションにさらにリアクションするという「リアクション」な文章を近々UPしたいと(笑)。

・先日、「いつのまに愛ちゃんのお父さんにもなって?」ということを迂闊にも書いてしまったら、さっそく「娘をオレに下さい!」と各方面から言われて、少々困っています……
・特に、つばめ♂さんとこには、知らない間に出演して、卓袱台までひっくり返す始末……あの、おいら頑固一徹ですか……嬉しいというか…………ってかさあ……まだギャラが振り込まれていないんですけどお? ……事前に連絡下されば友情出演ということでギャラの値引き交渉にも応じましたものを……。ということで、振込先は「ハロプロ銀行モヲタ支店(普)19870507」です。よろ〜♪

・まともな更新は明日以降に期待して下さいませ。本当に申し訳。ではまた。


Top! 1月へ←02月: →03月へ

事実誤認の指摘、ご意見、ご感想などなど、ぜひ
BBSに書込んで下さいませ。

bottom